無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

早良支部ニュース2015.11.26

憲法守り、未来へつなぐ新婦人
全国大会成功に続き、第30回福岡県本部大会の成功を!!

早良支部は、全国大会に向けて「平和の新婦人を大きく」と仲間づくりで大奮闘!全班が仲間を迎え、読者数で前回大会時を上回ることができました。
 引き続き、福岡県本部大会(12月6日)の成功に向けて、「戦争する国にさせない」の思いを一つに、全班で仲間を迎えましょう。

*カレンダー*
11/28(土)早良・チューリップ班 マイナンバーカフェ 14時~16時 内野まちづくり館
12/5(土)14時~ 共謀罪・学習会 (県弁護士会主催)弁護士会館
12/6(日)県本部大会
12/8(火)産直配達日

学習会
『公民館って誰のもの?』

12月2日(水) 10時~11時半
中山市議事務所(飯倉) 講師 中山いくみ市議
早良支部主催

☆憲法の理念 諦めない

シールズ関西・大学2年生 斉藤さん(19)

 安倍首相にとっては、武力を持って世界中の戦争に加担することのできる社会が理想の社会なのかもしれません。そんな社会を憲法を壊して議会のルールも無視して自分が強引に達成させることで歴史に名前を残したいのかもしれません。しかし、70年間かけて名前の残ることのない人々が平和で自由で民主的な社会の実現に向けて歩んできた長い道のりに思いをはせるとき、その尊い道がたった一人の権力者の利己的な理由によって遮断されることがあってはいけないと思います。
 私たちはたくさんの犠牲の上に得た日本国憲法を、まだ完全に達成したとはいえないその理念をあきらめることができませんこの腐敗した政治を見て絶望を感じながらも理想を掲げることをやめてはいけないし、命ある限り理想の実現に前進する努力をあきらめません。
(10月18日SEALDsが呼びかけた「安保法制に反対する渋谷街宣」のスピーチ)

マイナンバーがやってくる。⑦

マイナンバーと個人の生活とのかかわりについての3回目です。

 大学受験の際には、もちろん受験番号で管理されることになりますが、大学においても大学入試センターにおいても、受験番号と個人番号はリンクされません。
大学入学後は、学籍番号等で管理されることになりますが、個人番号は使用されません。
 一方、矢野勇雄(仮名)がアルバイトをするのなら、アルバイト先に個人番号を提示する必要があります。
例えば、雑誌記事を書いて原稿料をもらうような場合には、その出版社に個人番号を提示する必要がありますし、ペンネームで書いても勇雄の個人番号を提示することになります。
すなわち、給料や報酬を受け取る際には、相手に個人番号を提示する必要があるということです。
したがって、就職する際には、就職先に個人番号を提示することになります。

成人した矢野勇雄(仮名)は、タバコを購入するかもしれないが、TASPOと個人番号はリンクされません。
衆議院や参議院の議員を選ぶ選挙や地方自治体の首長や議員を選ぶ選挙で投票に行く場合も、個人番号は使われません。
クレジットカードを作る場合も、個人番号とはリンクされません。
株取引をする場合には、取引口座を開設する際に証券会社に個人番号を提示する必要があります。
一般の銀行口座は2018年から任意で個人番号とリンクされるようになり、2020年からは個人番号と強制的にリンクされることになります。

文責 矢野

☆11月28日(土)14時~「マイナンバーカフェ」内野町づくり館
”マイナンバーがやってくる”を連載していただいている矢野さんが講師です。

2015年11月18日 (水)

早良支部ニュース2015.11.19

新婦人全国大会終わる☆”新婦人5つの目的”がいま輝いて!
女性の力で民主主義を取り戻そう!☆要求あるところに新婦人あり!

