無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月26日 (火)

新婦人早良支部ニュース2019.3.28

子どもたちの未来を守るために今できること


 就学援助制度を紹介した「入学おめでとうチラシ」のひな型を作成しました。今回の「入学おめでとうチラシ」は、教育の無償は子どもの権利であり、憲法26条で保障されていることを知らせ、就学援助制度を紹介。合わせて、この間の新婦人の運動で前進した制度など、「困った」の声を運動にしている新婦人を、地域の女性たちに知らせることも大切にしました。


 小中学校へのエアコン設置では、文部科学省副大臣と緊急交渉し、6月までの設置を目指すための特別交付金を実現、エアコンの電気代も総務省との交渉を経て予算化されました。子供の医療費助成拡充の運動は50年以上取り組み、全自治体で制度がつくられ、歴代の厚生労働大臣とも懇談し、国の制度化を求めています。


 就学援助でも、東京都本部がまとめた教育費アンケートが国会で取り上げられ、大臣が「現実との乖離がある」と答弁。今年度から入学準備金が1万円増額されたことも紹介しています。
”あなたの「困った」を寄せていい場所、新婦人”を、この4月、小中学校の入学式で広く知らせましょう。 (3/21号7面、「主張」)



☆仲間が増えました! 全班で仲間を迎えましょう
室住班 Iさんがボランティアで参加している作業所で、職員に見本紙を渡して購読をお願いしたところ、快く購読してもらえました。
野芥班 他県から転居してこられた方が入会されました。野芥班の「ぶらり散歩」小組に参加してみたいとのことです。


*カレンダー*
4/7(日)統一地方選挙投票日
4/9(火)大原班 平和カフェ 10:30~12:00


4/7、県知事、県議、市議選挙の投票日!


憲法を生かす県政☆市政への確かな一票を


☆県知事選挙では”しのだ清候補”
(県民を主人公に、憲法を暮らしに生かす県民の会」を支持して、安倍首相と麻生副首相いいなりの自民・公明県政から、県民の願いに応える新しい県政に変えるために全力をあげます。(新婦人早良支部委員会)


①県民の福祉と子育て応援
 子どもの医療費を中学校まで無料にします。全国86%の自治体がすでに実施しています。
 高すぎる国保料を引き下げます。
全国知事会が提案している公費を1兆円投入して「協会けんぽ」並みに引き下げるために頑張ります。


②県民の命を守る防災・減災対策
 温暖化で豪雨災害が相次ぎ、朝倉市などで田畑や家が流され、多くの方々が犠牲になりました。問題は、自民・公明県政が河川整備を軽視し、巨大ダム建設を優先してきたことです。2000億円もかかる下関北九州道路などの無駄な大型開発を直ちにやめ、県の予算を洪水防止の河川整備、5500ヶ所もある土砂災害危険個所の対策に回します。まともな避難計画もない原発再稼働に反対し、再生可能エネルギーを応援します。


③地域の力を生かした産業振興 地域循環型の経済造り
 県内の中小企業数は14万3000社、働く人は130万5000人、全体の8割です。ここを応援します。
 中小企業振興条例・小規模企業振興条例をつくり、中小企業・地場産業・商店街の支援策を充実します。「大企業の内部留保の活用で賃上げを」県として経済界に正面から提起します。
 福岡県は全国有数の農業県です。農業を守り発展させるために、種子条例を制定します。日米FTA交渉に反対します。


④故郷の米軍基地化を許さず、9条生かした平和の発信を
 安倍政権は9条改憲を狙い、福岡空港の軍事利用を増やし、築城基地を米軍基地に変えようとしています。私は「米軍基地化は許さない」と立場の違いを越えて反対している地元の方々と協力します。「オール沖縄」のように平和を発信する福岡に変えます。


☆県議・市議選の党派別選挙では、会員・読者のみなさんがそれぞれ応援する人の講演会に入って、当選のために支持を広げます。

2019年3月20日 (水)

新婦人早良支部ニュース2019.3.21

新婦人が待たれている 出会いの春 班から仲間づくりを
 統一地方選挙と参議院選挙で安倍政権を退陣に、第29回全国大会の成功を、出足早い仲間づくりのために、各地で班からチラシを配布し、行動を拡げています。
 新聞折込のチラシで、「視野が狭くならないようおしゃべりしたい」とまた街頭署名で新婦人しんぶんを受け取って、「ひどい政治を変えたい。女性が頑張る会に私も」と友人を誘って会員に、新婦人のLGBT学習会の講師がホームページを見て「地域で一緒に運動したい」と入会するなど、いま、どこでも新婦人が待たれています。
 この春、どの班も仲間づくりの目標を持ち、選挙・憲法タイムやカフェ、新小組づくり、小組合同体験会などの計画をたてましょう。
(3月14日号の「主張」から)
☆仲間が増えました!  19日~25日は仲間づくりデー
室住班 チラシを見られた方が、「健康体操(きくち式)」に友人と一緒に参加、その場でお2人が入会されました。
南庄班 チラシを見られて「お習字」小組で体験された方が、その場で入会されました。
*カレンダー*
4/7(日)統一地方選挙投票日
4/9(火)大原班 平和カフェ 大原公民館 10:30~12:00
ロープウエイ計画を市長が「断念」
 13日、福岡市議会でロープウエイの検討予算5000万円を削除する修正が、賛成40対反対20で可決され、これを受けて高島市長は同日、「福岡市としてもう(ロープウエイ構想を)議論しない」と表明しました。
 高齢者乗車券の廃止・削減計画を撤回させたことに続いて、高島市長の暴走を食い止めた世論の勝利です。
 これを力に、箱崎ふ頭の埋め立て(1000億円)、ウオーターフロントネクスト(数千億円)、天神ビッグバン・博多コネクティッド(周辺施設づくりなどで数百億円)の無駄な大型開発をやめさせましょう。そして、市民の税金は、市民の暮らし・福祉・教育に使うという当たり前の政治にしていきましょう。
米だより 2019年3月号
第30回 農民連女性部総会
 2月6日・7日 東京都板橋区で行われた総会に参加してきました。「農業女性の輪を広げ、憲法を守り、家族農業の10年を成功させよう!」~持続可能な社会をめざして~と題して熱い2日間、全国から120名の女性たちが集まり話し合いました。この30年で農業従事者が半分に、その80%が60歳以上。耕地面積も538万haから450万haに減少。農業基盤が弱体化している。という資料がありました。数字を見ると改めて危機感を感じます。
 岡山大学大学院教授小松泰信さんの「農業女性の熱き思いと明日の農業をつなぐ」の講演は大変楽しく、会場が盛り上がりました。
 夜は全国の自慢の料理がずらりと並びました。奈良の柿の葉寿司、宮城のしそ巻き、高知のかつおのたたき。どれもおいしかった!今回、九州の参加は一人だけと言われていたので、不安ながら準備をしていました。が!熊本の方が、「高木さん一人では心細かろう!」とトマトの収穫をやりくりして一緒に行っていただきました。ありがたいです。

2019年3月13日 (水)

新婦人早良支部ニュース2019.3.14

新日本婦人の会第175回中央委員会決定

暮らし、平和、ジェンダー…女性の願いが希望をひらく

選挙で変える!安倍政権退陣

今こそ新婦人の飛躍で第29回全国大会の成功を

 この間、熱中症対策として、公立小中学校の全普通教室へのエアコン設置、危険なブロック塀の回収・撤去のために国が1081億円の緊急予算措置をとり、コンビニエンスストア大手3社が成人誌撤去を表明するなど、運動の大きな成果が相次ぎました。「新婦人ってすごい」と喜びの声が上がり、全国を結ぶ要求実現の会への確信が広がっています。女性差別撤廃条約採択40年に相応しく、「変えよう、変えられる」「安倍政権退陣で希望をひらこう」と4月の統一地方選挙、7月の参議院選挙、11月2,3日の第29回全国大会へ、意欲溢れる活動がすすめられています。(3月7日号4面・5面に掲載)

女性の力で政治を変え、安倍政権の暴走をストップさせよう
3/8、2019年国際女性デー中央大会が東京都内で開かれました。700人が参加し、集会後、都内をパレードしました。

*カレンダー*
3/13(水)重税反対集会委 9:00~ ももち中央公園
3/17(日)県集会 13:30~冷泉公園
3/19(火)~3/25(月)仲間づくり週間
3/21(木)県知事選告示

全国の仲間と沖縄連帯~沖縄県民投票支援~ となりのトトロ班 Iさん

 2/24の沖縄県民投票支援のため職場より2日間にわたり、沖縄の街頭で全国の医療関係者(民医連)とともに声を上げた。
 
 5人1組で那覇市各地に分散し、ハンドマイク宣伝した。原稿に慣れてきた2日目からはアドリブを入れながらスピーチ、福岡の天神で辺野古基地建設に関するシール投票をしたら反対が多かったこと、県民投票に関する記事をSNSに載せたら250名以上が反応し全国的にも沖縄県民投票が注目されていることを話した。
 
 2日目の午後は読谷村村議の城間さんに誘っていただいたママの会(ママまーる)の集まりに参加。アクティブなママたちに刺激を受けながら、子どもたちに「性」をどう語るか、激論を交わした。

 ところで私が県民投票の支援で沖縄に来たことを伝えると、思いのほか喜ばれた反面「本土はあまり県民投票に関心がないようだから、こうして来てくれる人がいて嬉しい」と言われ、複雑な気持ちに。ある参加者とは「どこかで会ってるよね?」と話していたら、なんと東京で働いていたころに出会った新婦人の方。こんな素敵なママたちの集まり、福岡でもぜひやってみたい。

 さて、沖縄県民投票は圧倒的に辺野古新基地建設反対(72%)だったが、安倍政権は沖縄の民意を踏みにじり、翌日から工事を強行。これは決して沖縄だけの問題にしてはならない。全国で連帯しなければ、必ず私たちに跳ね返ってくる。

2019年3月 6日 (水)

新婦人早良支部ニュース2019.3.7

今、女性たちが立ち上がっている!

主催者は私 選挙で変える!
憲法や政治をテーマに”おしゃべりカフェ”をしてみませんか。

 日本でも世界でも、女性たちが世代、分野を超えて声を上げ行動しています。女性差別撤廃条約採択40年、同選択議定書採択20年。今年の新婦人「春の行動」は、女性の人権確立、ジェンダー平等をめざして多彩に取り組みます。(新婦人しんぶん2・28号)

あなたのねがいを新婦人でごいっしょに
イメージアップチラシの配布が今週から始まります。

💛先週配布した早良班に、早速問い合わせの電話が入りました💛

県知事選告示3月21日、県議・市議選告示3月29日 投票日4月7日

県民の福祉・暮らし・教育優先の政治へ

 今回の知事選は、憲法を壊しウソとごまかしの安倍政治に従う県政のままでいいのか、それとも憲法を暮らしに生かし、県民一人ひとりの願いに応える新しい県政をつくるのか問われる選挙です。自民党の推薦願をした人たちは、安倍政治に従う県政を変えることはできません。
 私は、憲法9条を守る「9条の会」運動、さよなら原発運動、安保法制反対、市民と野党の共闘発展を目指す福岡県総がかり実行委員会に参加してきました。この経験を生かし、安倍政権の「地方こわし」と対決し、500万県民のいのちと暮らしを第一に応援する県政、憲法9条を生かした平和を発信する県政に変えるために、全力を尽くします。皆さんのご支援を心からお願いします。

福岡県知事予定候補 しのだ 清 (無所属、日本共産党推薦)

☆新婦人福岡県本部は「県民を主人公に、憲法を暮らしに生かす福岡県民の会」の加盟団体として、しのだ清さんを支持します。

星の原班ニュース(一部紹介)

 三寒四温どころか、お天気は日替わりのようですが、国際女性デーを前にミモザの花が満開を迎えています。皆さん、スギ花粉大丈夫でしょうか?
*今年は全国大会の年でもあるし、仲間を増やしたいねということで、イメージチラシ2000枚しんぶん折り込みをすることが決まりました。
小組はいつでも体験会です。周りの人を小組に誘ってみてください。
*次回の班会は3月13日(水) 12時半~中山事務所です。

*カレンダー*
3/9(土)国際女性デー(東区なみきスクエアー)13:30~
3/11(月)マイナンバー裁判10:40門前集会(六本松)
3/12(火)就学援助交渉市役所7F 13:30~14:30
3/13(水)重税反対集会ももち中央公園9:00~
3/17(日)県集会 冷泉公園 13:30~

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »