無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2016.8.25 | トップページ | 早良支部ニュース2016.9.8 »

2016年8月31日 (水)

早良支部ニュース2016.9.1

9/24 2016☆新婦人わいわい小組フェスタ

全班・小組がエンパワーメント&アクションで成功させましょう

フェスタに向けて仲間づくりを!
9月24日(土)13時半~16時
早良市民センター第1会議室

*カレンダー*
9/8(木)産直配達日
9/9(金)早良9条の会署名行動 旧プラリバ前 16:00~17:00

学校ウオッチングに参加しました チューリップ班 Yさん

 今年初めて、学校ウオッチングに参加させてもらいました。これは、「公共施設を考える会」のユニークな取り組みで、毎年恒例の行事です。
 夏休みに施設設備の点検を行い、改善箇所をまとめて教育委員会に要望するものです。学校側も、要望を出していても予算の関係で実現しないものも多くあり、この取り組みは歓迎されています。
 私は、早良区の入部小学校に行き、校舎内を見て回りました。記録係となりましたが、「のきてんのばくれつ」…? なんですの? 瞬時に漢字に変換できない専門用語も飛び交いまして、ひとつお利口になりました(笑)。
 ちなみに、のき(下)天(井のコンクリートの)爆裂。爆裂とは、中に入れている鉄筋がさびて膨張し、コンクリートを壊し、塗装が剥げたり膨れている状態のこと。子どもたちの健康被害も心配されます。
 何年か前に100周年記念を迎えた歴史ある小学校ですが校舎のどこそこが老朽化しているというより、全体が古く、地震があった時の耐震性も心配だと校長先生。校舎のすぐ横が崖となっていて、土砂災害警戒地域となっており、小学校自体は避難場所ですが、その場所とは、新校舎(とはいっても古いけれど)の3階への避難だとか。
 また、福岡市はエアコンの暖房は使用させず、ここはファンヒーター使用可能な学校ですが、わざわざ灯油を3階まで運んでいるとか。予算がないなどといって後回しにしていい問題ではないはずです。
 無駄な大型開発には湯水のようにお金を使うのに、子供たちがほぼ1日過ごす場所がこんなにも老朽化しているのに、「お金がない」。おかしな話です。

小組だよりコーナー チューリップ班「朗読小組」 Nさん

 朗読小組は現在9名で、チューリップ班・早良班・野芥班・大原班と班の枠を超えて活動しています。支部のイベントではよく駆り出されて詩や紙芝居などを紹介しているので、詩ばかり読んでいると思われがちですが、小組のときは、課題の本を決めて読んでいます。
 今は、浅田次郎の”日本の「運命」について語ろう”を読んでいます。それと、各自がその時々で気になった新聞記事や本を紹介したりしています。各自の紹介するものがそれぞれの個性があり、とても勉強になっています。1ヶ月に1回なので、おしゃべりもとても楽しく活動しています。

« 早良支部ニュース2016.8.25 | トップページ | 早良支部ニュース2016.9.8 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/67267621

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2016.9.1:

« 早良支部ニュース2016.8.25 | トップページ | 早良支部ニュース2016.9.8 »