無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2017.1.26 | トップページ | 「2017年度教育と就学援助についての要望」 »

2017年2月 1日 (水)

早良支部ニュース2017.2.2

今年は新婦人創立55年(10/19)☆第28回全国大会(11月)
平和・命・人権 誰もが大切にされるジェンダー平等の社会へ!

*カレンダー*
2月9日(木)早良9条の会と署名行動 15時~16時 旧プラリバ前
よい映画を観る会 お知らせ
「徘徊 ママリン87歳の夏」2月22日 ふくふくプラザホール 11時、13時、15時、18時半

<自分を好きになるコミュニケーション術> 子どもと教育部会から

 今日は「⑤ほめ言葉は相手へのプレゼント」~「⑦批判への対処法・その2」までを勉強しました。普段私は、接客業の仕事をしているのですが、ほめることができても具体的に何が良かったかを伝えること、「すごいね」「いいね」と抽象的にいうだけでなく、「私は、あなたがハキハキ元気よくしゃべるところがとても好きだな」と的確に伝えることにより、相手もうれしいと思います。
 これによって、相手への気持ちも伝わり、よりよいコミュニケーションが築けると思いました。そして、今日の勉強会で、世代は関係なく、素直な気持ちで話すことが大事だと思いました。
(チューリップ班 Oさん)

マイナンバーカードが健康保険証になる

2017年1月3日(火)、政府は2018年から「マイナンバーカード」を健康保険証として利用できるようにする方針を固めた、という発表がありました。
このことにより国民は、マイナンバーカードの所持を強制される恐れがあります。

マイナンバー制度は2016年1月1日にスタートしました。
マイナンバーカードの交付は2015年10月に始めましたが、1年余り経っても一向に普及しておらず、産経新聞が報じたところでは、2016年12月12日(月)時点で7.5%に留まっています。

マイナンバーカードの申請の際には顔写真の添付が強制されますので、個人情報と顔写真の両方が地方公共団体情報システム機構のコンピュータに保存されることになります。
当然予想されることとして、町中に張り巡らされた監視カメラの情報と顔写真がリンクされるのは目に見えています。
マイナンバーカードが健康保険証の機能を持つようになり、それに伴って、国民の顔写真を収集されれば、国が国民一人ひとりを監視できるいわゆる監視社会の恐れが強まります。

また、マイナンバーカードに健康保険証が統合されることによって国民一人ひとりの健康状態が把握しやすくなり、政府が戦争を画策した時に必要になる徴兵や徴用がしやすくなります。

マイナンバー違憲九州訴訟を福岡地裁に提起しています。
次回は、2月13日(月)13時半~ 
福岡地方裁判所301号法廷で開かれます。
傍聴人の数が少なからず裁判官の心証・判断に影響を与えますので、一人でも多くの方が傍聴に訪れてくださいますようお願いいたします。
文責 矢野勇雄

« 早良支部ニュース2017.1.26 | トップページ | 「2017年度教育と就学援助についての要望」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/69438679

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2017.2.2:

« 早良支部ニュース2017.1.26 | トップページ | 「2017年度教育と就学援助についての要望」 »