*カレンダー*
11/18(水)原班 健康カフェ 14:00~15:30 原公民館
11/19(木)反核女子部九電前行動 18時~19時
11/28(土)早良・チューリップ班 マイナンバーカフェ 14時~16時 内野まちづくり館

☆初めてのフルマラソンで感激「完走」
 チューリップ班 Oさん
初めてのフルマラソンでしたが、皆さんの歓声があたたかくて、励まされたマラソンでした。ボランティアの方々に感動をありがとうと声をかけてもらった時、ほんとに嬉しく、頑張ることができ、福岡は素敵な町だと思いました。
次回は記録の更新をめざして走りたいです。
なんか、頑張ればできるんだと思い生活にも張りが出てきました!

マイナンバーがやってくる。⑥

マイナンバーと個人の生活とのかかわりについての2回目です。

 矢野勇雄(仮名)を保育所に入れる際、勇雄の個人番号が必要になります。
一方、幼稚園に入れる際には個人番号は使われません。
小学校の就学通知書にも個人番号は使われず、小学校では出席番号や学籍番号で管理されます。
これは中学校でも同様です。
高校受験の際には、もちろん受験番号で管理されます。
すなわち、学校などでは個人番号は使われず、したがって学歴や成績と個人番号はリンクされません。
唯一の例外が奨学金の申請で、これに限っては個人番号を学校に提示することになるでしょう。

 矢野勇雄(仮名)の銀行口座を開設する際にも、個人番号は使われません。法律の変更が議論されているようですのでこの辺りは変わるかもしれません。
生命保険に加入するかもしれませんが、そこでも個人番号は使われません。
パスポートを取得する際にも個人番号は使われないし、パスポート番号と個人番号はリンクされません。
運転免許証を取得する際にも、個人番号は使われないし、免許証番号と個人番号はリンクされません。
もちろん、交通違反の記録も個人番号とはリンクされません。
もし、裁判を受けるようなことになった場合にも、裁判所は個人番号を使わないので、裁判記録あるいは「前科」といったものも、個人番号とはリンクされません。

文責 矢野勇雄

☆11月28日(土)14時~「マイナンバーカフェ」内野町づくり館
”マイナンバーがやってくる”を連載していただいている矢野さんが講師です。

2015年11月11日 (水)

早良支部ニュース2015.11.12

第27回全国大会(14日・15日)までラストスパート!
仲間を増やして、Y代議員を送りましょう

☆仲間づくり奮闘中です!
南庄班 13日にTさん宅で班会をして、元会員さんを訪問する予定です。
室住班(会員1人、読者2人)読者の方が会員に、Iさんが、職場の同僚を読者に、Hさんがギター教室の先生に「下流老人」の記事が載っているしんぶんを渡して読者になってもらいました。
星の原班(会員1人) 老人会の役員をしているIさんが、スポーツ大会で一緒に後片付けをしていた元会員さんに、全国大会のことを話して入会してもらいました。
チューリップ班(会員2人、読者2人) Nさんが、読者の方に電話して全国大会があるのでと相談、会員になってもらいました。Kさんも読者の方に全国大会を伝えて会員になってもらいました。また、近所の方と元読者の方に思い切って声をかけ、2人とも読者になってもらいました。
早良班(読者1人) Sさんが、知り合いを訪問し、読者になってもらいました。「後一軒訪問する予定だけど読んでくれるかなー」と話すと、「当たって砕けろよ!」と励ましてくれました。
☆15日に27回全国大会の会員数・読者数が発表されます。

*カレンダー*
11/14・15(土・日)第27回全国大会(東京)
11/19(木)反核女子部九電前行動18時~19時

☆早良区にできる地域交流センターに、中高生の居場所がほしい!
 快晴に恵まれた11/7日(土)陶友祭、8日(日)四箇田校区祭りで署名活動をしました。次々と署名が集まり、「頑張って!必要だよね」と共感と賛同の声掛けが飛び交いました。12月議会に請願署名を提出します。署名の締め切りは12/5(第一次締め切り)ですが、請願審査がされるまで(時期未定)集約します。早良支部の皆さんにも署名のご協力をお願いします。
Yさん(チューリップ班)


マイナンバーがやってくる。⑤

今回から数回に分けて、マイナンバーと個人の生活とのかかわりについて書いていきます。
お話は、矢野勇雄(仮名)が生まれたときから始まります。
矢野勇雄(仮名)の出生届が提出されると、戸籍への登載手続が始まると同時に、住民基本台帳への記載が行われます
。住民基本台帳への記載に際して住民票コードが割り振られ、それをもとに12桁の個人番号が決定されて、通知カードの形で矢野勇雄(仮名)(の家族)に個人番号が通知されます。
すなわち誕生とほぼ同時に、矢野勇雄(仮名)の「マイナンバーのある暮らし」が始まるわけですね。

 矢野勇雄(仮名)の父親なり母親なり扶養者は、勇雄の個人番号を扶養者の勤務先や税務署に提示します。
扶養に関して、税金などの優遇を受けるためです。
扶養者の健康保険に加入させる場合も、同様に個人番号を提示することになります。
また、予防接種を受ける際には、保健所などで個人番号を提示することになるでしょう。

 一方、矢野勇雄(仮名)が病院で診察を受けたとしても、病院では個人番号は使わず、健康保険証を提示するだけになります。
勇雄の病歴は各病院のカルテに記録されるが、個人番号とは直接リンクされません。

文責 矢野勇雄

早良区にできる地域交流センターに中高生に居場所がほしい

 昨今、子どもの貧困が取り上げられています。子どもの健全な成長、発達と貧困問題は切り離して考えることはできません。11月4日付の西日本新聞で、就学援助を受けるなど経済的に貧困状態にあると推測される子ども(18歳未満)の数が、九州7県で約42万人に上ることが明らかになりました。ほぼ5人に1人が貧困となり、とりわけ県別の貧困率では福岡が最も高いという実態が浮き彫りとなっています。

 そのような厳しい社会情勢の中、家庭にくつろぎを見出せない青少年が自由に過ごせる場がないことや、携帯電話・メール等の普及により、人と直接出会うことが少なくなっていること、かといって学校の部活動にも属さず、地域行事にも積極的に参加しない現状があります。遊びや文化を通じて多様な人間とつながる機会の喪失は、日本の子供の孤立に拍車をかけています。

 全国的にも中高生の居場所の問題は取り上げられており、公的機関が中高生に特化した児童館を整備しています。今年(2015年)4月に、東京都文京区に「区青年プラザ b-lab」が誕生し、音楽や勉強、おしゃべりなど自由に使える新たな「居場所」が注目を集めています。一方、福岡市には、公的責任において常設の施設はありません。

「子供の権利条約」は、休息や遊びを子どもの権利としてうたっています。「子供の最善の利益」を考慮して、子どもの「人格の完全かつ調和のとれた発達」のために不可欠である子どもの権利があらゆる場所で実現されることを求め、地域交流センター内に子供の居場所を設けることを強く求めます。

2015年11月 4日 (水)

早良支部ニュース2015.11.5

第27回全国大会(11月14、15日)へ
班からみんなで仲間づくり

チューリップ班と早良班が合同で、「マイナンバーカフェ」を開きます。11月28日(土)14時~16時 内野まちづくり館

*カレンダー*
11/7・8(土・日)居場所を作る会 署名行動 工房陶友 12:30~13:30
四箇田小前 11:00~12:00
11/14・15(土・日)第27回全国大会(代議員 Yさん)
11/19(木) 反核女子部九電前行動 18時~19時

ここから日本を変える
10月18日、「安保法制に反対する渋谷街頭宣伝」での青年のスピーチを先週に続き紹介します。

希望ある社会を実現
大学4年生 小林叶さん(21)

戦後70年の歴史を変える法律が先月、可決されました。しかし、そんなことには目もくれる余裕がないほど毎日を生きることに精一杯な人がいます。シングルマザーや派遣労働者、ご飯を食べることができない幼い子供たち。彼らの切実な思いは、今日を生き延びることができるか、明日を無事に迎えることができるかではないでしょうか。
 安倍首相は日本を「一億総活躍社会」にしたいそうです。しかし、たった一人の人間の命を救うこともできない、希望を与えることもできない、そんな国の言うことを私たちはどうして信じることができいますか。
 私たちが求めているのは、温かいご飯であり、就学できるチャンスであり、一人親でも子供とゆっくり向き合える時間です。私が思い描くのは誰もが生きていてよかったと思える社会です。

マイナンバーがやってくる。④

個人番号カード申請のなりすましに注意しよう。

 政府は個人番号カードを普及させるのに躍起になっている。
これは住基ネットカードが国民の5%程度しか普及できなかったトラウマを抱えているからだ。
そこで、とりあえず国家公務員などの身分証にすることが決定している。
総務省も、個人番号カードの普及策を打ち出した。
企業の従業員が勤務先がある市区町村で、自治体職員が本人確認して個人番号カードを申請できる「勤務地経由申請方式」や、申請時に住所地の市町村が指定する場所で厳格な本人確認ができれば、郵送で個人番号カードを受け取れる「申請時来庁方式」なども公表している。

 ただ、自治体関係者からは、個人番号カード申請者のなりすまし防止が必要という声も出ている。
通知カードは簡易書留で郵便局員が本人確認して渡す。その後に通知カードや個人番号カード交付申請書などを不正に入手した者がいれば、なりすまして個人番号カードを申請する恐れもある。なりすます者が本人と同性・同年代であれば充分可能だろう。
自治体関係者がなりすましの防止策が必要だと考えるのも無理はない。
 このようなことが現実になる恐れは十分あるので、通知カードを紛失したり、12月に入っても届かない場合は、なりすましによる個人番号カードが申請される恐れも疑って、自治体の窓口などに相談した方がいいだろう。
文責 矢野勇雄

10/25・稲刈り交流会in田主丸

早良支部から5家族(おとな6人子ども5人)参加しました。

また今年も参加させていただきました。
 農民連の方たちが、春に自分たちで田植えした田んぼに、たくさんの稲を実らせてくれて待っていてくれました。
どれくらいの広さかと聞くと、一反の半分だそうで、刈っても刈っても、まだまだある稲に、心が折れそうになる(笑い)。いやマジで。
だからこそ終わった時は、ヤッター!!って、達成感や開放感が体にみなぎるのです。
 自然のものですから、ご苦労はいかばかりか。日本の基本食であるお米を守るためにも、食べて応援!新婦人です。みなさん!産直のお米、食べましょう!

 そして「げんちゃん大きくなったなぁー」と、またまた、みなさんに言っていただき、この関係もうれしい限り。ありがとうございます。
げんちゃんといえば、途中で飽きて、カエルに夢中、しかも途中で、綱がついたままの犬が迷い込んできて、飼い主探しに近所を訪問!!
 なんだかんだで、最後には私からの「手伝わんとおにぎりもらえんよー!」の一声で、作業に戻った食欲の秋のげんちゃんたちでした。

 11月は、”めしまる”と、”ひのひかり”の掛け合わせの新種のお米が配達されるそうです。ツヤツヤして美味しかったです。

チューリップ班 Yさん

毎月、産直米・野菜の袋には、各々担当者のメッセージが入っています。早良班のSさんは、野菜を取り始めた月(2011・3)から、”野菜だより”を全て持っています。この頃、そのことを知り、稲刈り交流会で農民組合のみなさんにお伝えしたいと思いました。
 Sさんが、しんぶんちぎり紙の特技を生かし、かわいい表紙をつけた”野菜だより”を当日持参しました。
毎月、産直だよりを書いているTさんは「励みになります」と喜んでくださり、その”野菜だより”をみた太宰府支部の米会員さんが、11月から野菜も取るといってくださいました。

早良支部 T・Sさん

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »