無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

早良支部ニュース2015.7.30

どの子のいのちも絶対守る

■安倍晋三政権のすすめる戦争法案の廃案に向けたたたかいのなか、”第61回日本母親大会in神戸”(8/1日・2日)が開かれます。
■戦後70年、女性、母親たちの中に培われてきた平和と民主主義、国民主権を求める思いが、今、「日本を殺し殺される国にする戦争法案は許さない」という熱いエネルギーとなって、空前の広がりを作りだしています。
■子育て真っ最中の母親たちが、「おばあちゃんや母の世代がこれまで守り通してきてくれた誰も殺し殺させない日本と憲法を、今度は私たちが子どもたちのために残したい」「ママたちが頑張ったから戦争法案を通させなかったといえるようにしたい」と声を上げ、行動しています。
■26日には、1人のママのインターネットでの呼びかけに答えて各地のママたちが仲間を作り、ピースデモやアピール行動に立ち上がりました。

*カレンダー*
7/30(木)産直交流会10:30~12:00(百道公民館)
7/30(木)核廃絶アピール署名 16時~17時(西新プラリバ前)
8/6(木)産直配達日
8/9(日)早良9条の会 署名行動 16時~17時 元プラリバ前
8/13(木)新婦人しんぶん休刊日

「国民平和大行進・早良区コース」50人が元気に歩きました!

 8月の長崎大会を目指しての平和行進が、7/24、早良区に入りました。「早良区コース」は6団体から50人が参加(新婦人早良支部は9班から27人)。10時半に荒江四つ角をスタート、炎天下を元気に歩いて早良市役所で中央区役所から行進してきた本コースのみなさんと合流しました。
 「核兵器いらない」「原発いらない」「戦争法案・憲法違反」「安倍政権は憲法違反」などコールしながら、♪青い空は青いままで♪も歌って歩いていると、「ご苦労様」「頑張って」と声がかかりました。
☆原班のTさん(93歳)と大原班のOさん(87歳)も、100メートル一緒に歩かれました。

18日、プラカードも掲げて自民党の事務所へ抗議に!

 澤地久枝さんや鳥越俊太郎さんたちが呼びかけた行動「18日の午後1時にいっせいに『安倍政治許さない』のプラカードを掲げましょう」に応えて、国会前をはじめ、全国各地で行動が繰り広げられました。チューリップ班のYさんも友人5人とアクション。中央区にある自民党の国会議員の事務所までプラカードを掲げて歩いていると、いろんな人から声をかけられました。自民党事務所に行くと本人はいませんでしたが、じむ所の職員に抗議して必ず議員に伝えてもらうように依頼しました。

93歳の瀬戸内寂聴さんに93歳のTさんが手紙を!

 瀬戸内寂聴さんがテレビで、「国会前の座り込みにお年寄りを連れていこうと思ったけど、何かあったら大変なので、1人で行きます」と話されているのを見た原班のTさんは、寂聴さんに手紙を出されました。
「私も93歳ですが、一緒に行きます」というご自分の思いを書かれたそうです。すると寂聴さんの事務所から「大変感動しました。発行している『寂聴だより』に掲載させてもらってよろしいでしょうか」との電話が入ったそうです。

☆仲間が増えました! 19日~25日全国仲間づくりデー
チューリップ班 Kさんがしんぶんを届けたときに、戦争法案のことや、しんぶんに載っている記事のことなどを話しました。話をよく聞いていただいたので、思い切って「会員になって財政面でも支えてくれませんか」とお願いすると、その場で入会してくださいました。

2015年7月22日 (水)

早良支部ニュース2015.7.23

プラリバ前でレッドアクション!

 18日の午後3時から1時間、西新プラリバ前で早良支部のレッドアクションが行われました。
 それぞれが赤いものを身に着けて(室住班のHさんは、真紅のTシャツと巻きスカート)参加、15人が一列に並び、「アベ政治を許さない」「戦争法案は廃案に」と、ビラを渡し、署名を呼びかける姿は大いに注目され、102筆が寄せられました。
 また、Tさん(93歳)や布ぞうりのN先生(80代)が、炎天下で最後まで立たれたことに参加者は励まされ、感動が広がりました。

産直交流会にご参加ください
と き 7月30日(木) 10時半~12時
ところ 百道公民館
☆生産者と消費者が共同で、日本の農業を守っていきましょう。

2015 夏の平和大会の代表が決まりました!
☆日本母親大会in神戸 8/1・2日 Kさん(次郎丸班)《自主参加:Kさん(大原班)、Tさん(原班)》
☆広島大会 8/4・5日・6日 S支部長
      8/4・5日(募集中です)
      8/5・6日 Hさん(室住班)
☆長崎大会 8/7・8日・9日 Oさん(チューリップ班)
      8/8・9日 Hさん(原班)、Hさん(室住班)
24日まで参加者を募集します。

今年も”女性平和基金”で海外の女性3人を招待します。
☆マデリン・ホフマンさん(アメリカ)ニュージャージー・ピースアクション事務局長、臨床ソーシャルワーカーNY行動の国際企画委員会メンバー
☆フロリン・M・ホッフシュネイダーさん(テニアン島)テニアン女性協会、元教師・ソーシャルワーカーであり、市長特別補佐やテニアン中高校校長などを歴任。
フロリンさんは、テニアン女性協会の活動を紹介される手紙の最後に「もうけ以上ののことを追求し平和に貢献するレイラのとりくみに共感します。ぜひレイラ化粧品を購入して私たちも平和に貢献したいです。」と感想を述べておられます。
☆メアリー・ポペオさん(アメリカ)アメリカフレンズ奉仕委員会、ピースアクション、5月のニューヨーク行動に学生・青年の仲間たちと参加。
平和行進の国際青年リレーの一員として、岡山~広島間を歩き、広島大会に参加します。

*カレンダー*
7/24(金)平和行進
7・30(木)産直交流会10:30~12:00(百道公民館)
7/30(木)アピール署名 16時~17時(西新プラリバ前)

2015年7月16日 (木)

父の思い出と平和に寄せて

 星の原班 K・Nさん (星の原班ニュース7月号から)

 私の手元に12枚の写真がある。
戦後生まれの私にとっては信じがたく思える写真だが、確かに父が生きてきた歴史のひとこまを写し出している。

父は明治43年1月23日に福岡を少し離れた小さな島、壱岐の島の百姓の長男として生まれた。

 青い空とゆうゆうと流れる雲、まわりは広い草っ原、自然がいっぱいの中で、多分、将来の夢に胸をふくらませて青春を迎えたであろう。
ところが、そのころの日本は徐々に戦争色を濃くし父もまた徴兵検査で甲種合格となり、上海事変・支那事変へとかりたてられていった。

 そのころ、母と知り合い、二人で満州に希望に燃えて渡った。しかし、満州にいると危ないという情報が入り急いで帰島したが、休む間もなく壱岐の司令部に三ヶ月訓練のため入隊、間もなく大東亜戦争へと進展、小倉へ入隊した。ジャワスマトラからハルマヘラへと任務へ赴いた。父は主任軍曹として後続部隊ではあったが、戦地でのすさまじさは私が小さい頃話してくれた。壱岐の島でさえ、終戦当時はいろんなデマが飛び交い山の中に隠れたり、出兵兵士を出した家の前には「誉の家」と札が掲げられたりしてあったそうだ。
 父は三度の出兵でも無事生きていたけれど、多くの人がそうだったように、弟の克己さんは二十歳にもならず戦死、お守りだけが残っていたと母が呟いていた。

 私の記憶の中の父は、晩年は物静かで、でも何か世間に対して諦めていたようなところが多々あった。時に好物の焼酎をたしなみながら、「天皇も人の子たい、飯も食わすし、屁もふらすとたい」とつぶやくように自分に語り掛けるように話していた。

 それは、夢多き青春時代を天皇という神のため、人を殺せと教えられた若者が、終戦ですべてが嘘だったことへの一種のショック状態ではなかったろうかと私は思う。そういう意味では、父もまた戦争の被害者だと思う。

 今また日本は戦争への反省もなく、憲法九条をいじり、いつでも戦争へ加担できる体制を作ろうとしている。周りを見渡しても軍事基地があり、私たちもそういう風景に慣らされようとしている。私たちの子どもたちを、父や母の生きた時代に戻すことはしてはならないし、そのためには、今、親である私たちがきな臭い風には敏感にならなければと思う。

2015年7月15日 (水)

早良支部ニュース2015.7.16

戦後70年 日本母親大会・原水爆禁止世界大会に向けて

戦争法案廃案へ すべての班で平和の仲間を迎えよう

 安倍政権が戦争法案の衆議院での強行採決を狙う中、「何かせずにはいられない」と女性たちの草の根行動が安倍政権を追い詰めています。こうしたなかで「戦争法をやめさせ、憲法を守るためにも新婦人を大きく」と仲間づくりに意欲的に取り組んでいます。
 ~新婦人は創立以来、平和を原点に行動してきました。レッドアクションを広げ、すべての班で平和の仲間を迎え、戦争法案成立を何としても阻止しましょう。(新婦人しんぶん7/9付「主張」から)

7・18「アベ政治を許さない」一斉行動の呼びかけ
「アベ政治を許さない」。18日(土)に全国一斉に同じポスターを掲げようと8日、呼びかけ人が会見しました。
 記者会見には、澤地久枝(作家)、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)、小林節(慶応大学名誉教授・弁護士)、落合恵子(作家)、村田光平(元駐スイス大使)、神田香織(講談師)の各氏が参加。呼びかけ人は、8日現在、瀬戸内寂聴(作家・僧侶)金子兜太(俳人)を始め111人に上っています。
※ポスターは澤地氏のホームページに掲載。コンビニ「セブンイレブン」のネットプリンタで印刷できます。

新婦人早良支部は18日にレッドアクションを行います!
15時~16時に西新プラリバ前で、「安倍政権ノー」「戦争法案ストップ」のプラカードを掲げて、新婦人のミニリーフを配り署名を集めます。ご一緒にポスターを掲げましょう。

7・24「国民平和大行進・早良区コース」に参加しましょう。
2015国民平和大行進・早良区コース
7月24日(金)10:10荒江四つ角集合 10:15集会
10:30出発ー早良街道ー脇山口ー西新商店街ー11:20早良区役所到着(早良区役所で本コースに合流します)

☆夏休み企画今年も (チューリップ班)
♪7/22(水)10時半~
「かなたけの里公園で遊ぼう」
青空わらべうた&ソーメン流し&スイカ割り&水遊び
♪8/1(土)「平和のためのこどものつどい」 13時半~風ひかり作業所

2015原水禁世界大会に参加しよう!
■広島大会(2泊3日)
8/4(火)~8/6(木)
1泊2日コース(新幹線)
8/4日~5日
博多発9:32~博多着22:11
1泊2日コース(新幹線)
8/5日~6日
博多発10:32~博多着16:11
1泊2日コースの宿泊は岩国駅近くに

■長崎大会(2泊3日)
8/7(金)~8/9(日)
参加者募集(7/24まで)

*カレンダー*
7/17(金)就学援助学習会 あいれふ 8F 18:30~
7/18(土)安全保障法制(戦争法)反対レッドアクション 西新プラリバ前 15時~16時
7/21(火)映画 望響の鐘 14:30~ 18:30~ 早良市民センター4Fホール

2015年7月 8日 (水)

早良支部ニュース2015.7.9

「声あげるのは今」と若い人たちが各地で声を上げています!
6/27、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が東京・渋谷ハチ公前でアピール街頭宣伝。3000人が参加し、若い人たちが次々とマイクを握って「戦争法案反対」の思いをスピーチしました。

☆「つい100年前まで選挙権は常識ではありませんでした。権利を獲得するため先人たちは血を流しました。そして、言葉を、理想を、命をかけて未来に届けてくれた。
 私たちも、自分の意見を発して未来にタイムカプセルを埋めなければいけません。
 安倍首相。あなたたちのやっていることは我々人類への、先人への侮辱です。私たちは、あなたを置いて前へ進みます。人間の社会は進歩するのです。近いうちに歴史が証明するでしょう」「小林叶さん・大学4年生」

☆「インターネット上で罵詈雑言を投げかける人たちをしり目に、私は、今日ここに立つことを決めました。私や私の仲間がこの場所にこうやって立つことでどれだけのリスクをしょっているか想像に難くないはずです。それでも私がしょい込むリスクよりも現政権に身をゆだねた結果訪れる未来のほうがよっぽど恐ろしく見えるのです。
 私は今、自分が持つすべての可能性にかけて、この法案と、そして安倍政権を権力の座から引きずり降ろします。そうすることでしか、受け入れるにふさわしい未来がやってこないからです」(福田和香子さん・大学4年生)

百田尚樹氏や自民党議員の言論弾圧の暴言に怒り広がる

安倍首相を支持する自民党の若手議員の会合で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」と発言。自民党議員も「マスコミを懲らしめる」など発言が相次ぎ、メディアや沖縄県民を始め、国民の怒りと批判が広がっています。各世論調査で安倍政権の不支持率が支持率を上回りました。
☆班でも、「憲法カフェ」「教科書カフェ」「メディアカフェ」などを計画して、いっしょに学び大いにおしゃべりしましょう。

チューリップ班のNさんからファックスが届きました。「コダーイ研究護憲の会で東京から田中雄二さん(保育園園長さん)をお呼びして講演会を催しました。その資料の中に永井隆さんの文章がありました。参加者のおひとりがこれに感動して増刷りをして、まわりのお母さん方に配っておられます。『これが今できる私のささやかな活動ですと言って』」

永井隆氏「いとし子よ」 (1949年10月)から

あの日、イクリの実を皿に盛って、母の姿を待ちわびていた誠一よ、カヤノよ。
お母さんは、ロザリオの鎖一つをこの世にとどめて、
ついにこの世から姿を消してしまった
そなたたちの寄りすがりたい母を奪い去ったものはなんであるか?原子爆弾、
…いいえ。それは原子の塊である。そなたの母を殺すために原子が浦上へやってきたわけではない。
そなたたちの母を、あの優しかった母を殺したのは、戦争である。

私たち日本国民は憲法において戦争をしないことを決めた。

もしも日本が再武装するような事態になったら、そのときこそ、誠一よ、カヤノよ、たとい最後の二人になっても、どんな罵りや暴力を受けても、
きっぱりと、戦争絶対反対を叫び続け、通しておくれ。
たとい卑怯者とさげすまれ、裏切り者とたたかれても、
戦争絶対反対の叫びを守っておくれ!

*カレンダー*
7/9(木)九条署名 プラリバ前 16時~17時
7/16(木)班長会 10:30~12:30 支部常任会 14時~16時
7/21(火)映画 望響の鐘 14:30~ 18:30~ 早良市民センター4Fホール
7/21(火)支部組織・機関紙部会 10:30~12:30

