無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月24日 (水)

早良支部ニュース2015.6.25

戦争法案にレッドカード 響き渡る声
全国で行動・国会前には女性1万5千人

 安倍首相が国会を延長しても成立させようとしている戦争法案に反対し、全国各地で集会やパレードなどの行動が日に日に広がっています。
 20日、「戦争法案にレッドカードを!」と、赤いファッションで1万5千人の女性たちが国会を包囲しました。

☆戦争を肯定する歴史教科書は子どもたちに渡さない!
今年は、来年4月から中学校で使用される教科書を、教育委員会が審議し採択する年です。教科書展示会に各班で見に行きましょう。(アンケートにも必ず記入を)
展示会 6月19日~7月6日(平日13時~20時、土・日10時~17時)
百道教育センター(早良区役所とヨカトピア通りの間にあります)

*カレンダー*
6/26(金)県9条の会 市民集会警固公園 18:30 その後デモ
6/28(日)田植え交流会(田主丸農民組合)
7/7(火)支部委員会 10:30~13:00 産直米配達日
6/25(木)戦争法案反対レッドアクション 天神パルコ前 16:30~17:30

「憲法を変えようとして”裏口入学”に失敗した安倍首相は憲法ドロボーになった」
憲法学者・小林節さん

 安倍首相を中心とする自民党の改憲マニアたちは、憲法とは何かということが全く分かっていない。
 憲法というのは主権者・国民大衆が権力者である政治家、公務員を管理するものである。
 これを立憲主義というが、全く理解できないでいる。
自民党の改憲家をみると、逆に権力者が国民を管理し、「国を愛せ!」などとしつけようとしていて、驚かされているこの頃である。 
 自民党は自分たちの考える憲法改正案が国民から支持されないために、憲法改正を正面から提起できないできた。
そこで一昨年、安倍首相は衆参両院議員の3分の2という改正のハードルを一般法律と同じ過半数とする憲法96条先行改正というやり方をすすめたのである。
 しかし、この手法を私は「裏口入学」だと厳しく批判したが、国民からも強い反発を受け失政した。
 そのため昨年は憲法解釈を閣議決定で勝手に変えて集団的自衛権行使を合憲とした。
 憲法が何たるかを知らないものにしかできない恐るべき暴挙である。
憲法そのものを破壊する、憲法制度を根底から否定する行為である。
 権力者を縛る憲法を国民から奪い、権力者が国民を縛る憲法に変える-----。 
 一言で云うなら「憲法泥棒」であり、さすがに私も我慢が出来ない。   

参考記事 「革新懇ニュース」に憲法学者小林節さん

☆「絵手紙小組」で舞鶴公園の芍薬をスケッチしました。 星の原班
 ”栴檀は双葉より芳し”、手の届く高さにまで枝を伸ばして、薄紫の上品な小花をたくさんつけている栴檀の巨木との出会いに一同感動。これは下見をされたNさんのおかげです。大きなムクロジュがつくっている樹陰の風は心地よかったです。絵手紙小組で舞鶴公園の芍薬スケッチに行ったときのことです。
(星の原班ニュース6月号から)

2015年6月17日 (水)

早良支部ニュース2015.6.18

13日、「戦争法案必ず止める!」の声が日本列島で響きました!

■世論調査で8割の国民が今国会での成立に反対している戦争法案。13日、東京、宮城、千葉、長野、静岡、奈良、福岡など列島各地で集会やデモが行われ、「海外で戦争する国をつくる憲法違反の戦争法案を必ず止める」の声が沸き上がりました。東京都内で開かれた「STOP安倍政権!大集会」には全国から1万6千人が参加しました。
■福岡では、市民会館で福岡県弁護士会主催の「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会」が開かれました。会場を埋め尽くす1800人が参加し、集会後、天神をパレードしました。
 日弁連の伊藤真・憲法問題対策本部長が基調講演。「憲法の理想に現実を近づけようとすることこそ必要」と語り、「今を生きるものとしての責任を果たすため、市民として主体的に行動するとともに、慌てず、焦らず、諦めず、多くの市民が連帯の力を示すことが大切」と強調しました。
 民主党、日本共産党、社民党の各代表があいさつし、青年、子育て世代の女性、市民団体、学者など6人が「法案反対」の運動を広げようと訴えました。
■各地で行われた集会・デモには、どこでも新婦人の姿がありました。

*カレンダー*
6/19~25 新婦人仲間づくり週間
6/19~7/8 小・中学校教科書展示
6/21(日)県本部主催 博多偕成ビル 10:30~15:30 「つながってかがやいて新婦人憲法フェスタ」
6/22(月)支部常任委員会 11時~13時
6/23(火)早良支部主催(教科書カフェ) 百道公民館2F 10時~12時

