無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月20日 (水)

早良支部ニュース2017.9.21

11月4日、5日に開かれる第28回全国大会まであと2ヶ月
みんなで仲間を増やして、歴史的な大会を成功させましょう!

「平和の2署名」やしんぶん号外をもって、つながりや元会員・元読者に、班会や班行事、カフェなどに誘って、またチラシや広報・タウン誌で知らせて小組合同体験会や小組体験会で仲間を迎えましょう。どの班も大会までに、新小組づくりとカフェに挑戦しましょう。号外やDVD「核兵器禁止条約と新婦人」を班会やカフェで活用しましょう。
☆「平和の2署名」=「ヒバクシャ国際署名」「安倍9条改憲No!3000万署名」

「安倍9条改憲No!全国市民アクション」3000万署名がスタート!

”「叫ぶ声」大合唱を”同志社大学 浜 矩子さん

 頭の中に一つのフレーズが浮かんでいます。聖書の「荒れ野で叫ぶ声」というフレーズです。「このままでは大変なことになる」「裸の王様のいうことを信じてはいけない」という預言者の警句です。
 私も「荒れ野で叫ぶ声」として「打倒アホノミクス」を叫んできました。皆さんによる「荒れ野で叫ぶ声」の大合唱、声の大集団が形成されれば怖いものはありません。この声を安倍政権は恐れています。完膚なきまでやっつけて倒すために「荒れ野で叫ぶ声」を一緒に上げていきましょう

”戦争を絶対止める” ルポライター 鎌田 慧さん

 いま北朝鮮のミサイル発射、核実験をめぐって緊張感が漂っています。しかし、安倍内閣は戦争を食い止める決意が全くない。とにかくアメリカの指示に従うことしか考えていない。
私たちは、戦争を絶対食い止めるために戦後ずっと戦ってきました。安倍内閣がいう「積極的平和主義」は、軍備を強化して平和を守るというもので全く間違っています。
 戦争させないという決意が憲法9条です。安倍政権は9条を変えて、戦後の全ての歴史を変えようとしています。市民、労働者が一緒になって運動を始めていきましょう。

2017年新婦人「秋の行動」3署名がスタートします!

安倍政権は直ちに退陣、9条改憲No!
軍事費削って暮らし、福祉、教育の充実を

1980年から始まった新婦人「秋の行動」は今年で38回目です。全国で取り組む「秋の行動」3署名を積み上げ、女性、国民のための税金の使い方、集め方にと、2018年度予算の抜本的な見直しを求めていきます。
☆会員・読者の皆さんのご協力をよろしくお願いします。
2017年「秋の行動」3署名
①消費税増税と大軍拡を中止し、税の集め方・使い方の抜本的見直し、暮らし向上を求める請願。
②社会保障費の大幅削減を中止し、保育、医療、介護、年金などの充実を求める請願
③改憲でなく、教育予算の増額で教育費の無償化を求める請願

8/24、室見小学校と早良市民センターをウオッチング

 「福岡市の公共施設を考える会」(福岡建設労働組合、民主商工会、新婦人の会、共産党市議団)が全区で小・中学校や公共施設のウオッチングを行っています。
全区が改修箇所をまとめて教育委員会交渉を行う中で実現することも多く、学校からも歓迎されています。
 早良区は、中山いくみ市議と一緒に、福建労から4人、新婦人早良支部からM支部長・I事務局長・南庄班・室住班・次郎丸班の5人が、室見小学校と早良市民センターのウオッチングを行いました。室見小学校は全体的に老朽化していました。早良市民センターはトイレのドアの腐食が目立ちました。後日、改修箇所の写真を添えて教育委員会に提出し懇談します。

☆仲間が増えました
室住班 チラシを見て、きくち体操を体験された方がその場で入会されました。M支部長とIさんが元会員を訪問、全国大会のことを話すと快く入会されました。Iさんが元読者に電話でしんぶんの購読をお願いしました。

*カレンダー*
9/25(月)13時半~14時「マイナンバー裁判」福岡地方裁判所
9/26(火)11時~早良支部『平和の波』行動(原イオン前)

2017年9月13日 (水)

早良支部ニュース2017.9.14

9月20日~26日、「平和の波」世界同時アクション!
「ヒバクシャ国際署名」を広げ、全班で仲間を迎えましょう

2017年原水爆禁止世界大会へのメッセージ(一部紹介)

「核兵器禁止条約交渉」国連会議議長 エレン・ホワイト・ゴメス大使

 参加者のみなさん、軍縮・平和のために活動されているみなさん、今年2017年は、1945年8月に始まった核軍備撤廃に向けた長い道のりの中で特別に素晴らしい年になりました。大いなる楽観主義を持って、国連はニューヨークの本部で去る7月7日、核兵器禁止条約を採択しました。
(略) 禁止条約の実現で、私たちの行動は強化されます。しかし、終わりではありません。条約をできるだけ早く発行させるためにあらゆる努力をし、特に、その原則、規範、条項の促進のために邁進しなければなりません。
 みなさんの強い確信に励まされ、私は大いにやる気になっています。条約の交渉プロセスを支持して、たぐいまれな成果を築いてきたみなさんと同じ気持ちです。近い将来、締約国会議が条約の履行に向けた活動に着手することができるよう、引き続き、皆さんのゆるぎないリーダシップを頼りにしています。
 核兵器のない世界を実現するために、新たな戦略と行動で引き続き奮闘してください。私自身の信念と私の国、コスタリカの明確な決意は、揺らぐことはありません。
みなさんの努力が実を結ぶことを期待します。ありがとうございました。

米だより 2017年9月号
母親大会in岩手!

8月19・20日「母親大会」が岩手県で開催されました。
「命を生み出す母親は、生命を育て、生命を守ることを望みます」このスローガンのもと5000人以上の方が盛岡に集まりました。
私も農民連女性部として参加してきました。全大会ではスピーチをする時間をいただけたので、朝倉市の被害について話をしました。たくさんの方を前に緊張しましたが、朝倉をささえたいこの気持ちが届きますように!と大きな声を出したつもりです。
 夜は農民連「かあちゃんの集い」が開かれ、全国の方の話を聞きました。みなさんの頑張りとたくましさに触れ、岩手のおいしい料理と果物に舌鼓をした楽しい夜でした。出会ったみなさんに感謝!感謝!です。ただ、東北の長雨は深刻で、野菜は収量の激減、色・形が悪く商品にならないそうです。米も「いもち病」が発生したそうです。早く天気が回復しますように…
 いよいよここ田主丸も収穫が始まります。今年は朝倉の田んぼの分まで大事に収穫したいと思います。
田主丸みのう農民組合

☆早良支部・「平和の波」ピースアクション
9月24日(火)11時~12時
原イオン前で署名と宣伝を行います。
☆9月20日は、国会前で「平和の波」行動が呼びかけられています。
☆前半で「ヒバクシャ署名」を集め、安倍内閣に「核兵器禁止条約にサインを!」と迫っていきましょう。

☆戦争法強行採決から2周年
「安倍政治許さない!」
9月15日(金)17時~
姪浜駅南口で宣伝・署名
☆「西区9条の会」「戦争させない・9条壊すな!早良区ネット」が合同で行います。

*カレンダー*
9/15(金)17時~西区9条の会・早良区ネット合同宣伝(姪浜駅)
9/15(金)18時~「原発反対!九電前行動」(九電本社前)反核女子部
9/25(月)13時半~14時「マイナンバー裁判」福岡地方裁判所
9/26(火)11時~早良支部『平和の波』行動(原イオン前)

2017年9月 6日 (水)

早良支部ニュース2017.9.7

☆全国大会まで65日!新婦人の役割に確信を持ってゴーゴー!

平和大会報告会に参加して 野芥在住 Hさん

~つやづやし 平和のつどいのおみなかな~
私めは新婦人しんぶんの読者です。同封されてくる支部ニュース(毎週発行とはスゴイ)でこの会合を知りました。10月29日に開催します自治体フォーラムでも、この課題で分科会を設けますので、その参考にさせていただくために参加しました。
 当初男性の参加者は私一人でしたのでしり込みしましたが結果オーライでした。中山郁美氏の基調報告は、充実した資料と将来展望まで示す知見で大変勉強になりました。そしてご参加の皆さん方の真剣さとなごやかさ、これはいい!意を尽くせませんが有難うございました。

☆仲間が増えました
室住班 Iさんが共同作業所のボランティア仲間お2人に、全国大会のことを話して読者になってもらいました。

「9/20~26☆ピースウェーブ」
「核兵器禁止条約」への各国署名が始まる20日から、国連が定めた「核兵器廃絶のための国際デー」の26日までの一週間を、世界同時の『平和の波』行動が、世界大会国際会議で提起されました。
早良支部のピースアクションのお知らせ
9月26日(火)11時~原イオン前

*カレンダー*
9/9(土)16時~「早良区9条の会」街頭署名(旧プラリバ前)
9/15(金)17時~西区9条の会・早良区ネット合同宣伝(姪浜駅)
9/15(金)18時~「原発反対!九電前行動」(九電本社前)反核女子部
9/25(月)13時半~14時「マイナンバー裁判」福岡地方裁判所
9/26(火)11時~早良支部『平和の波』行動(原イオン前)

原水爆禁止世界大会「ヒロシマデー」に参加して 室住班 Kさん

8月6日原水爆禁止2017年世界大会・広島「ヒロシマデー集会」に参加しました。参加者19人で出発。広島にウラン原爆が投下された8時15分、全員で車中にて黙祷しました。

 市内に入るとしばらくして車窓に広島の街並みが一望できる場所がありました。たくさんのビルや民家、大きな川、車、路面電車、歩く人、72年前のこの時はすでに広島ドームほか数棟の建物を残すだけの焼け野原が拡がっていたかと思うと胸が熱くなりました。

 私は昨年原水禁長崎大会に参加し、”国連が「核兵器のない世界」を実現するための「具体的で効果的な法的措置」を議論する作業部会”を討論していると報告しました。でもそれから1年もたたない今年の7月7日ニューヨーク国連本部第1会議室で核兵器禁止条約が国連加盟193ヶ国の63%にあたる122ヶ国が賛成し採択されました。私はこのニュースを聞き嬉しくて鳥肌が立ちました。このあと数日は条約の内容や関連記事を読み漁る毎日でした。もちろんこのヒロシマデー集会でも、被爆者の方々や国内・国外の代表誰もが条約の採択を喜び、共に核兵器廃絶の行動を起こそうと、熱い発言が続きました。広島・岡山の新婦人の人たちが大小さまざまの折り鶴を持って壇上いっぱいに並んだ光景は圧巻でした。私が室住班から託された千羽鶴の一つはインド代表の女性の方に渡しました。最初はびっくりされていましたが笑顔で受け取ってくれたことを報告します。

 この日”広島からのよびかけ”の一節に【国際会議宣言が提唱した9月20日から26日の世界同時行動『平和の波』に応えて、各地の「草の根」から多彩な行動を巻き起こしましょう。すべての国がすみやかに核兵器禁止条約に参加し、核兵器の完全撤廃に取り組むことを求める巨大な世論のうねりをつくりだしましょう】とあります。

 世界中の仲間が共に「核兵器のない世界」を実現しよう、行動してる時に私は草の根の一人として何ができるだろうと考えます。核兵器の非人道性を学び、被爆者の悲しみ・苦しみを感じ、「ヒバクシャ国際署名」の署名活動をする。核兵器禁止条約に参加することを政府に求める集会へ行く。その他にも時間と体力の許す限りいろいろな行動に参加したいと思います。

« 2017年8月 | トップページ