田植え交流会に参加させてもらいました

ーチューリップ班 M・Y-

いつもうちが食べてる産直のお米、田主丸みのう農民組合のみなさんのご厚意で毎年交流会が行われています。
ここ最近、田植え&稲刈りと参加しているので、「ゲンちゃんまた大きくなったなぁ」と、みなさんから声をかけてもらって、嬉しい限り。だんだんとつながりが太くなるのも、醍醐味です。
肝心の田植は、体験を超えた農作業!(笑)。後ろを見てはまだある…とくじけそうになりましたが、がんばるぞ~!!と子どもにも自分にも言い聞かせてやり遂げました。
ゲンちゃんは期待通り?何度もしりもち(笑)。貴重な経験です。
そして、最初から最後まで放り出すことなくできたのには成長を感じましたが、出来上がりを見ると、う~ん…(笑)あんなんで育ってくれるやろか。
稲の生命力を信じるだけです(笑)

交流会では、戦争立法は何としても阻止しようと80を超えた鳥越元会長からのあいさつで、みなさんも口火を切ったようにTPPや派遣法改悪、沖縄辺野古基地のことなど、思いを語ることもできました。
戦時中はお米だって食べられない。
平和だからこそ。

みなさんも産直米を購入されませんか?
5kg2350円です。耳納連山のふもとで育った美味しいお米ですよ。
農業を守るためにもぜひ!

2015年7月 1日 (水)

早良支部ニュース2015.7.2

7月・8月は平和を願う声が大きく広がるときです
「戦争法反対」の一点で戦争する国づくりをストップさせましょう

7月のおしゃべり班会・小組のお知らせ
となりのトトロ班 21日(火)13時半~Yさん宅で班会をします。6月からスタートした新小組「きくち体操」、7月は14日(火)百道公民館、28日(火)室見公民館(予定)で13時半~行います。
室住班 7月14日(火)14時~班会をします。8月の広島・長崎大会にむけて、会員さんたちに千羽鶴を折ってもらっています。「絵手紙」は第2・第4水曜日、「きくち体操」は第2・第3木曜日に有住公民館でおこないます。
大原班 14日(火)10時~大原公民館で班会をします。6月に取り組んだ「戦争体験を語り合う会」は好評で、また語り合いたいねの声が。
原 班 15日(水)14時半~原公民館で班会の予定です。
星の原班 20日(月)12時から団地集会所でランチ班会をします。「ダンベル」は毎週月曜日、「絵手紙」は第2・第4水曜日、「布ぞうり」は第3水曜日です。
野芥班 6月27日に班会をしました。
次郎丸班 第1・第3水曜日10時~「ハングル」小組。月1回ハングル小組の後ランチ班会を予定しています。
チューリップ班 15日(水)10時半~びわの木で班会を行います。22日(水)に「ガーデンピクニック」を予定しています(チラシを作成中)。「茶花」は班会の後、「わらべうた」は5日(日)、「きくち体操」は第1・第2水曜日、びわの木で行います。
早良班 16日(木)10時~Hさん宅で班会をします。「きくち体操」は6日(月)・27日(月)まちづくり館で行います。

2015国民平和大行進・早良区コースのお知らせ

「核兵器のない世界へ」「原発ゼロの日本へ」「戦争法案ストップ」

7月24日(金)10:10荒江四つ角集合 
10:15集会
10:30出発ー早良街道ー脇山口ー西新商店街ー11:20早良区役所到着(早良区役所で本コースに合流します)

戦争を肯定する歴史教科書は子どもたちに渡さない!
中学校教科書の展示会に行って、アンケート用紙に意見を書きましょう

6月19日~7月8日(水)百道教育センター(百道3丁目10-1)
平日13時~20時、土・日10時~17時

☆仲間が増えました!11月の全国大会に向けてアクション
室住班 Iさんがしんぶんの見本紙を一ヶ月入れていた方が、7月から読者になってくださいました。
チューリップ班 Kさんが親戚の方に読者になってもらいました。

*カレンダー*
7/7(火)支部委員会 10:30~13:00
7/9(木)九条署名行動 プラリバ前 16時~17時
7/16(木)班長会 10:30~12:30 支部常任会 14時~16時
7/7(火)産直配達日 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »