無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

早良支部ニュース2016.3.31

広げよう2000万署名☆新婦人70万人達成!
集め手増やし「100万人必ず」と訴えて

☆新日本婦人の会は27日、第167回中央委員会総会を開きました。多彩な行動をいっそう発展させ運動と仲間づくりの前進を呼びかけるとともに、間近に迫った国政選挙で野党統一候補の勝利に向けて全力を挙げる議案を提案し討論しました。
☆議案を提案したT事務局長は、「戦争法廃止」「野党は共闘」「2000万人署名達成を」など、全国に広がる市民の声と共同が野党共闘を実現させたと指摘し、「自公」対「野党5党プラス市民・国民」のたたかいとなる参院選の勝利は、国民の声が届く政治を取り戻す歴史的チャンスと強調しました。そして、各地で取り組んできたレッドアクションとともに2000万署名を推進し、現在100万人の目標に対して69万7000人を達成したことを明らかにしました。
☆「女性と若者が動くときに歴史は変わる」とのべ、衆議院北海道5区補欠選挙、参議院選挙1人区で野党統一候補の勝利を目指して会を挙げて取り組むことを提起しました。
☆激動する情勢の中で仲間づくりの可能性をつかみ、つながりと要求を大切にした活動の前進を強調。カフェや小組体験会、チラシ作戦など、行動を具体化して選挙の中での仲間づくりの前進を訴えました。

「戦争法廃止!総がかり行動早良区ネット」がパレードと街頭署名で訴え

 26日、早良区役所前でミニ集会を行った後、約40人が横断幕やのぼり、「戦争法廃止」「安倍政治は許さない」のプラカードを手に商店街をコールしながらパレードしました。「頑張ってください」と声をかけてくれる方、拳をあげて応えてくれる方、商店から手を振ってくれる方などに励まされました。
 パレードの終点である旧プラリバ前での街頭署名では、1時間で125人の署名が寄せられました。「僕は戦争は嫌いです」(中学1年生)、「私は戦争を経験しました。戦争で人生や暮らしがどんなに壊されるか。私もマイクで訴えたい」(88歳の女性)。「署名で安倍首相を変えられるならなんぼでもする」(60代男性)など怒りを込めて署名してくれました。

僕らの未来に戦争いらない☆全国の高校生が渋谷デモ

 27日、「平和な未来を紡ぐ高校生の会」が呼びかけた集会に300人が参加。北海道から九州までの高校生が一緒に渋谷のセンター街をデモを行いました。「私にも政治にかかわる自由があります。私たちも主権者です」「憲法が無視されている。今の政治を変えたい」とスピーチし、「安保法制(戦争法)絶対反対」「うちらの未来に戦争いらない」「選挙に行こうよ」とコールしました。

*カレンダー*
4/1(金)「この貧困大国で消費税10%なんてとんでもない 4・1新婦人いっせいアクション」 天神パルコ前 12:15~13:15
4/9(土)「早良9条の会」署名行動 テングッド前 16時~17時
産直 4月8日 お米 野菜配達日

2016年3月23日 (水)

早良支部ニュース2016.3.24

第13回新婦人早良支部大会、全班が力を合わせて成功!

全班が運動でも仲間づくりでも大会決定実践へスタートし、新たな前進を切り拓いていきましょう!!

 3月19日、早良市民センターで「第13新婦人早良支部大会」が、開催され、代議員の出席は30人中28人、支部委員の出席は17人、傍聴は2人でした。各班の絵手紙小組、新聞ちぎり絵小組、茶花小組、布ぞうり小組、編み物小組が展示され、会場全体がまさに”春”のような温かさに包まれました。
 全班の活動、他団体と共同の運動15人が発言。共感の拍手、笑いや涙いっぱいに、草の根の新婦人の魅力が語られ、未来を切り開く展望を示す大会となりました。

「報道ステーション」古館伊知郎キャスターに激励の言葉を送りましょう。
☆早良支部大会で、3/18放送のニュースステーションで「ワイマール憲法特集」の報道を見られた会員さんからの提案が、全員の賛同で決まりました。
☆立憲主義・国民主権を基本とした「ワイマール憲法」をもったドイツで、なぜナチス党のヒトラーが独裁政権をつくれたのか?その手口を、ドイツで取材し、当時の映像も使って報道してくれた古館キャスターに激励や感謝の言葉を送ります。
☆まず、早良支部大会の名ですぐに送ります。
☆3/18の「報道ステーション」を録画している早良班の会員さんが貸し出してくださいます。班・小組でも、一緒に見てみませんか。そして激励の言葉を送りましょう。
《送り先》〒106-8001 東京都港区六本松6-9-1(株)テレビ朝日

仲間が増えました 
チューリップ班 3月20日の「さよなら安倍政治、戦争法を廃止し、「いのちとくらしを守る福岡県民大集会」に参加したKさん。元職場の方とばったり再会、その場でしんぶんの読者になってもらいました。

*カレンダー*
3/26(土)「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動早良区ネット」署名行動 早良区役所まえ集合行進 14時~16時
3/27(日)就学援助学習会 あいれふココロンセンター 13:30~
4/1(金)「この貧困大国で消費税10%なんてとんでもない 4・1新婦人いっせいアクション」 天神パルコ前 12:15~13:15
4/9(土)
「早良9条の会」署名行動 テングッド前 16時~17時

2016年3月16日 (水)

早良支部ニュース2016.3.17

主権者は私☆渡された平和のバトンを離さずに
国連NGOの新婦人を知らせ、仲間を迎えましょう

女性参政権と新婦人

 初めての一票 日本の女性が国政選挙で参政権を初めて行使したのは1946年4月10日の第22回総選挙です。3月、日本国憲法草案が発表され、女性たちは戦争と封建の圧政から解き放たれる喜びを胸に、主権者としての一票を投じました。戦前からの女性参政権獲得運動の苦難の歩みを経て、前年12月15日、衆議院議員選挙法改正案が可決、成立し(17日公布)、ようやく20歳以上の男女が平等な選挙権(被選挙権は25歳以上)を獲得したのです。初の女性投票率は、当初の棄権多数ではとの危惧を覆し、56.97%でした。

新婦人の誕生の意義 同時に見ておかなければならないのは、獲得した権利を自らのものとし、真の主権者となるには、女性たち自身の幾多のたたかいと運動への参加を経なければならなかったことです。(略)

 このなかで、1962年、新日本婦人の会が結成され、半世紀を超えて活動を積み重ねていることは、日本の女性の政治的成長を高めるうえで大きな意義を持つものでした。
女性のあらゆる要求をまとめた「五つの目的」を掲げ、保育所作りや医療費無料化など数々の要求で国や地方自治体に働きかけ、実現するとともに、憲法で保障された思想信条、政治活動の自由を保障し、要求と政治や政党について語り合うことを「エチケット」して広げてきました。新婦人は、女性の要求実現で全国一つにつながって運動、自らエンパワーメントし国際的視野を持ち、さらに2020年に向かって若い世代と並走し20万人30万部かならずと仲間を広げ、今、安倍政権は直ちに退陣、戦争法廃止の政府を求めて元気に活動しています。「新婦人ってすごい!」(第27回全国大会決定)と改めて深い確信を持つことができます。

参政権行使70年、女性の1票で戦争法廃止の新しい政府を
(新婦人中央本部訴えから抜粋) 「女性&運動」3月号

*カレンダー*
3/17(木)新婦人反核女子部九電前行動 18時~19時
3/18(金)映画 15歳の夏 早良市民センター ①14:30 ②19:00
3/19(土)第13回早良支部大会
3/20(日)2016福岡県民大集会 13時~ 冷泉公園

「Give Peace A Chance 未来を選び取る」

 安保法制(戦争法)の廃止を求め、市民と野党が協力して安倍政権を倒そうと13日、学者と学生が東京・新宿駅前で「Give Peace A Chance~未来を選び取る新宿駅東口宣伝~」をおこない、3500人が駅前を埋めつくしました。9人がスピーチしました。

☆「わたしたちの声が変える」ママの会 西郷南海子さん
原発事故の恐ろしさが薄れていることを恐ろしく思います。すぐそこで世界最悪レベルのことが起きているのに、安倍政権は五輪のスタジアムに何百億円もつぎ込み、人が生きることを馬鹿にしているとしか思えません。
安倍首相は「原発は完全にコントロールされている」と言いました。妄想の中で見たいものだけを見て、現実に目を背け続ける政権はもういりません。高浜原発3,4号機の運転差し止めを大津地裁が命じました。私たちの声には、原発を止め社会を変える力がある。いい人が絶望させられる世の中は、もう終わりにしましょう。

☆「野党合意固いものに」学者の会 横湯園子さん
今76歳です。あの太平洋戦争を経験しました。父は文学青年でしたが、戦争に反対して治安維持法違反で逮捕され、獄中で結核にかかり、仮保釈中に亡くなりました。私が1歳7か月の時です。秘密保護法の制定、集団的自衛権の閣議決定を見て、「戦争を経験し貧困に苦しんだ私は何が何でも戦争は防がなくてはいけない」と思って学者の会、「女の平和」の呼びかけに加わりました。
命と心の安定のために戦い抜きたい。私たちが戦い抜くことで野党合意がさらに固いものになるのではないでしょうか。

☆「野党共闘を後押し」 シールズ 奥田愛基さん
1年前には想像もできなかった野党共闘ができています。それは私たち一人ひとりの市民が野党共闘を望み、後押ししてきたからです。
投票に行くだけでなく、選挙に参加しよう。僕たちの押しているのは野党共闘の候補者だといいたい。全国でそれができたときに、今までにない力が生まれてくると思う。

2016年3月 9日 (水)

早良支部ニュース2016.3.10

女性緊急アピール
「戦争法(安保法制)廃止、野党は共闘、女性は憲法9条を守ることを求めます


 先週の「新婦人しんぶん」が特集した女性緊急アピールは圧巻でした!
「一人ひとりが自分の居場所から声をあげよう、未来のために平和を紡いでいくことをあきらめない」と、さまざまな分野で活躍する女性たち2人が1面と8面の見開きで登場、それぞれの思いを込めた訴えに、「私も同じ」と心を揺さぶられた方が多かったのではないでしょうか。
 歴史を切り拓く大激動のなかで、新婦人早良支部は「第13回早良支部大会」を3月19日に開催します。全班が”発信&行動”で仲間を迎えて代議員を送り出しましょう。

星の原班 いつものように、熱いお茶とおにぎりやパンで班会

 班から8名、支部から2名の参加を得て、いつものように、熱いお茶とおにぎりやパンではじまりました。それぞれにいろんな話題がありましたが、特に一番の関心事の戦争法の話が大きく取り上げられました。”どの子も殺させない”のスローガンで頑張っているママの会のことなど話され、今私たち母親ができることは、いろんな団体、個人とつながって4月30日までに、全国で2200万筆の戦争法廃止のための署名を集めること。そのためには、新婦人早良支部で3740筆、星の原班で108筆、1人当たり10筆(署名用紙2枚)。みんなで頑張って集めようと、決意を新たにしました。次回の班会までに達成できますように!ちなみに、次回の班会は4月18日です。
(星の原班ニュース3月号から)

2000万署名
こうして集めています。原班では…

・Tさんは、デイサービスに行ったとき、施設の職員さんから20筆を集めました。
・Iさんは、川柳サークルで25筆集めました。
・Kさんは、街頭署名に参加して集めています。
*原班の目標は、140筆ですが100筆は間近です。
春です。班で全戸訪問も計画してみませんか

班で支部でやってみよう
いろいろカフェ


カフェってなあに?
お茶とお菓子でほっこりしながら、やりたいこと、関心あることで集まっておしゃべり、小組づくりや運動につなげていくための、「プチ学習&たっぷりおしゃべりタイム」です。

*カレンダー*
3/9(水)9条の会と署名行動 15時~16時
3/11(金)重税反対集会 9時~ ももち中央公園 
       ・NoNukes宣伝行動 12:40~14:45
3/17(木)新婦人反核女子部九電前行動 18時~19時
3/18(金)映画 15歳の夏 早良市民センター ①14:30 ②19:00

2016年3月 2日 (水)

早良支部ニュース2016.3.3

第13回早良支部大会議案書を会員のみなさんにお届けします
班会でも読み合せておしゃべりしましょう。

*カレンダー*
3/2(水)就学援助基準額対市懇談 13:30集会(市議会棟7F)
3/5(土)映画(あん)上映 中央市民センター11時~ 14時~
3/6(日)国際女性デー 天神ビル11F9号(¥500)
3/9(水)九条の会署名行動 テングッド前 15時~16時

日本の未来に希望もてた 作家、僧侶  瀬戸内寂聴さん

 野党が「戦争法廃止」で一致して、選挙協力することになって、本当によかったと思います。とてもうれしい。「戦争法」に反対する人は、国民の中では多数です。道は野党共闘しかない。それから、近頃若い人たちがいいですね。
2月21日には、全国で高校生が立ち上がりましたね。未来は若者のものです。
こういう時、野党が団結したことは歴史的意味がある。日本の未来に悲観的になっていた93歳の私も、希望が持てるようになってきました。

マイナンバーがやってくる。⑱

2月20日、福岡市地裁裏手にある弁護士会館で、約30人の参加を得て、「マイナンバー違憲訴訟準備会」が開かれました。
講演した日弁連情報問題対策委員長の坂本団(まどか)弁護士が「マイナンバー制度では民間利用も進められ、個人の資産情報や医療情報などプライバシーが侵害される」と強調。「番号制を導入している米国や韓国では、なりすまし問題が深刻だ」と不正利用のリスクを指摘しました。
この後、訴訟説明会が行われ、原告予定者2名が「なぜ原告になろうと考えたか、その理由を話しました」

マイナンバー制度をめぐり、全国の弁護士や市民など約150人が昨年12月、プライバシー権を侵害するとして、国にマイナンバーの利用差し止めを求める訴えを起こしています。
福岡では、3月24日、福岡地裁に「マイナンバー制度違憲訴訟」を提訴する予定です。

この裁判に参加される方を募集しています。
一次提訴の原告募集締め切りは3月18日です。
問合せ先:あおぞら法律事務所(092-721-1425)井上弁護士

2015年10月から書きついできた、「マイナンバーがやってくる」ですが今回で一区切り付けることにしました。
ご愛読ありがとうございました。 矢野勇雄

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »