無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2017.6.22 | トップページ | 早良支部ニュース2017.7.6 »

2017年6月28日 (水)

早良支部ニュース2017.6.29

7月の「子供と教育部」は教科書展示会へ!
7月5日(水)13時半に福岡教育センターに集合です

新婦人しんぶんの6月15日号の道徳の教育化について、皆さんどう思われますか?
福岡教育センターには、来年度つかわれるであろう教科書が展示されています。
もちろん、道徳の本も。
今月の「子供と教育部」では、福岡教育センターに行ってみようと思います。実際にどれくらいの種類の教科書があって、どのような基準で採用されているのか?子どもにとって適切な教科書なのか?など、勉強できればと思います。
センターには、アンケート用紙もあるので、その日の感想や意見などを書けたらと思っています。

☆仲間が増えました
室住班 22日、IさんがKさんと一緒に、ご主人の元職場の後輩の方を訪ねました。勤務中でしたが、快く話を聞いていただき、その場で入会されました。
早良班 23日に2人で行動。Sさんが署名のお願いなどで何度か訪問しました。今回は”新聞ちぎり絵”のことや、政治のことで話がはずみ入会をされました。
となりのトトロ班 Hさんがご自分の娘さんにしんぶんを勧めて読者になってもらいました。トトロ班は、前回の全国大会時の会員数より1人増、新聞は同数になりました。

皇太子ご夫妻の長女・愛子様が学習院女子中学校の卒業記念の文集に寄せられた作文が注目を集めています。

世界の平和を願って      敬宮愛子

卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく変わったのは、中三の五月に修学旅行で広島を訪れてからである。
 原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分がいるように思えた。ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。
(冒頭のみ抜粋)

作文はこう締めくくられています。

 「平和」についてさらに考えを深めたいときは、また広島を訪れたい。きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。

*カレンダー*
7/8(土)市民の会 14:00 福ビル9F
7/9(日)9条署名行動 16:00~17:00(旧プラリバ前)

« 早良支部ニュース2017.6.22 | トップページ | 早良支部ニュース2017.7.6 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/70988196

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2017.6.29:

« 早良支部ニュース2017.6.22 | トップページ | 早良支部ニュース2017.7.6 »