無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

早良支部ニュース2015.2.26

主権者は私 食べて・学んで・美しく
班会で楽しくおしゃべりカフェ

~念願の「新小組」ができました! 早良班~
「きくち体操」は第1・第3月曜日に(4月から)、「パソコン」は第1・第3火曜日にTさん宅で始まります。「就学援助のお知らせ」&「無料体験会」チラシを1200枚新聞に折り込むことにしました。
 しんぶんタイムは、原班のTさんの写真が掲載された「沖縄と連帯」の記事を読み合せました。また、4月に行われるいっせい地方選挙については、「新婦人と選挙」について、S支部長のお話を聞いておしゃべり、県知事選挙では「県民の会」が支持する”後藤とみかず候補”を新婦人の会を挙げて応援すること、県議選と市議選の党派別選挙は、それぞれ支持する候補者の後援会に入って応援することを確認しました。

☆Yさん(チューリップ班)が県会議員選挙に立候補します!!
 4月12日に投開票で行われるいっせい地方選挙に、Yさんが日本共産党の推薦で立候補されることになりました。
Yさんは3人の子供(高校生・中学生・小学生)のママで44歳。子どもの未来に原発も核兵器もいらないと、新婦人反核女子部の一員として、毎月九電本社前で抗議の声を上げ続けています。県民の声を議会に届けたいと立候補を決意されました。
☆Yさんの立候補を機会に、福岡県政についても学んでみませんか。

びわの木学習会 (チューリップ班主催)
「選挙に行こう」ってどういうこと?
にちじ 38日(日) 13:30~15:30
ばしょ びわの木 (新原宅)
さんかひ 200円

みなさん、ご存知ですか?
女性に参政権が与えられてから70年です。
そして戦後70年。
憲法や選挙の成り立ちなど講師をお招きして
みんなでワイワイ考えてみませんか?

基地ノー 思いはひとつ 辺野古県民集会に5千人!
 辺野古の米海兵隊基地キャンプ・シュワブゲート前で22日、「止めよう国の横暴・工事強行に抗議する県民集会」がおこなわれました。ゲート前の国の道両側は、県内各地から続々と詰めかけた参加者で埋め尽くされ、「辺野古の海を守ろう」「埋め立ては許さぬ、辺野古の海はみんなの宝物」「この空、海、大地は私たちのもの オスプレイも基地もいらない」など、それぞれの思いを込めたプラカードや横断幕が林立しました。
 集会で地元を代表して、高校2年生の渡具知武龍さんが、「選挙で強固な民意を見せつけることができた。しかし、日本政府は私たちにいっそう卑劣な攻撃を加えています。あまりにも悲しくなります。県民を苦しめてきた基地こそ沖縄から撤去されるべきです」と話すと、参加者は割れんばかりの拍手と指笛で応えました。

☆新婦人の会は、「日の丸・君が代」については様々な意見があることから、「学校行事には強制しないでください」と学校や教育委員会に申し入れを続けてきました。卒業式・入学式前に申し入れの文書を、各班で届けてくださいますようお願いします。

*カレンダー*
2/28(土)オール沖縄の共同を学ぼう!!14:30~15:30 天神チクモクビル大ホール
3/5(木)早良支部委員会 10:30~12:30
3/7(土)国際女性デー福岡集会2015 13:30~天神ビル11F9号室(会場・資料代500円)
3/11(水)メモリアルデー さよなら原発福岡集会 14:00~天神警固公園 18:30~ 映画「日本と原発」中央市民センター

2015年2月18日 (水)

早良支部ニュース2015.2.19

主権者は私 安倍政権NO!の1票で、戦争への道をストップ

■「消費税増税」「憲法改定」「原発再稼働」「沖縄・辺野古への新基地増設」「TPP推進」「残業代ゼロ」「解雇自由への労働法改悪」など、どの問題も安倍政権の暴走政治は途上です。今年は暴走政治と国民の戦いの激突となります。選挙での1票、署名の1筆で主権者としての意思を示しましょう。
■4月12日投票で、県知事、県会議員と市会議員の選挙が行われます。各班で「選挙カフェ」を計画して、何でもおしゃべりしてみませんか。新婦人の会創立に向けての連絡会ニュース(1962年4月)に掲載された、羽仁説子さんの「これからのエチケットー政党支持の自由についてー」、を載せていますので参考にしてください。

国際女性デー福岡集会2015
3月7日(土)13時半~ 天神ビル11階9号室
☆講演 「女性差別撤廃条約批准30年女性のしあわせとジェンダー平等」
原田直子弁護士「福岡女性共同法律事務所」
参加費 500円「会場・資料代」
☆集会後、ミモザの花をもって宣伝・リレートークします

世界の女性はたたかう 生活の向上とジェンダー平等、平和を求めて

国際女性デーは、世界の女性が「パンと権利と平和」のためにいっせいにたちあがる日です。
 105年目の今年、日本では大震災からの復興も、原発事故の収束もできない中、消費税の増税、比例定数を削減、「社会保障と税の一体改革」をおしすすめる動きに対し、「いのち・くらしを守る社会を!」と女性たちが行動に立ち上がっています。アジアでも、世界でも取り組まれます。

後藤とみかず 笑顔プロジェクト

子どもたちに残す未来は、放射能の不安に怯える社会なのか。
農業漁業が衰退し食料を外国に頼る社会なのか。
テロの恐怖に怯える社会なのか。
遠い外国で人殺しをさせられる社会なのか。
そうであれば、子どもたちの未来に責任を負う大人として、やるべきことは決まっています。
子どもたちに放射能や戦争の不安がない社会を作ることです。

原発再稼働にNOを突きつけること、集団的自衛権行使に全力で反対すること、この国の食糧を破壊するTPPに反対すること。憲法改正に断固反対すること。
私にはあふれるほどの夢があります。私たち大人は子供たちにどんな未来を残してあげられるのか。戦争の恐怖に脅えない未来、原発の恐怖に脅えない未来、そして世代や性の違いに関係なく誰もが希望をもって安心して暮らせる社会。笑顔の未来を子どもたちに残そうではありませんか。

今年は戦後70年、被爆70年です。
先日、吉永小百合さんが「戦後70年、71年と戦後がずっと続きますように」と語っておられました。〝戦前〝という言葉を再び使うことがないようにとの強い願いを感じました。
「星の原班ニュースから」

仲間が増えました!
昨年11月、きくち体操を体験されたBさんが12日に入会されました。
開脚の広さにみんなびっくり!(室住班)

*カレンダー*
2月19日(木) 反核女子部 18時~19時 九電前行動
2月28日(土)14:30~15:30天神チクモクビル大ホール
オール沖縄の共同を学ぼう!連帯を!
3月5日(木)早良支部委員会 10:30~12:30
3月7日(土)国際女子デー福岡集会
3月11日(水)14時~ さよなら原発福岡集会 警固公園

2015年2月16日 (月)

農民組合と産直運動

新婦人は農民組合と産直運動を始めて20年になります。
日本の基幹産業の農業を私たちは守り、安全な米や野菜を食べて健康な体作りをしています。

日本の農業と食料を守る産直運動をご一緒に

「生産者の顔が見える安心の食べ物を」と消費者と生産者が手をつないで交流する産直運動を広げています。

農業体験や産地訪問も、日本の農業と食料を守る産直運動にあなたも参加しませんか!

田主丸みのう農民組合の鳥越です。
私は両親と3人で、米・柿・野菜を作っています。
就農して5年になりますが、米の価格が下がり続けているこの時代がとても残念です。昔に戻ってくれないかとつくづく思います。
まだまだ農業の知識や情報が浅く、米の価格は安定するものと思い込んでいたので、今の状況にうろたえている自分が恥ずかしいです。
正直このまま米価が下がっていくと生活に不安を感じます。
しかし、下を向いてばかりもいられません。これからは規模拡大を目指し、自然災害にも負けないような農業をしていきたいと思っています。
また全国の皆さんが、お米大好きになってもらうことを願って水稲事業を頑張ろうと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

組合員 鳥越

田主丸みのう農民組合
久留米市田主丸町地徳1852-3
TEL/FAX0943-72-1120

2015年2月11日 (水)

早良支部ニュース2015.2.12

戦後70年、安倍政権の暴走にストップをかけ、子育て、暮らし、雇用、原発、医療、年金、憲法など、私たちの願いを実現させる政治を!

一斉地方選挙が4月12日投票で行われます。
新婦人の会は、県知事選挙では県民の会推薦の弁護士

後藤富和予定候補(46歳)を支持して頑張ります
☆原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団☆よみがえれ!有明訴訟弁護団事務局次長☆中央区九条の会事務局長など

仲間が増えました!
支部委員会では毎回、仲間づくりのことが提案されます。
2月の支部委員会に久しぶりに出席されたYさんが、早速妹さんにしんぶんを勧めて読者になっていただきました。

星の原班2月号ニュースから

2月の小組の予定…体験したい方歓迎です
☆絵手紙小組 25日(水)10時半~13時 集会所4、5号室
*6人で白樺、八重水仙、椿、など楽しく描きました
みなさん、傑作ができましたね
*11日はお休みです

☆ダンベル&ストレッチ体操小組
2日、9日、16日&23日(月) 集会所4、5号室
*寒さを吹き飛ばしましょう

☆八宝彩(折り紙)小組 18日(水)14時~15時 集会所6号室
*久々で楽しみですね。先生に無理のないように当面1時間でお願いします

☆布ぞうり小組 18日(水)10時~12時 集会所和室
*みなさん、相当腕を上げられた様子!

後藤健二さんと湯川遥菜さんの「追悼集会」に参加しました

~2/8、Yさん(チューリップ班)のフェイスブック送信から~
 過激派「イスラム国」に殺害されたとみられる後藤健二さんと湯川遥菜さんの「追悼集会」が8日、各地で開かれ、インターネットでの呼びかけに応じた人たちがろうそくを灯し、もくとうをささげた。(共同通信より)
 私も反核女子部のメンバーとNちゃん(チューリップ班)とで参加。福岡は40名くらい。「安倍政権に対する怒りはみなさんおありの方もいらっしゃるかもしれませんが、今日はお二人に思いを馳せて黙祷を捧げましょう。」と主催者の一言。スピーチもコールもなく、厳かに執り行われました。
暴力の連鎖が続きませんように、今は祈るのみです。

『核兵器全面禁止のアピール』は目標は4,000筆、あと501筆になりました。2月20日に県本部に届けますので各班で集まっている分を2月19日までに届けてください。
この署名は、国連のNPT再検討会議場へ積み上げる計画です。2月9日9条署名行動でも、7名の参加でアピール署名も取りました。
 
平和部 Mさん

*カレンダー*
2/12(木)核廃絶アピール署名 修猷館前 15:30~16:30
2/15(日)「地域交流センター」ってなあに? 市出前講座 四箇田公民館 13:30~15:00
2/19(木)反核女子部 九電前行動 18:00~19:00
2/27~3/1 3・1ビキニデー(県本部代表で室住班Hさん参加)
3/5(木)支部委員会 10:30~12:30

2015年2月 4日 (水)

早良支部ニュース2015.2.5

2月の班会 小組のお知らせ

南庄班 5日(金) 13時~S宅で、3月に行う学習会の準備会。「パソコン」第1・3火曜日
室住班 10日(火) 13時~T宅 「きくち体操」第2・4木曜日 「絵手紙」第2・4水曜日
大原班 10日(火)10時~大原公民館。「ちぎり絵」第1・3土曜日
原班 18日(水)14時半~原公民館
星の原班 16日(月) 12時~集会所。「ダンベル」毎週月曜日、「絵手紙」第2・4水曜日、「布ぞうり」第3水曜日、「八宝彩(折り鶴)」第3水曜日。
野芥班 21日(土)13時~ H宅。
次郎丸班 「ハングル」第1・3水曜日。
チューリップ班 18日(水)10時半~ N宅。「朗読」4日、「茶花」18日、「わらべうた」8日(日)、22日、「きくち体操」第1・2水曜日
早良班 18日(水)10時~ H宅、集めた署名を持参してもらいます。「絵手紙」第4木曜日。
☆1月28日に支部総会を行いました。2014年度の活動報告と財政報告があり、班役員が選出されました。お昼は班が準備したお弁当と皆さん持ち寄りの漬物・おやつ・みかん・甘酒で、身も心もホットになって終了しました。(早良班ニュースから)

*カレンダー*
2/7(土)支部委員会 13:30~
2/9(月)9条の会と署名行動 15時~16時 西新プラリバ前
2/12(木)核廃絶アピール署名行動 修猷館高校前 15:30~16:30
市教育委員会と懇談
2/9(月)13時集合 14時~16時 教育問題
2/10(火)13:30集合 14時~15時 就学援助問題

被爆戦後70年 核兵器をなくす年に

5年ごとにニューヨークで開かれるNPT(核不拡散条約)再検討会議が、今年は4月に開かれます。前回(2010年)のNPT・ニューヨーク行動に参加した室住班のHさん(当時は筑紫野支部)の感想文が、2010年の「女性&運動」に掲載されています。一部を紹介します。

 昨年4月のオバマ大統領のプラハ演説をニュースで聞いた時、聞き間違いかと思いました。核兵器が世の中からなくなるということは夢物語だと思っていたからです。「核廃絶」という、平和を願う人々の心を託した訴えや行動は、終わることなく永遠に続くものだと思い込んでいました。

 昨年の世界大会で「草の根の力は小さいけれど、それが集まると世界の流れを変えることができる」との発言を聞き、自分自身被爆2世でありながらほとんど惰性に近い感情で取り組んでいた署名活動に再び、自信をもって取り組むようになりました。かかりつけの歯医者さんが受付においてくれたり、ギター教室の先生や生徒、近所の友人が惜しみなく協力してくれました。

とりわけ印象深いのは、お向かいのAさんが「孫の通う天理教の保育園で集めてみよう」と言ってくれ、署名用紙を5枚持っていってくれましたが、私の手元に戻ってきたときには、100枚を軽く超えていました。後日、保育園にお礼に伺ったら園長先生は「平和を願う気持ちは誰も同じです。その一心で集めました」と言ってくださいました。お向かいのAさんは「動けば変わる」と身をもって実感し、「あなたみたいな活動がしたい」と新婦人の会員になってくれました。

 5月NPT・ニューヨーク行動に参加して、核廃絶が被爆国日本の願いであるだけでなく、世界の圧倒的な世論であること、世界各国の平和運動でも核廃絶の声が高まっていることを、国際社会にとって、後戻りできない切実な課題であることを身をもって感じることができ、「核兵器廃絶は夢物語でなく実現可能なことなのだ」と確信するようになりました。

 自分の一人の力は本当に小さく頼りないものだけど、決してあきらめず、平和活動を続けていこうと思います。
私は生きているうちにこの目で核兵器のない平和な世界を見たいと心から思っています。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »