無料ブログはココログ

« 新婦人早良支部ニュース2018.11.29 | トップページ | 新婦人早良支部ニュース2018.12.13 »

2018年12月 5日 (水)

新婦人早良支部ニュース2018.12.6

キラキラ・つながる・新婦人
主権者は私たち

1筆1筆が、子どもたちの未来へのプレゼント
12月もレッドアクションで仲間を迎えましょう

安倍9条改憲ノー、原発ゼロの日本・核兵器のない世界、消費税10%増税ノー
子どもの医療費は無料、学校給食は無料 返済しなくてもいい奨学金制度

*カレンダー*

12/5(水)産直
12/9(日)早良区9条の会・早良区ネット署名行動15:00~16:00旧プラリバ前

年末年始の発行12月20日まで 新年号 1/3 1/10合併号 年内に届けます

高齢者乗車券制度の存続を勝ち取りました!

ロープウエイより高齢者乗車券を!
「拡充を求める署名」提出
11/28 現在41540筆
うち早良区の会8165筆
(新婦人早良支部2023筆)

11/30、「高齢者乗車券の拡充を求める請願」の審査が行われ、42人が傍聴しました(委員会室に入り切れない人は別室で音声傍聴)。請願の紹介議員にたっていただいたのは共産党市議団7人と緑と市民ネットワーク1人です。
 第2委員会(教育・福祉関係)の市議会議員13人(自民4人、公明3人、福岡市民クラブ2人、共産2人、未来・無所属の会1人、福岡維新の会1人)と高齢者福祉課など市当局が出席しました。
 紹介議員8人のうち、第2委員会所属は共産党の2人です。倉元議員が、この間の市当局の虚偽答弁についても問い質しながら、緊迫したやり取りが2時間行われました。このやり取りの中で、市当局が「高齢者乗車券制度は存続する」と答弁しました。
 「拡充を求める請願」の採択は、賛成3人(共産2人、維新の会1人)、反対(自民4人、公明3人、市民クラブ2人、未来・無所属1人)で継続審議になりましたが、署名運動と市長選挙が大きな力となって「高齢者乗車券制度」の存続を勝ち取ることができました。 

「困窮者助ける発想ないのか」
放送タレント 松尾貴史さんが批判

放送タレントの松尾貴史さんは10月21日付の「デジタル毎日」(毎日新聞)コラム「困窮者を助ける発想はないのか」と消費税増税を批判しています。
 「なぜ消費税増税なのか。所得税増税ならば、高額所得の人に多く払ってもらうというまっとうな発想だと思うのだが、あえて避けられている。法人税率も、大きな利益を上げて内部留保が積みあがっているところに多く課税されるといい」と指摘しました。
 「消費税を上げるということは、とりもなおさず今ギリギリの生活をしている人にとっては死活問題で、切り詰めるところまで切り詰めた生活は破綻するしかなくなってしまう」と警告しました。

消費税10%
増税反対が
54.1%
9月20日世論調査
(共同通信)

« 新婦人早良支部ニュース2018.11.29 | トップページ | 新婦人早良支部ニュース2018.12.13 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/74714365

この記事へのトラックバック一覧です: 新婦人早良支部ニュース2018.12.6:

« 新婦人早良支部ニュース2018.11.29 | トップページ | 新婦人早良支部ニュース2018.12.13 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

パソコン豆知識集

よろしくお願いします。