無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2014.9.4 | トップページ | 早良支部ニュース2014.9.11 »

2014年9月 8日 (月)

「平和のための子どものつどい」で話された戦争体験談(No2)

 チューリップ班の"平和のための子どものつどい"でのOさん(大原班)のお話しを紹介します。 (No2) 

バックナンバー (No1)へのリンク

 6月の船の中は蒸し暑く、狭い部屋を3段に区切り、ぎゅうぎゅうづめの状態です。座ると身動きもできないし、上の段から子どものおしっこが流れてきたり、もうめちゃくちゃでした。友達と船内に居ることをあきらめ、甲板に出てそこで寝起きしました。
 コロ島から博多港まで一週間、博多港についても、また消毒をするためすぐには下船させてもらえませんでした。アメリカ兵が日本の女性を連れて、物珍しそうに船を見に来ていました。
 満州にいるときは気持ちが張っていたのですが、日本について初めて涙が出ました。

 戦争は、男性は兵隊となり、お国のためと教育され命を差し出さなくてはなりませんが、女性は別の危険と常に隣り合わせ。人としての心を持てなくなります。いまから68年前のことです。
 日本に帰ってきてからも、すべてをなくし何も持っていないわけですから、これからどう生きていくのか考えなくてはなりませんでした。戦争はむごいものです。

 後に結婚するはずだった兄の消息を知ることになります。4年も当時のソ連に抑留されていて日本へ戻ってきたそうです。亡くなったものと思い、結婚の話はなかったことになっていましたので、それきりお会いすることはありませんでした。ご苦労されて戻ってこられたとのこと。少し安心しました。
 戦争は多くの人生を狂わせます。そんな時代を二度と繰り返してはいけないとの思いが強くあります。

 憲法が変えられようとしている今、戦争前夜のような不穏な動きを感じます。
子どもや孫を守りたいという気持ちで、今後も微力ながら頑張っていきたいと思います。

« 早良支部ニュース2014.9.4 | トップページ | 早良支部ニュース2014.9.11 »

ニュース」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/57313877

この記事へのトラックバック一覧です: 「平和のための子どものつどい」で話された戦争体験談(No2):

« 早良支部ニュース2014.9.4 | トップページ | 早良支部ニュース2014.9.11 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

パソコン豆知識集

よろしくお願いします。