無料ブログはココログ

ウェブログ・ココログ関連

2015年3月20日 (金)

3・1ビキニデーin静岡”に参加して

”3・1ビキニデーin静岡”に参加して
新婦人早良支部平和部 Hさん(室住班)

 アメリカによる、マーシャル諸島での核実験で第五福竜丸を始め、たくさんの漁船が死の灰を浴び、ここから原水爆禁止の運動がスタートしたことを今までの学習で知り、ぜひ、ビキニデーに参加したいと思いました。

 戦後70年、被爆70年の今年はNPT開催の年でもあります。
「2015年被爆70年を核兵器のない世界の転換点に」を大きなテーマとして日本各地のNPTへの参加代表者らが集いました。彼らの決意表明の発言は、力強く有意義で、中身の濃いものでした。
 中でも、福島県代表の20代の青年の発言は、今でも心に残っています。
彼は、2010年のNPT再検討会議の後(その年の5月)に、2015年のニューヨーク行動参加を決意したそうですが、その翌年に東日本大震災に遭い原発事故の悲惨さを、身をもって体験しました。核兵器廃絶を訴えるためのニューヨーク行動で、原発反対を言わなければならない状況になったことに大きなショックを受けたそうです。「ニューヨークに行ってまで「原発反対」をいいたくはない。だけど、世界中の人々に原発で人類は幸せにならないということを知ってもらいたい。」と言っていました。

ロンゲラップ島で被爆したピーター・アンジャインさんは、「生まれ育った島に帰ることすらできず、福島県飯館村の人々と同じです。安全だという米政府の言うことは信用できません。安全というのなら、まずあなたたちが家族と島に住んでみなさい」というそうです。
 マーシャル政府は昨年、国際司法裁判所に核保有国9ヶ国を提訴しました。会場から「どのような経緯からそういうことができたのか」との質問があり、アージャインさんは「政府がとった行動だから、私は詳しくわからないけど日本の草の根運動が、、後押ししたのは確かです。」と言われ、私たちの核廃絶運動に確信を持ちました。

 分科会では、「放射能を浴びたX年後」の映画に出ておられる高校の社会科の先生、山下正寿さんの特別講演を聞きました。
 山下先生は、息子が長崎で被爆し、ビキニでも被爆し、入水自殺をしたという一人のおばあさんの話に驚き、高知県でもビキニで被爆した漁船があることを知り、調べ始めたそうです。政府が隠し続けてきたことに対して、「こちらが真実を科学的に、一つずつきちんと実証し、突き詰めて攻めたら、相手は必ず崩れる。」と言われたことが印象的でした。第五福竜丸以外に1423隻もの船が被爆していたのです。
 ジョセフ・ガーソンさんの「私たちの行動は、権力の場にも影響を及ぼしている。原水協は、核兵器のない世界の実現に向けた運動の光であり、原動力である。」との言葉に、涙があふれ元気と勇気をもらいました。

 安倍総理が「戦争する国」へと突き進んでいるような、今のこの情勢にとことん抵抗しなければと再認識しました。

2014年10月28日 (火)

原水爆禁止世界大会「長崎大会」に参加して その2

 原水爆禁止世界大会「長崎大会」に参加して

早良支部平和部長 Mさん(野芥班)

 私は長崎大会には何年ぶりだろうかと考えています。新婦人の「女性のつどい」には参加しておりました。とにかくその当時は、被爆者の方のお話を聞いて、心重い気持ちで帰っていたことを覚えています。
 今年は、はじめに32歳の若いギターリストの方が元気いっぱい力を入れて歌われ、参加者も一緒に合唱して会場が一つになりました。
 日本青年団協議会の事務局長が「青年は二度と銃をとらないを合い言葉に、核兵器のない世界をめざします」と話されました。
 外国からの代表者が多いことにもびっくりしました。

3人の被爆者が被爆体験を話され、その苦しみを直接聞くことができました。
 爆心地より700mのところに、家族20人で住んでいて、7人が亡くなられたMさん。
 爆心地から6キロのところに住んでいて家の屋根が吹っ飛び、今も3世の孫たちまで苦しんでいるTさん。
 広島で生まれて被爆し、結婚する相手にも被爆したことを話せなかった韓国のチョン・ドンイクさん。

 運動の交流もほんとうに良かったです。九州も全域からも、「原発再稼働反対」、「核兵器廃絶アピール」の署名運動の取り組みの報告がありました。特に長崎の高校生たちが毎年1万人署名に取り組んでいる報告に感動し励まされました。制服もいろいろでしたので、学校が違っても手をつないで拡げているのだなあと思いました。
 「平和の夏」の取り組みの大切さが、あらためてよくわかりました。

2014年10月 9日 (木)

原水爆禁止世界大会「長崎大会」に参加して

原水爆禁止世界大会「長崎大会」に参加して
室住班 Hさん

 8月9日、心配された台風の影響もなく原水爆禁止世界大会「長崎大会」に参加しました。長崎の被爆者の方の体験談、「核兵器は悪魔の兵器」の言葉には胸がいっぱいになりました。「被爆者は最後の力を振り絞り、広島・長崎・福島を繰り返さないために頑張る決意です。」の発言に、会場には感動が広がりました。

 海外から参加している代表の方々から、大会に参加しているたくさんの女性たちへの称賛発言があり、私たちの地道な草の根活動に対する確信と勇気と元気をもらい、ジワーと力が湧いてきました。

 そして世界中で反核運動が力強く発展し、「核兵器廃絶」が被爆国日本だけの願いではなく、もはや世界中の国際的な世論であることを感じ取ることができました。

 また、毎年「高校生1万人署名活動」に取り組み、100万筆以上の署名を国連に届けた長崎の高校生たちの存在は頼もしい限りですし、年々、若い参加者が増えていることは本当に嬉しいことです。

 被爆2世の私は、毎年原水爆禁止世界大会に参加する度に、「未来に生きる子どもたちのためにも、戦争だけは2度とゴメン!!核兵器は地球上のどこにも要らない!!ずっと九条を守り続けるぞ!!」と強く思います。

 ひとりの力は小さくても草の根の力を信じ、これからも平和運動に関わっていきたいと思います。
 カンパをいただいたみなさんに心から感謝します。本当にありがとうございました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

パソコン豆知識集

よろしくお願いします。