無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2015.4.2 | トップページ | 早良支部ニュース2015.4.9 »

2015年4月 2日 (木)

18歳選挙権をどう考える?

びわの木学習会
「選挙に行こう」ってどういうこと?

No2
18歳選挙権をどう考える?

 早ければ来年夏の参院選から「18歳、19歳にも選挙権」となりそうです。となると、高校生の段階で初投票の子も出てきます。投票率の低下が囁かれる昨今、中でも投票に行かない若い世代の有権者が増えるのですから、このままでは投票率はさらに下がることになりかねません。周りの女性たちに聞いても、「まだ責任ある判断ができるとは思えない」が圧倒的です。

18歳選挙権はグローバルスタンダード
 では外国はどうかとみると、18歳選挙権はもう当たり前、EUでは16歳への引き下げを検討していますし、ドイツやロシアでは18歳で選挙に立候補することができます。去年、スコットランドでイギリスから独立するかどうかの住民投票が行われましたが、その投票権は16歳からでした。諸外国は日本よりずっと若者を信用し、一人前に扱っています!

■「幼稚で頼りない」若者、若者の「政治離れ」は作られてきた
 大学で教えている友人によると、学生の「政治とか興味ない、関係ない」は強がりで、本音は「わからない」なのだそうです。
 それもそのはず、学校で何も教わっていないのですから。1969年沖縄返還や安保改定で揺れに揺れていた時代、文部省通知は「生徒の政治的教養および政治的活動について…望ましくない」とし、以来、日本の公教育は一貫して子供たちを政治から遠ざけてきました。子どもたちは政治に関心を持つきっかけを奪われ、主権者意識など皆無に近い状態で20歳になります。突然、「選挙公約をよく読んで、だれに投票するか決めろ」と言われてもできるわけありません。

動機が不純:18歳選挙権は憲法改正のためか?!
 では自民党はなぜ今、そんな18歳、19歳に選挙権を与えようとするのでしょう?「憲法改正の布石だ」と多くの人が指摘・警告しています。おそらくその通りでしょう。安倍さんたちは、若者が9条改正を支持する、踏んでいるのです。現に、インターネットによる未成年者の模擬投票では、自民党が実際以上の議席を取るのだそうです!おそろしい。

若者を取り戻すために
 高齢化・人口減の日本で、政治を動かす母体を広げ、若い人たちの意見を政治に生かすことは重要です。18歳選挙権は一刻も早く実現すべきでしょう。でも、安倍さんたちの動機はいかにも不純です。若者をなめてかかり、利用しようとしています。そうさせないためには、教育の在り方を改める、などはさておき、さしあたっては、安倍さんたちの言う憲法改正や集団的自衛権の行使容認がどういうことになるのか、自分とはどうかかわってくるのか、彼ら自身がしっかり実感できるよう会話するしかないのでは?考えましょう。

« 早良支部ニュース2015.4.2 | トップページ | 早良支部ニュース2015.4.9 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/59493525

この記事へのトラックバック一覧です: 18歳選挙権をどう考える?:

« 早良支部ニュース2015.4.2 | トップページ | 早良支部ニュース2015.4.9 »