無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月24日 (水)

早良支部ニュース2016.2.25

戦争法(安保法制)廃止!野党は共闘!世論と運動が大きな力に
5野党党首が「戦争法廃止」や国政での選挙協力で合意!

 戦争法の強行採決から5ヶ月となった2月19日、野党5党首(日本共産党の志位委員長、民主党の岡田代表、維新の党の松野代表、社民党の吉田代表、生活の党の小沢代表)が会談し、「安保法制(戦争法)の廃止」や国政選挙で協力を行うことなど4項目で合意しました。また、野党5党首は同日、「戦争法廃止法案」を国会に提出しました。

たくさんの方が歓迎の声をあげています。
☆「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」奥田愛基さん
「やっとここまで来ました。みんなが国会前に集まって声をあげたり、街頭宣伝に野党の皆さんを呼んで「野党は共闘」の光景をつくってきたりしたことは無駄ではなかった。本当にうれしい。政党の皆さんが応えてくれたので、今度は僕たちが動く番だと思っています。これからも頑張ります」
☆「安保関連法に反対するママの会」発起人 西郷南海子さん
 あの9月19日から秋が終わり、冬が過ぎ、もう春になろうとしています。
鉄は熱いうちに打てというのに、野党共闘の膠着状況は、たくさんのママを不安にさせました。それでも、野党の接着剤になれるのは市民だと信じて、ママの会でも各地のメンバーが駆けずり回ってきました。今回やっと、話が公式にまとまったことは、素直に嬉しいし、当然といえば当然です。”アベ政治を許していては、もう生きてはいけない”という声を国会にぶつけていきたい。

*カレンダー*
2/25(木)「レッドアクション」 署名行動 テングッド15時~16時
3/2(水)就学援助基準額対市懇談 13:30集合市議会棟7F

小組体験会カフェ 就学援助制度をチラシで知らせ
全班が仲間を迎えて「第13回新婦人早良支部大会」成功へ!

憲法26条
すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女の普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育はこれを無償とする。

就学援助第一次申請のお知らせ
3月27日(日)13時~
ココロンセンター (中央区舞鶴のあいれふ内)
バス停:法務局前か赤坂門。

マイナンバーがやってくる。⑰

今年から運用が始まったマイナンバー制度
国が国民を監視する体制が整備され、自由が国により奪われそうになっています。
昨年には全国5地裁でマイナンバー違憲訴訟が提起されました。
マイナンバー制度の問題点を改めて考え、福岡からも違憲の声をあげましょう。
国は、国民にマイナンバーという名前の12桁の番号をつけ、ICを封入した番号カードと情報提供ネットワークシステムを利用して国民を監視しようとしています。
憲法の13条により、国民はプライバシー権を保障されています。
プライバシー権は、現代の高度な情報化社会では「自己情報コントロール権」として保障されなければなりません。
自己の個人情報が、収集・保存・利用・提供される各場面において、事前にその目的を示され、収集・利用等について、同意を行うことによって、自己のプライバシーを守る権利が「自己情報コントロール権」です。
国は、マイナンバー制度によって、憲法の13条に保障された「自己情報コントロール権」を侵そうとしています。

この憲法13条によって保障された権利を守るため、3月下旬、福岡地裁に「マイナンバー制度違憲訴訟」を提訴することになりました。
この裁判に参加される方を募集しています。
一次提訴の原告募集締め切りは3月18日です。
問合せ先:あおぞら法律事務所(092-721-1425)井上弁護士

2月19日署名行動しました。「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動 早良区ネットワーク」祖原・テングッド 17名参加 80筆 (次回は3月19日です)

2016年2月17日 (水)

早良支部ニュース2016.2.18

戦争法廃止へ2000万人署名達成を!
アベ政治を許せない!どうなってるの?安倍首相の任命責任


甘利経済再生担当大臣・辞任してもカネで建設業者の便宜を図った「あっせん利得罪」の疑いを持たれています。
高市早苗総務大臣・8日の衆院予算委員会で、「放送法4条を守らない放送局の電波を電波法76条に基づいて止めることは可能だ」と発言。憲法9条改正に反対する見解を繰り返した場合も電波停止の可能性があることを否定せず。*放送法4条=放送局が守るべき準則を定めたもの(憲法21条の表現の自由に基づいて、報道機関に権力は介入してはならないということでつくられた)
①公安及び善良な風俗を害しないこと②政治的に公平であること③報道は事実を曲げないですること④意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
*放送法75条=放送局が放送法に違反したときは電波を止めることができる。(これまで停波した例はない)

ガトーショコラのレシピ(18㎝丸型)
(材料)
・ホットケーキミックス粉 50g ・純ココア 50g ・卵 3個
・砂糖 120g ・バター 60g(レンジで溶かす)
・牛乳か生クリーム 70cc(人肌に温める) ・飾り用に溶けない粉砂糖(あれば)
(作り方)
①卵は卵白、卵黄に分ける
②卵黄に砂糖2/3を入れ、白っぽくマヨネーズ位になるまで泡立てる。溶かしバターと牛乳を入れ、そのつどよく混ぜる。
③卵白のボールに残りの砂糖を2回にこない位泡立てる。
④オーブンを170度・40分余熱にセットする。
⑤泡立てた卵白の1/3を卵黄の中に入れ、泡たて器でムラなく混ぜる。残りの卵白を入れ、ゴムベラで底からよく混ぜ、型に流しいれ、170度40分で焼く。途中焦げ目がついてきたらホイルをかぶせる。
⑥型ごとさまし、好みで切り分けてから粉砂糖を茶こしでふるう。
(チューリップ班 Tさん)

マイナンバーがやってくる。⑯

今回はマイナンバー制度が参考にしたというアメリカの番号制度(社会保障番号)の実態についてお話したいと思います。
アメリカの番号制度(社会保障番号)は1938年に始まり、9桁の番号で構成されています。
この制度が始まったころは、14歳前後までは社会保障番号を持つことはなかったのですが、1986年以降は、出生と同時に社会保障番号が割り当てられるようになりました。
アメリカの人たちは子どもの時から社会保障番号を利用しています。
病院にかかるときや、学校の学籍番号としても利用されています。
これは大人になっても同様で、銀行口座の開設や、クレジットカードの発行も社会保障番号を伝えるだけで本人確認が成立しています。
写真付きの身分証明書の提示が求められることはありません。
このために、なりすましによる被害が多数発生しています。
アメリカでは年間1700万人が社会保障番号を大きな原因とするなりすましの犯罪に巻き込まれているそうです。
その被害額はおよそ1兆8千億円に上るといわれています。
他人の社会保障番号を知った人がクレジットカードの申請をして利用し、該当する社会保障番号の持ち主はクレジット会社から請求が来て初めて盗難を知るというケースが後を絶ちません。
お金の被害以外にも、クレジットを乱用されたために、信用の格付けが下がってしまい、住宅ローンが組めなくなった事例もあります。
日本のマイナンバーはこのような使い方はできないことになっています。
しかし、アメリカの社会保障番号も元々は社会保障分野のための制度だったのですが利用目的が拡大されていったのです。
日本のマイナンバーも、その役割が順次拡大されていく予定です。

文責 矢野

*カレンダー*
2/19(金)2/19(金)戦争させるな!9条こわすな!総がかり行動早良区ネット 署名行動 15時~16時 西新テングッド
2/20(土)市民の会総会13時~天神アクロス607号室
       ・NHKを考える福岡の会 14時~16時 中央市民センター
       ・マイナンバー制度を考える 14時~16時 弁護士会館3F
2/25(木)新婦人早良レッドアクション 2000万署名行動15時~16時 テングッド

2016年2月10日 (水)

早良支部ニュース2016.2.11

「3・19 第13回早良支部大会」成功へ
全班がチラシでアピールし、2000万署名でレッドアクションを

戦争法廃止!全国2000万署名
☆班で署名の目標を決めましょう
早良支部3,740筆へGOGO!
2/4現在 685

マイナンバーがやってくる。⑮

今回は個人番号カードで、公的個人認証サービスが使われることの危険性について書きたいと思います。

政府は、個人番号カードの民間利用を次のように想定しています。
・ショッピング、バンキング、証券取引のオンライン認証(2016年)
・キャッシュカード、クレジットカードなどとの一体化(2017年)
・興行チケットや携帯電話SIMカードの本人確認販売(2017年)
・健康保険の資格確認(2018年4月めど)
・おくすり手帳(2018年)
・各種資格証明:医師、教員、運転免許、学歴証明(2018年)
これらすべてに前回の「マイナンバーがやってくる」で書いた公的個人認証サービスが使われています。
個人番号カードを使って、民間企業が提供するサービスを利用すると個人を識別する情報がその都度、民間企業に伝わります。
また、民間企業は伝えられた個人情報が有効であるか、これもその都度、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に確認の手続きを取ります。
こうして、個人番号カードの所有者(J-LISはもちろん誰であるか知っています)がいつ、どの民間企業のサービスを利用したかという情報が地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に蓄積していきます。
政府は民間利用をどんどん拡大していくつもりのようですので、ますます、多彩でたくさんの国民の行動履歴が蓄積されていくでしょう。
政府はこの大量のデータをどう利用しようと考えているのでしょうか。
政府に任せておいても大丈夫でしょうか。
国民にとって大変危険な事態が迫ってきていると考えられます。
文責 矢野

*カレンダー*
2/14(日)アベ政治を許さない 集会 13:30~ 国際会議場
2/16(火)西地区母親大会 糸島
2/19(金)戦争させるな!9条こわすな!早良区ネット 署名行動 15時~16時 西新テングッド

「地域に子どもの場所をつくる会」が福岡市議会、第2委員会で、2月1日に口頭陳述をしました。
陳述者 チューリップ班 Tさん

本日は、おいそがしいところ、私たちのためにお時間をつくっていただきありがとうございます。

 私たちは、「地域に子どもの場所をつくる会」と申します。地下鉄七隈線の整備に伴い、野芥駅周辺に地域交流センターができると聞いたのがきっかけで、市の税金を使って作るなら不足している子どもたちの居場所をつくってほしいと会を立ち上げ活動していました。12年前のことです。

 きっかけは、子育てサークルの仲間で「雨の日に遊べる場所がないよね」という話からでした。東京で育った友人も、「福岡市には児童館がないけどあれはとてもよかった」というので調べるうちに、福岡市には1か所しか児童館もなく、そのかわりに公民館が大きな家族ですと市の説明を受けましたが、実態は「あれにさわったらだめ、ここではだめ」などと、乳幼児連れが自由に使えるには程遠いものでした。

 そうした活動をしていると見えてきた問題がありました。それは、中高生の居場所はもっとなかったということでした。「文化祭の練習を公園でしていたら、通報された。」「お金をかけずに集まるとしたらカラオケボックス」。当時もそんな声を子どもたちから聞きました。

 この12年で何か変わったかといえば。・・・ますます子供たちの居場所はなくなり社会的な背景も厳しくなりました。経済的な貧困も深刻なことは皆さんもご存知の通りです。さらに追い打ちをかけているのが、人との関係の貧困さです。

 他者との関係を通して自分を確立していくときに、学校にも、家庭にも、自分の居場所を確立できない子どもの存在があります。放課後に塾や部活動などで忙しくしている子も多いけれど、自主活動の機会は少なく、そもそも、塾や部活動に居場所を見つけられない子供もたくさんいます。

 子どもの権利条約は、休息や遊びを子どもの権利とうたっています。ところが今の日本は「子供の仕事は勉強」と、休息、遊びや文化が隅に押しやられていないでしょうか。

 福岡市でも公設の中高生の居場所はありますが、大橋に月に1度の開所のみ、そして、若者事業補助金があるのみです。他都市では、インターネットを見れば、札幌市では101ヶ所、そして昨年4月には人口22万人の文京区でも区青少年プラザが誕生して注目を集めています。平日でも30人、土日祭日は100人の来館とのことです。
 実際に現地で話を聞きました。「困ることはなんですか」の問いに、「スタッフと話したいと来てくれる子どもたちが多すぎて、すべての子どもたちとゆっくり話すことができない日があるのが申し訳ない」とのことでした。

私たちの要求は、居場所の配置と共に、専門の職員の配置も上げています。
子どもたちと寄り添って伴走してくれる存在が必要です。
そしてそれは、補助金のようなボランティアがメインではなく、自治体が責任を持って運営してもらいたい。
ボランティアが悪いといっているわけではありません。それが主になると息切れしてしまうのです。

「子供の最善の利益」を考慮して、子どもの「人格の完全かつ調和のとれた発達」のために不可欠である子どもの権利が、あらゆる場で実現されることを求め、地域交流センターに子どもの居場所を設けることを強く求めます。

こども未来局のみなさん、福岡市の未来の子どもたちのために、ぜひ前向きに検討してください。
議員のみなさん、ぜひ、私たちのささやかで大切な願いの後押しをお願いいたします。
最後までのご清聴ありがとうございました。

※早良支部も、この会に賛同し、署名に取り組んでいます。

2016年2月 3日 (水)

早良支部ニュース2016.2.4

大激動の2016年
平和と要求実現の新婦人の役割発揮を

新日本婦人の会会長 笠井喜美代

 大激動の幕開け、新婦人の「五つの目的」が切実に迫り、身が引き締まる思いです。歴史の転換点にふさわしく元気に頑張り、新たな前進をともにひらきましょう。
 今年は年明けから、夏の参議院選挙を焦点に政治の大激戦となります。戦争法廃止の政府と野党共闘を求めながら、私たちの切実な要求や運動で「つながって、声を上げ、変えよう」と政党や政治を動かしていく歴史的なたたかいの年です。まさに平和と要求実現の新婦人の出番です。新婦人を大きくするために意気高くスタートしましょう。

1/23付の西日本新聞に、「がんと闘い、描いた『生』」-西区のNさん天神で仲間と絵画展ーという見出しで、チューリップ班のNさんのことが大きく掲載されました。同じ班のYさんが絵画展に行ったときの思いを寄せてくれましたので紹介します。
☆階段を上がると4枚の絵があった。未来へのメッセージとある。『私たちは、人として母として、平和で心豊かな社会を望んでいます』どっと涙が出た。
尊敬する大好きなS子さんが、がんに倒れたと聞いたのは秋頃、お見舞いにも行けず、気になりながらいた矢先、「絵心草展」開催のはがきが届いた。
画廊を訪れるとS子さんがいた。まさかいるとは思わず、言葉を探していると、S子さんから「見て見て!」とメッセージの絵を見せてもらった。「これからもこのコーナーは作っていこうと思う」という彼女に、この人は自分の生き死にの時でさも、子どもたちのこと、平和のことを思うのだと、なんだか泣けたのだ。目に見えるものに価値を見るのではなく、人生を丁寧に生きたい。
もやもやっとした私の気持ちが、言葉を持つことで明確になったのだ。
~天神村岡屋ギャラリーにて Yさん~

マイナンバーがやってくる。⑭

今回は公的個人認証サービスについて解説します
公的個人認証サービスは住民基本台帳カード(住基カード)に組み込まれる形で、2004年1月に始まりました。
しかし、利用範囲は行政サービスに限られていたので、利用範囲の開拓はあまり進みませんでした。個人向け用途では、国税電子申告・納税システム(e-Tax) の確定申告用に使われただけでした。公的個人認証サービスに利用する電子証明書の発行は、2014年末時点で約288万件にすぎません。

今回、個人番号カード(マイナンバーカード)で利用できるようになる公的個人認証サービスには民間開放に合わせて、多彩な機能が追加されています。
氏名や住所などの身元を証明するネットワークを利用した身元確認から、ユーザー名/パスワードの組み合わせを使わずにコンピュータやインターネットを利用できるようにするログイン認証、住所変更の有無のチェック、年齢判定の機能まであります。
個人番号カードの保有者は、1台2000円ほどのカードリーダー端末を自分のPCにつなげるか、あるいは公的機関や民間企業の窓口に設置されたカードリーダー端末を通じて、これらの公的個人認証サービスを利用できます。

公的個人認証サービスは、オンラインで個人をほぼ一意に特定できる点で、極めて強力なものです。利用者にとっては、認証に使われる様々なもの、例えば印章や運転免許証、保険証などを持ち歩かずに済むようになります。

ただし、個人番号カード保有者にとっては、用途ごとに設定した4種類の暗証番号を使い分けられるか、個人番号カードを利用する際に「どのサービスを使っているか」を認識できるかなど、多目的カードならではの難しさに直面することになります。
文責 矢野

*カレンダー*
2/6(土)玄海原発原告集会 国際センター 11:30出店 12:30集会
2/9(火)早良9条の会 署名行動 テングッドシティ西新 15時~16時
2/9(火)産直配達日
2/16(火)西地区母親大会 「参勤交代いまむかし」
2/17(水)反核女子部 九電前行動 18時~19時
2/19(金)総がかり行動早良区ネット テングッドシティ西新 15時~16時

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »