無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2016.6.2 | トップページ | 早良支部ニュース2016.6.9 »

2016年6月 3日 (金)

熊本地震被災地に炊き出しの支援に行ってきました。

熊本地震被災地に炊き出しの支援に行ってきました。
~早良支部副支部長 Sさん~

 熊本県本部から「避難所の炊き出しをするので応援に来てほしい」と福岡県本部に要請があり、5月29日に3人(県本部、太宰府支部、早良支部)が行きました。
 熊本県本部の事務所に着くまでの様子は、テレビや新聞で見聞きするようにブルーシートがかかっている家屋が点々とあり、大雨の日や梅雨の時期は不安な毎日を過ごされると思うと胸が痛みました。

 炊き出しの準備に入る前に、会員さんたちとお話をすることができました。
○「今度の震災で『自助、共助、はるか遠くからやってくる公助』を実感し、新婦人からの支援物資やカンパにとても励まされています。これから先、避難所から仮設住宅などへ移動すると、今までとは別の支援物資が必要になると思います。息の長いご支援をお願いします」との言葉に、早良支部でも支援の輪を大きく広げたいと思いました。(今、各班から届けられたカンパは、県本部経由で中央本部(東京)へ送られ、先日、笠井喜美代新婦人会長が現地にお見舞いに訪れたときに、第1回目の全国からの震災募金として渡されています。(5/19号の1面))

○益城支部の支部長さんは、「益城を離れる会員さんが、このお見舞いに感動し転居先でも引き続き会員を続けることになりました。新婦人の全国ネットワークのすばらしさを実感しています」と語ってくださいました。
○また、別の会員さんは、「お見舞いの電話で『何を送ってほしい?』と聞かれるときは、『川内原発停止の原告になってほしい』とお願いしています」と。
各々の会員さんが、各々の思いを語られました。被災されても頑張っている会員さんたちに接し、炊き出し隊に参加した私のほうが励まされました。

 炊き出しは、中央区大江公民館の避難者100人への汁物(春雨入り中華スープ、味噌汁)の用意でした。
 5月26日までは三食、パン、ラーメン、おにぎりの何れかとソーセージ、缶詰、野菜ジュース等がつく程度で、やっと2日前から夕食のみ弁当が配られるようになったそうで、温かい汁物はたいそう喜ばれました。
 ここに避難している方は高齢者がほとんどで、次の住処を探しているが見つからないと不安でいっぱいの方ばかりでした。

 5月26日・27日のサミット(G7)では、最大級のおもてなしをして喜ばれたと報道されていました。そのおもてなしの心を、震災被害者の方にも向けてほしいと願いながら帰途につきました。

« 早良支部ニュース2016.6.2 | トップページ | 早良支部ニュース2016.6.9 »

新婦人早良支部」カテゴリの記事

コメント

マイナンバー違憲訴訟九州のホームページを公開しました。
URL
http://mynumbersoshoukyushu.life.coocan.jp

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/65827647

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震被災地に炊き出しの支援に行ってきました。:

« 早良支部ニュース2016.6.2 | トップページ | 早良支部ニュース2016.6.9 »