早良班ニュース(6月8日No26)から

 蛍の舞い飛ぶ頃になりましたね。皆さんお変わりありませんか?
久しぶりの班会では、新婦人フェスタ準備のために広げられた個性的で美しく可愛いちぎり絵ハガキを見ながら大きい笑い声がはじけ、台所でお茶の準備をしてくださっていたHさんが急いで走ってこられました(あまり楽しそうだったからと♪♪)。
☆5月27日班会で5月18日号”亡き人の言葉をきちんと伝えたい”俳優中村辰さん(86歳)の記事を読み語り合いました。
☆おやつもたくさん並びました。珍しい昆布のてんぷら、和菓子、桑の実ジャムのせクラッカー、生姜せんべい、チョコレートほか。いつもごちそうさまです。
☆きくち体操が始まりましたよ!!「とても体が軽くなった」「楽しいですよ」の声が早々と届いております。K先生(チューリップ班)のやさしい指導が好評です。
☆「戦争法案に反対します」の署名を始めております。
 次回までに1筆でも多く集めましょう。戦争法案を廃案にしたいですね。
☆次回の班会は6月25日(木)10時~H宅。元気なお顔を見せてください。

今年も会員さんたちに呼びかけて、千羽鶴を折ります室住班

 室住班は毎年、会員さんたちに協力を呼びかけて千羽鶴を折り、広島・長崎世界大会に早良支部の代表で参加される方に託しています。今年も9日の班会で、折り紙5枚、署名用紙(「核兵器廃絶」「戦争法案反対」)と「室住班の会員のみなさんへのお願い」を袋に入れるグッズ作りをしました。毎年たくさん折っていただく方には50枚・100枚の折り紙を渡しています。
しんぶんタイムは、4面の「戦争立法許さない!従軍慰安婦問題の解決早く」を読んでおしゃべりしましたが、I事務局長が読者から励まされたことを話してくれました。「仕事と子育てに追われて、新聞は日曜日に3週分まとめて読んだりしているんですよ。子供のことを考えると戦争法案は反対です。新聞に署名用紙が載っていたので切り取りました。コピーしてもいいんですか?署名なら私にもできると思ったので…」と聞かれました。Iさんは翌日すぐに署名用紙を届けたそうです。

2015年6月10日 (水)

早良支部ニュース2015.6.11

小組の交流や体験をご一緒に楽しく過ごすことができました

「きらきらつながる新婦人フェスタ」を力に全班で仲間を迎えましょう!

 3日、早良市民センターで「新婦人早良支部フェスタ」を行い、チラシを見て参加された方や9班から41人が参加しました。絵手紙やちぎり絵、布ぞうりなどの力作が華やかに展示される中でフェスタがスタート。始めに「ハングル小組」のみなさんが素敵な先生と一緒に登場し、それぞれが一言ずつハングルでごあいさつ。次に「朗読小組」のみなさんが、「新・戦争のつくり方」を紙芝居にして朗読。Kさんの指導で「きくち体操」で体をしっかりほぐし、「新聞ちぎり絵」「絵手紙」「茶花」を何でも体験。「わらべうた」は大人だけでしたが、新原さんの名リードで爆笑の中楽しみました。チラシを見て参加した方も最後まで楽しまれ、「きくち体操」に参加したいとのことでした。フェスタを力にして6月は全班で仲間を迎えましょう。
☆「新・戦争のつくり方」の紙芝居は貸し出しできます。事務所まで連絡を。
☆次郎丸班のNさんが指編みのコースターをたくさん作って会場に持参されました。早良支部の「沖縄・辺野古基金」として参加者に呼びかけ、募金に協力してもらいました。

*カレンダー*
6/13(土)平和のための福岡女性のつどい あいれふ10F 14:00~16:30
6/19~6/25 新婦人仲間づくり週間
6/19~7/8 小・中学校教科書展示
6/21(日)県本部主催「つながってかがやいて新婦人フェスタ」博多偕成ビル10:30~15:30
7/7(火)支部委員会 10:30~13:00

今年度の小・中学校教科書展示会のお知らせ 
6/19~7/8  百道教育センター (平日 13時~20時 土・日 10時~17時)
育鵬社・自由社版教科書を採択させない

関連資料

教科書展示会へ行こう
教科書カフェ
6月23日(火)
時間 10:00~12:00
場所 百道公民館2F和室

「ストップ再稼働!福岡大集会」に1万5000人

 今年の夏にも稼働されようとしている九州電力川内原発(鹿児島)の再稼働を許さないと「ストップ再稼働!大集会、(主催=原発いらない!九州実行委員会)が7日、福岡市の舞鶴公園で開かれました。
 全国から集まった1万5000人が、黄色の風船や傘、プラカードなどを掲げて「再稼働反対」とコールしながら九電本社などへ向けてデモ行進しました。
《参加者の声、呼びかけ人などのあいさつ・訴えから》
☆「原発を止めておかないと、子供の将来が心配」(熊本・水俣市から3人の子供と参加した31歳の女性)
☆「放射能の恐ろしさを被爆地・長崎から発信したい」(長崎市から参加した29歳の女性)
☆福島原発告訴団の武藤和子さんは「福島原発事故からまだ4年、何一つ解決していないのに、再稼働など事故被害者には信じられない」と批判。
☆川内原発の地元を代表して鳥原良子さんが「現地は全国の戦いに励まされている」と語ると、参加者は大きな拍手で応えました。
☆原発をなくす全国連絡会・長尾ゆり全労連副議長、首都圏反原発連合・ミサオ・レッドウルフさん、九州大学大学院の吉岡斉教授、作家の広瀬隆さん、明通寺(福井県小浜市)住職の中嶌哲演さんがあいさつしました。
☆政党のあいさつで、日本共産党と社民党の国会議員が「火山の監視体制は不十分。世界一危険な川内原発の再稼働を阻止しよう」と訴えました。
※新婦人早良支部からも原班のTさん(92歳)など、多数参加されています。

戦争法案、与党も含めて全参考人が「違憲」と表明
 4日の衆議院憲法審査会で、「立憲主義」をテーマに参考人招致された憲法学者3人がそろって、集団的自衛権行使を可能にする戦争法案について、「憲法に違反する」と表明しました。
☆早稲田大学・長谷部恭男教授「集団的自衛権が許されるという点は憲法違反」
☆早稲田大学・笹田英司教授「従来の政府の憲法解釈を踏み越えてしまったので違憲だ」
☆慶応大学・小林節名誉教授「海外に戦争に行くというのは、憲法9条、とりわけ2項違反だ」

2015年6月 3日 (水)

早良支部ニュース2015.6.4

戦争するな! 憲法こわすな! 

女性のレッドアクション各地で

「平和」の名で戦争法案が閣議決定された5月14日、戦後最大の憲法破壊の悪夢に日本中で抗議の声が沸き起こりました。様々な分野で活躍する女性が呼びかけた女性のレッドアクションは全国各地で一斉に取り組まれました。
 新婦人の原点をかけたこのたたかいを大きく広げ、なんとしても法案を廃案に追い込みましょう。
☆「憲法を守らないといけない安倍首相が、憲法を守らずに戦争への道を暴走しています」という街頭宣伝を聞いていた母子(小学校低学年)。子供さんがお母さんに「憲法を守らない安倍首相はどうして捕まらないの?」と聞いていました。

*カレンダー*
6月6日(土)支部委員会 10:30~12:30
6月7日(日)さよなら原発 3万人集会 舞鶴公園 13時 集会 14時~ デモ
6月9日(火)早良9条の会と署名行動 16時~17時 プラリバ前
6月13日(土)平和のための福岡女性のつどい 14:00~16:30 あいれふ10F 
6月21日(日)県本部主催「新婦人フェスタ」10:30~15:30 博多偕成ビル

ナチス党のヒトラーにつぐNo2のヘルマン・ゲーリングの言葉

~5月3日、「憲法集会」で、勝俣福大教授が紹介~
 ヘルマン・ゲーリングはヒトラーの下で、ドイツ軍の空軍総司令官や国家元帥等を務め、戦後は戦犯として死刑の判決を受けました。刑務所に収容されているときに、訪ねてきたアメリカの心理学者に語っています。
「もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。当然普通の市民は戦争が嫌いだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者であり、国民をそれに巻き込むのは簡単なことだ。」
「国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。自分たちが外国から攻撃されていると説明すればいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険にさらす人たちだと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどこの国でも同じように通用するものだ。」
安倍政権にも共通しています。「戦争はノー」「憲法は変えない」の世論を広げましょう!

教科書カフェ
6月23日(火)10:00~12:00
百道公民館(和室)
お話:Mさん (福岡教科書を考える会代表)
(資料代 100円)
今年は教科書(中学)採択の年です。一緒に学んでおしゃべりを

憲法敵視の育鵬社、自由社版教科書を採択させない!

 安倍政権は教科書に政府見解の掲載を押し付け、「戦争する国づくり」の人材づくりとして教科書を位置づけています。日本の侵略戦争を美化する内容に「こんな教科書は子どもに手渡せない」と怒りが広がっています。

”平和の新婦人”の仲間が増えました
室住班 28日の「きくち体操」に、チラシを見た方が3人参加。その場で2人が入会してくださいました。6月3日の『新婦人早良支部フェスタ』にも参加したいとのことでした。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »