無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2015年7月16日 (木)

父の思い出と平和に寄せて

 星の原班 K・Nさん (星の原班ニュース7月号から)

 私の手元に12枚の写真がある。
戦後生まれの私にとっては信じがたく思える写真だが、確かに父が生きてきた歴史のひとこまを写し出している。

父は明治43年1月23日に福岡を少し離れた小さな島、壱岐の島の百姓の長男として生まれた。

 青い空とゆうゆうと流れる雲、まわりは広い草っ原、自然がいっぱいの中で、多分、将来の夢に胸をふくらませて青春を迎えたであろう。
ところが、そのころの日本は徐々に戦争色を濃くし父もまた徴兵検査で甲種合格となり、上海事変・支那事変へとかりたてられていった。

 そのころ、母と知り合い、二人で満州に希望に燃えて渡った。しかし、満州にいると危ないという情報が入り急いで帰島したが、休む間もなく壱岐の司令部に三ヶ月訓練のため入隊、間もなく大東亜戦争へと進展、小倉へ入隊した。ジャワスマトラからハルマヘラへと任務へ赴いた。父は主任軍曹として後続部隊ではあったが、戦地でのすさまじさは私が小さい頃話してくれた。壱岐の島でさえ、終戦当時はいろんなデマが飛び交い山の中に隠れたり、出兵兵士を出した家の前には「誉の家」と札が掲げられたりしてあったそうだ。
 父は三度の出兵でも無事生きていたけれど、多くの人がそうだったように、弟の克己さんは二十歳にもならず戦死、お守りだけが残っていたと母が呟いていた。

 私の記憶の中の父は、晩年は物静かで、でも何か世間に対して諦めていたようなところが多々あった。時に好物の焼酎をたしなみながら、「天皇も人の子たい、飯も食わすし、屁もふらすとたい」とつぶやくように自分に語り掛けるように話していた。

 それは、夢多き青春時代を天皇という神のため、人を殺せと教えられた若者が、終戦ですべてが嘘だったことへの一種のショック状態ではなかったろうかと私は思う。そういう意味では、父もまた戦争の被害者だと思う。

 今また日本は戦争への反省もなく、憲法九条をいじり、いつでも戦争へ加担できる体制を作ろうとしている。周りを見渡しても軍事基地があり、私たちもそういう風景に慣らされようとしている。私たちの子どもたちを、父や母の生きた時代に戻すことはしてはならないし、そのためには、今、親である私たちがきな臭い風には敏感にならなければと思う。

2014年2月 5日 (水)

輝け子どもたち 第1回~第5回

さわら支部ニュースに連載されている「輝け子どもたち」を5回ずつまとめて掲載します。

輝け子どもたち 第1回

 今週から、子どもと教育部のコーナーをつくっていただくことになりました。よろしくお願いします。
 最初に私事ですが、去年、初孫を授かりました。娘夫婦あてのお祝いのはがきにたしかこう書きました。「宗教心のない私が言うのも変だけれど、子どもは、神様から預かったと思って、自立できるまで大切に育ててね」
 ひとつのいのちがこの世に誕生するということはそれだけでもう奇跡なのだそうです。そして子どもは親のものであるけれども同時に親とは違った人間であり、次の世代を担う新しい仕事をする独立した人格です。
 どのいのちも大切に育てられ、輝きますように。
(早良支部ニュース2012.2.16掲載)

輝け子どもたち 第2回

2月12日に、「子ども・子育て新システム」をストップさせるための緊急学習会に参加しました。もと保育園園長の石川幸枝さんのお話より。
①現在は、児童福祉法の2条と24条で、子どもたちを保育する責任は国と自治体にあり、国が「最低基準」をつくってお金も出す。保育料は保護者の所得に応じて決まる。
②新システムは、「国はめんどうみません。市町村でやってください」ということ。保護者は自分で保育園を探さないといけなくなる。
③保育時間が6時間と11時間の2通りになる。
④消費税増税が前提で、保育予算を増やすと消費税がアップする仕組みに。
・・・「どの子も大切に」という考え方とは逆の「改革」だということがよくわかりました。山場は3月とのこと。なんとしてもストップさせなければなりませんね。
(早良支部ニュース2012.2.23掲載)

 輝け子どもたち 第3回

 先週、「子ども・子育て新システム」について書きましたが、2/23付けの新婦人しんぶん2面の新婦人中央本部副会長の談話を読んでいただくとよくわかると思います。本当に、「新システム」をストップさせなくてはなりませんね。
 さて、今週は「子どもは大人のパートナー」ということについて。
 この言葉は、弁護士の坪井節子さんが書かれた本のタイトルです。「子どもの権利条約」が国連で採択された翌年の1990年「子どもの非行防止のための国連ガイドライン」の中にあった「大人と子どもの対等かつ全面的なパートナーシップ」ということばに衝撃を受けた坪井さんは、自分の子ども3人との間で本当にパートナーとしての関係が作れるかどうか、10年ほど試行錯誤されたそうです。そして「今ではパートナーシップは共同生活を維持していくのに、最もふさわしい関係だと言えるまでになっている」と書かれています。次回に続く。
(早良支部ニュース2012.3.1掲載)

 輝け子どもたち 第4回
「子どもは大人のパートナー」前回の続き

パートナーというのは、お互いに独立した人間同士の対等な関係です。夫婦の間でもなかなか難しいのに、親子の間でパートナー関係をつくるなんて簡単なことではありません。でも、もしそれができたら、親も子も幸せな人生を生きていけるのではないでしょうか。そのためにはやはり、大人の側のこころがまえが必要だと思います。子どもをひとりの人間として尊重するということ。ひとりでは何もできない弱い存在に見えるけども自分で育っていく力をもっている。
 大人の仕事は、それをサポートすること。子どもの言葉をていねいに聴き、真剣に受け答えする。アドバイスや助言はしても、最後は子どものことは子ども自身に選ばせる。
 一日一日のそういう積み重ねの上に、お互いに自立しながら支え合うパートナー関係がつくられていくのではないでしょうか。
(早良支部ニュース2012.3.8掲載)

輝け子どもたち 第5回

「子どもの話をていねいに聴く」

「子どもをひとりの人間として尊重する」上でとても大事なことのひとつは、子どもの話をきちんと聴くということです。「聴」という漢字には人の言葉を「まっすぐに、耳をむけてききとる」という意味があり、単にぼんやりと「聞く」のではなく、話し手の気持ちを受け止めて「聴く」のです。もちろん、子どもが「聴いてほしい」と思っている時にです。
「ねえねえ」と聴いてほしそうな時はもちろん、なんだか元気がない様子の時に「どげんしたと?」と話しかけたりして、途中で「それはちがうやろ」とか「こうしたらいい」とか言いたくなってもがまんして、ひたすら聴くのです。聴いてもらうことはうれしいことです。大事にされていると実感できます。元気が出ます。わたしたち大人だってそうですよね。
(早良支部ニュース2012.3.15掲載)

2012年2月 2日 (木)

華やかな彩りです

春を待つこころを表すと言うことかも。

Img_4037_1_2
Img_4049_1

2012年1月14日 (土)

困ってるひと

Img_3933_1


思わず買って読んでしまった。

今この世の中に毎日が息苦しいと思う人がどれほどいるだろうか、東北地方の方々はもちろん一日を生き延びるだけで命がけの人もおられるだろう、この本の著者もそのおひとりだ。若く活動的で前途洋々だったこの方は突然原因不明の難病を発症するという憂き目にさらされてもなお「絶賛生存中!」と生きておられる。

新自由主義でなにもかも自己責任で強いものしか生きる資格なしという恐ろしいこの世の中なので、金のかかる病気になったらこの世とさよならしなさいということなのかと思うと辛く悲しい。だから、何故か元気もいただける「困ったひと」をお勧めします。

2012年1月13日 (金)

新しいデジタルカメラを買いました

現在使用しているカメラは息子に買ってもらったもので、このブログになくてはならないものだが、ただ近いところも遠いところもはっきり写らないのでもう少し何とかならないものかと考えていたら近いうちに「お出かけ」の予定ができたし、今のより4倍程度は大きく写るとお店の店員さんも言うので買いました。

Img_4014_1

2012年1月11日 (水)

がんばれ!納税者

今日、自宅前の道路で排水溝の工事が始まった。雨が降ると道路に水がたまり困っていたがそれが改善されるようだ。音がうるさいが我慢する。

いまだに人工島の工事に税金を遣い福岡市民はその付けを子々孫々払い続けることになりそうな気配だ。日本国では偉い人は誰も責任を取らなくて良いらしく、結果として納税者の我々が責任を負うということらしい。

Img_4020_1

Img_4025_1

2012年1月 6日 (金)

2012年 新しい年になりました

世界中のみなさまにたくさんの幸せがおとずれますようにと祈ります。

今年の正月は結婚した子が二組同時に里帰りをしてきたので布団をそろえるのが大変だったがとても楽しかった。「結婚」による縁で、全くの赤の他人だったもの同士が身内になるという不思議、元旦の夜に9名で会食をしたがとても幸せな気持ちになった。

 

         「木曽路」というお店へでかけたImg_3985_1
           
            玄関に飾ってみましたImg_3991_1


            飯盛神社参拝のための駐車道Img_3997_1

2011年12月 5日 (月)

掃除をいつもよりがんばる。

最近目新しいこともなく、 「掃除をせねば」とそれなりに過ごしている。押し入れやタンスの中身を整理し、公民館のバザ-に出したらそれなりに売れコ-ラス部の財政にも貢献できた。少しづつ家の中からものを減らすよう頑張るつもり。

Img_3930_1
     と、おもいつつバザ-で買ってしまった。 ものを減らすのは難しい。

2011年11月18日 (金)

日本は熱帯雨林気候になってるらしい

この数日は晴れが続いたので布団や毛布など冬に向けていろいろなものをお日様に干せた。この季節は晴れた青空を見るだけで幸せな気分になるが11月としては雨の量は多すぎるそうだし、今日も雨蛙が鳴いた。

私たち人類の活動のせいで地球の気候を変えてしまい、未来に対しての責任を考えることができないのが今の私たちのようだ。私ができることはゴミを減らし、電灯をまめに消すことだろうか。

2011年11月14日 (月)

さよなら原発! 福岡1万人集会   1万5千人集まりました

有難うございました。

多くの方が原発をやめて新しいエネルギ-へ転換すべきだとの考えを行動で示したのだと思います。他人事ではありません、私たちの子や孫やこれから生まれ来る未来の人たちのためにできることから始めましよう。

Img_3710_1
Img_3743_1
   可愛い帽子の方を見つけましたので撮らせていただきました。Img_3719_1             
    責任者に対して「原発やめなさい」のハガキを送るコ-ナ-があったのでそこで買いました。私は高島市長と枝野さんへ送りました。Img_3751_1
Img_3714_1_2