無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

県政に子育て真っ最中のママがチャレンジしようと思ったわけ

 4月12日投票の福岡県議会選挙に早良区から立候補予定の山内えみ子さんは、チューリップ班に所属し、早良支部委員でもあり、県本部の”反核女子部”のメンバーでもあります。
 星の原班では、「山内さんってどんな人?」「県政にチャレンジの決意をした思いを聞きたい」という会員さんの要望で、3月16日に”春のつどい”をおこない、山内さんを囲んでたっぷり懇談しました。チューリップ班でも、”びわの木学習会”と班会に山内さんを招いて懇談しました。

shine山内えみ子さんのお話を一部紹介します。
 「私は、高校生、中学生、知的障害を持った小学生、男の子3人の子育て真っ最中の母親です。私は、大人になるまで何不自由なく暮らし、政治に興味すらありませんでした。それが、結婚後に住んだ市営住宅で貧困を目の当たりにしました。階下のご夫婦は出産費用をサラ金から借りて、取り立てが毎日来ました。検診もまばらだったのか、階段の踊り場で破水し、実は私がその時赤ちゃんを取り上げたんです。でもそのあと、赤ちゃんの元気な姿を見ることはありませんでした。夜逃げしてしまったのです。さらには、年金を担保に借金しているおばあさんがお金を借りに来る。シングルマザーのお隣はダブルワークを始めたなど、私は今まで世の中の一体何を見ていたのだろうと、急に周りが見え始めました。

 そして私も孤立した子育てを何とかしたいと、公民館初の子育てサークルを立ち上げました。悩みは気軽に親子で集う場所がないことというと、新婦人の先輩ママから請願署名のことを教えてもらい、「地域に子供のための場所を作る会」を立ち上げたのが、私と政治の初めての接点です。要求を形にする、市民の権利として声を上げることができるのだと知った原点でした。
 私自身も抱えている、高額な教育費の問題、障害の問題など切実です。親亡き後の息子の生活を考えると、今の政治に信頼が持てません。また夫は屋台をしており、消費税は死活問題。姑は9年前に脳卒中で倒れ全介護。特養ホームに入れず、いわゆる介護難民状態が続いています。

 いま、私たちの声がまっすぐに通りません。昨年の県議会に「30人学級を求める請願」「私学助成の拡充を求める請願」27万人分の署名が提出されましたが、紹介議員になってくれる議員が一人もいなくて、何と門前払いになったのです。共産党の議員がいたときは、いつも紹介議員になってくれ議会に反映していたのにと、共産党の議席が必要なことを実感しています。
 国民が主人公の政治へ!安倍政権の暴走に何でもいいなりの県議会に風穴を開けるために頑張ります。

2015年3月25日 (水)

早良支部ニュース2015.3.26

3月26日県知事選告示、4月3日県議選・市議選告示
福岡から1人の若者も戦場に行かせない!

「脱原発宣言」の福岡県へ!後藤とみかずさんを県知事に!
 4月12日投票までいよいよ2週間となりました。「原発再稼働ノー」、「集団的自衛権行使容認ノー!」という県民の声をしっかりと受け止め、子供たちに笑顔の未来を残すため頑張っている後藤知事を誕生させましょう。
 会員・読者のみなさん、ご家族・ご親戚・友人・職場の同僚・サークル仲間・同級生などに、後藤とみかず候補への支持の輪を広げていただきますようお願いします。
常任委員会一同

「中学3年まで医療費を無料に」請願運動が市政を動かし実りました!
「中学3年まで医療費の無料化を求める」請願署名は、短期間に6万7990筆(早良区10722筆)が集まり、昨年の市議会に提出しました。3月16日に福岡市の予算議会が終わり、子供の医療費は入院の無料化が中学3年生まで拡大になり、請願が実りました。署名運動へのご協力ありがとうございました。今後も、通院費も中3まで無料化を目指して力を合わせましょう。

*カレンダー*
3/26(木)県知事選挙告示
3/27(金)就学援助集団申請ふくふくプラザ3階交流広場 13時~15時
4/1(水)消費税反対署名行動 天神パルコ前 12時~13時 各界連消費税反対宣伝 博多駅前シティ銀前17時~18時
4/8(水)産直配達日

びわの木学習会
「選挙に行こうってどういうこと?」
3月8日、チューリップ班のびわの木学習会が行われました。今回から学習会の内容を数回に分けて紹介します。

棄権=「戦争する国」賛成
■投票は義務か?
 新聞のコラムで読みました。「なぜ選挙に行くのか、行かないのか」というアンケートに、高齢の人では「行くのが義務だから」、若い人では「行くも行かないも個人の自由」という答えが多かったのだそうです。「日本人には、投票を通じて政治に参加することが権利であり、棄権とはその権利を捨てること、という認識が希薄すぎる」とそのコラムニストは嘆いていました。確かに投票に行かない人に、多少のうしろめたさはあっても大切な権利を放棄しているという意識があるとは思えません。「選挙権」が当たり前になりすぎて、その大切さが実感(理解)されていないのだと思います。

■「20歳になれば選挙権」はポンと与えられたものではない
 明治の日本は、欧米列強に一人前の国として認めてもらうため、憲法を定め帝国議会を開きました(1890年)。その最初の選挙で投票を認められたのは、15円以上の国税を払っている人(国民の1%)だけでした。その後、実現した普通選挙でも、投票できたのは「25歳以上の男子」だけ(1925年)。女性に参政権が認められるのはこれから20年後です(日本国憲法14条「法の下の平等」)。

■棄権は政権党に利用される。
 こうしてやっと「国の政治は国民が決める」ができるようになったのに、半数近い人がその権利を使わないのは、政治不信の意思表示でも何でもありません。自民党にとって実に都合のいいことなのです。自民党は40%ちょっとの得票率で70%の議席を占め、「国民の支持を得た」と、憲法改正に執念を燃やしています。今、日本が「戦争する国」になる危険は限りなく高まっています。これに反対なら、とにかく安倍さん以外の党に投票することです。それとも、子供たち孫たちに「戦争の時代」を残して死にますか?

2015年3月20日 (金)

3・1ビキニデーin静岡”に参加して

”3・1ビキニデーin静岡”に参加して
新婦人早良支部平和部 Hさん(室住班)

 アメリカによる、マーシャル諸島での核実験で第五福竜丸を始め、たくさんの漁船が死の灰を浴び、ここから原水爆禁止の運動がスタートしたことを今までの学習で知り、ぜひ、ビキニデーに参加したいと思いました。

 戦後70年、被爆70年の今年はNPT開催の年でもあります。
「2015年被爆70年を核兵器のない世界の転換点に」を大きなテーマとして日本各地のNPTへの参加代表者らが集いました。彼らの決意表明の発言は、力強く有意義で、中身の濃いものでした。
 中でも、福島県代表の20代の青年の発言は、今でも心に残っています。
彼は、2010年のNPT再検討会議の後(その年の5月)に、2015年のニューヨーク行動参加を決意したそうですが、その翌年に東日本大震災に遭い原発事故の悲惨さを、身をもって体験しました。核兵器廃絶を訴えるためのニューヨーク行動で、原発反対を言わなければならない状況になったことに大きなショックを受けたそうです。「ニューヨークに行ってまで「原発反対」をいいたくはない。だけど、世界中の人々に原発で人類は幸せにならないということを知ってもらいたい。」と言っていました。

ロンゲラップ島で被爆したピーター・アンジャインさんは、「生まれ育った島に帰ることすらできず、福島県飯館村の人々と同じです。安全だという米政府の言うことは信用できません。安全というのなら、まずあなたたちが家族と島に住んでみなさい」というそうです。
 マーシャル政府は昨年、国際司法裁判所に核保有国9ヶ国を提訴しました。会場から「どのような経緯からそういうことができたのか」との質問があり、アージャインさんは「政府がとった行動だから、私は詳しくわからないけど日本の草の根運動が、、後押ししたのは確かです。」と言われ、私たちの核廃絶運動に確信を持ちました。

 分科会では、「放射能を浴びたX年後」の映画に出ておられる高校の社会科の先生、山下正寿さんの特別講演を聞きました。
 山下先生は、息子が長崎で被爆し、ビキニでも被爆し、入水自殺をしたという一人のおばあさんの話に驚き、高知県でもビキニで被爆した漁船があることを知り、調べ始めたそうです。政府が隠し続けてきたことに対して、「こちらが真実を科学的に、一つずつきちんと実証し、突き詰めて攻めたら、相手は必ず崩れる。」と言われたことが印象的でした。第五福竜丸以外に1423隻もの船が被爆していたのです。
 ジョセフ・ガーソンさんの「私たちの行動は、権力の場にも影響を及ぼしている。原水協は、核兵器のない世界の実現に向けた運動の光であり、原動力である。」との言葉に、涙があふれ元気と勇気をもらいました。

 安倍総理が「戦争する国」へと突き進んでいるような、今のこの情勢にとことん抵抗しなければと再認識しました。

2015年3月18日 (水)

早良支部ニュース2015.3.19

県知事選挙と県議・市議選挙 地方からも安倍政権の暴走に審判を!

私の1票で、政治に春を呼びましょう
~全班・小組で選挙カフェを開いて今の政治についって学習しませんか~
昨年、「少人数学級を求める請願」「教育予算の増額を求める請願」27万人分の署名が県議会に提出されましたが、紹介議員になる議員が1人もいなくて門前払いになりました。4年前までは共産党の県議が紹介議員になってくれ、議会に声を届けてくれていました。しかし、4年前の県議選挙で1人もいなくなったため今回のような県民の声を無視するようなことが怒りました。
 小川知事は福岡市長と同じく、安倍政権がすすめる「集団的自衛権行使容認」「原発再稼働」に対して、「国が決めることだから…」と県民の立場に立とうとしませんし、それをチェックする政党もいません。今回小川知事を推薦する政党も、自民・民主・公明・社民とオール与党議会です。

後藤とみかずさんは「このままでは原発が再稼働される、わが子が戦場に送られる、若者の未来が奪われる」と、市民運動も続けてきた若き弁護士です(笑顔の福岡県の会・県民の会・日本共産党支持)。県民の声が願いが届く県議会に返るために後藤とみかずさんへの支持を広げに広げましょう。

「核兵器廃絶」署名があと100筆で早良支部の目標を達成!

 今年の4月末ニューヨークで国連の核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれます。日本原水協の安井正和事務局長は、署名の全国集約で541万(3/9現在)を超えていることを報告しました。
 早良支部も4,600筆の目標にあと139筆で到達します。3月末までに目標を達成させるため、全班、小組の皆さんのご協力をお願いします。

「さよなら原発!福岡集会~福島を忘れない・再稼働反対~」
3月11日、警固公園で集会が開かれ500人が参加、集会後に「川内原発再稼働反対!」「電気は足りてる!」とコールしながらデモ行進しました。

各班・イメージアップチラシ(イメチラ)を配布しましょう!!
就学援助の集団申請日(3月27日)のお知らせと班の小組お誘い、合同体験会のお誘いを入れたイメチラを作り、平和の活動をする新婦人を広く知らせましょう。

【19日(木)~25日(水)は全班連帯仲間づくり行動デーです。】

*カレンダー*
3/19(木)原発反対 九電前行動 18時~19時 たくさんのご参加を!
3/22(日)2015年福岡県民大集会(雨天決行)13時~15時半(デモ終了予定)冷泉公園
3/27(金)就学援助集団申請 13時~15時 ふくふくプラザ3階

2015年3月11日 (水)

早良支部ニュース2015.3.12

エンパワーメント&アクション
「戦争する国なんて許さない」国際女性デー

 世界中の女性が連帯して「くらし、権利、平和」のために立ち上がる女性デーが誕生して105年。今回のテーマは「つながろう女性たち、ジェンダー平等へ!秘密保護法廃止!戦争する国なんて許さない!輝かせよう日本国憲法!」です。
 8日、国際女性デー中央大会が東京で開かれました。怒りと情熱を表す赤を身に着けた参加者で会場は満杯に。浜矩子同志社大学大学院教授が講演し、「私たちは、人の話に傾ける耳、人の痛みを受け止めて涙する目、どん底にいる人に差し伸べる手を道具に団結し、安倍政権を軽やかに乗り越えよう」と呼びかけました。集会後800人余がパレードしました。
 福岡市は7日に天神ビルで国際女性デーが開かれ、集会後天神パルコ前で黄色のミモザの花を手に手に宣伝しました。

望みは原発のないくらし 「ノーニュークデー反原発☆統一行動」
 8日、東京霞ヶ関一帯、国会周辺を中心にのべ23000人が参加。日比谷野外音楽堂での集会、国会包囲や請願デモ、国会正門前での抗議行動などを終日、繰り広げました。首都圏反原発連合。原発をなくす全国連絡会(新婦人の会も参加)、さようなら原発1000万人アクションの3者が主催したものです。

アメリカ海軍、アメリカ政府がフィリピンには賠償金
 2月18日、フィリピン外務省は2013年に米海軍の掃海艦が、世界遺産に登録されているフィリピンのサンゴ礁に座礁し、損害を与えたことに対して、アメリカ政府が約8700万ペソ(約2億3300万円)の賠償金を支払ったと発表しました。
☆沖縄でも米軍基地建設のためと貴重なサンゴが破壊されています。なぜ日本政府はアメリカ政府に何も言えないのでしょうか?なぜ基地建設に反対する人たちを逮捕するのでしょうか?

軍事費削って教育予算の充実を!就学援助制度を活用しましょう。
憲法26条

☆すべて国民に、法律(教育基本法第3条2項)の定めるところにより、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する。
☆すべて国民は、法律(教育基本法第4条)の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。
義務教育は、これを無償とする。

第一次集団申請のお知らせ
3月27日(金)13時~15時
ふくふくプラザ3階交流広場

*班会報告 星の原班ニュース3月号から一部紹介します
 この日の班会は12日の新婦人しんぶん7面の読み合せから始まりました。そこには、お隣の原班と、チューリップ班、室住班のことが出ていました。原班のTさん(93歳)は「…同じ日本で起こっていることに無関心ではいられない」と新基地建設反対で基地前で座り込みを続けている人々を訪問、激励してきました。チューリップ班は昨年から「子供のための平和のとりくみ」を始め、「戦争体験を残そう」と記録集を準備中とか、一同すごいですねとなりました。(後略)
*次回の班会は4月20日(月)12時~14時、集会所4・5号室です。
”春を呼ぶつどい”は3月16日(月)12時~、集会所5・6号室です。
チューリップ班の会員Yさんが県会議員の候補に決まりました。3人のお子さんがいて選挙に出るYさんってどんな人、どんな考えの人?というわけでご本人にお話を聞いてみようということになりました。

*カレンダー*
3/13(金)3・13重税反対全国統一行動ももち中央公園 9時~10時
3/17(火)組織・機関紙部会 10:30~12:30 班長会 13:30~15:30
3/19(木)原発反対九電前行動 18時~19時
3/27(金)就学援助集団申請 13時~15時ふくふくプラザ3階
※3/11(水)メモリアルデー「さよなら原発集会」警固公園 14時~ ◎映画 日本と原発 18:30~ 中央市民センター

2015年3月 4日 (水)

早良支部ニュース2015.3.5

全班が「就学援助」「小組体験会」チラシで新婦人を知らせましょう
3月の班会・小組のお知らせ

大原班 10日(火)10時~大原公民館で班会をします。
南庄班 19日(木)にTさん宅で「税金について」の学習会をします。「パソコン」は第1・第3火曜日。
室住班 10日(火)13時~Tさん宅で班会をします。「絵手紙」は第2・4水曜日、「きくち体操」は第2・3木曜日。「シネマ」は2月に「お見送りの作法」を観てきました。イメージアップチラシは2000枚を新聞に折り込みます。
原班 18日(水)14時半~ 原公民館で班会をします。
星の原班 班会は4月になります。「ダンベル&ストレッチ」は毎週月曜日、「絵手紙」は第2・4水曜日、「布ぞうり」「八宝彩・折り紙」は第3水曜日。
野芥班 2月28日にHさん宅で班会をしました。次回は4月です。チラシは500枚配ります。
次郎丸班 第1・3水曜日に「ハングル」。チラシは500枚配ります。
チューリップ班 18日(水)10時半~「びわの木」で班会をします。
「小組体験会」「学習会」「就学援助のお知らせ」のチラシ916枚を西日本新聞と毎日新聞に折り込み、手配りで100枚配布しました。
4日「朗読」14時~、4日・11日「きくち体操」10時~、8日「選挙に行こうってどういうこと?」びわの木学習会午後1時半~、18日「茶花」午後1時半~、22日「わらべうた」10時半~、会場はすべて”びわの木”です。
早良班 25日(水)10時~Hさん宅で班会をします。「きくち体操」「パソコン」の新小組を準備中です。「絵手紙」は第4木曜日、2月は体験に来られた方が入会されるといううれしい出来事がありました。チラシは1000枚を配布します。

仲間が増えました!!1週間で会員1人と読者3人が仲間に♪
チューリップ班 Kさんがご近所の方に宣伝紙を渡して話したところ、快く読者になってくださいました。☆Nさんが元会員のYさんを読者に!
早良班 2月末に相次いで会員1人と読者2人が増えました。
☆数年前に配布したチラシを大切に持っていてくださった方が、2月の「絵手紙」小組に参加、その場で入会されました。
☆Mさんが宣伝紙を渡していたご近所の方を、Sさんと一緒に勧誘したところ読者になっていただきました。
☆Sさんが行きつけの美容院の美容師さんに宣伝紙を渡していました。2月にカットに行ったとき、「しんぶん読んでくれましたか」と聞くと「よいしんぶんですね」と快く読者になってくださいました。

主権者は私 安倍政権ノーの1票を
現小川県知事は、「原発再稼働」「集団的自衛権」に対し「国が決めることだから」と安倍政権のいいなりです(高島市長と同じく)。
後藤とみかず予定候補を知事に押し上げて、県民の命と暮らしを最優先に県政を変えましょう。

*カレンダー*
3/5(木)支部委員会 10:30~12:30
3/6(金)産直米・野菜配達日
3/7(土)「国際女性デー」天神ビル11F  13:00~
3/9(月)早良9条の会と9条・アピール署名 15時~16時 プラリバ前
3/11(水)メモリアルデー「さよなら原発福岡集会」警固公園 14時~
3/12(木)支部常任委員会 13時~14時半
3/13(金)3・13重税反対全国統一行動 ももち中央公園 9時~10時
3/17(火)組織・機関紙部会 10:30~12:30 班長会 13:30~15:30

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »