無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

「平和のための子どものつどい」で話された戦争体験談(No1)

 チューリップ班の"平和のための子どものつどい"でのOさん(大原班)のお話しを紹介します。 (No1)

私の戦争体験を少し話をさせていただきます。

 第二次世界大戦が始まったのが13歳の時でした。
釜山の女学校1年生、昭和16年12月8日、先生が「戦争が始まったので、みんな心して毎日を暮らしてください。」と言われたのを覚えています。それでもなんとなく変わりない毎日を送っていました。朝は電車通学、時間通り学校へ行き、丘の上の神社の掃除をするのが日課でした。そのうちだんだんとまわりが厳しくなり、おじさんからの送金も止まり、学校にも行けなくなりました。それが3年生のはじめの頃です。

 その後、奉天のおじのところに身を寄せました。おじさんは貿易の商売をしていましたが、船を戦争にとられ商売が思うようにできなくなり、戦況もどんどん悪くなるので九州に戻ることが決まります。兄は義勇軍に志願して満州へ行っていました。兄は妹の私を心配して自分の親友と勝手に縁談をきめ、私は言われたとおり嫁ぐため再び満州へ渡りました。これが昭和20年5月23日、17歳の時です。

 結婚のため再度満州へ行ったわけですが、相手の男性にまもなく赤紙(召集令状)がきました。7月29日に赤紙がきて、翌日には入隊するようにとのこと、なにも決めることもなく入隊して行きました。その後に1人残されて心細い思いをしていましたが、女1人での生活は危険だということで、近所の知人の家に同居させてもらうことになりました。住んでいたところから1キロくらいのところで、中国軍と八路軍の抗争がありました。流れ弾が笛のような音を立てて、近くを飛び交いました。

 そうするうちに8月15日の終戦を迎えます。終戦後はいつ中国人が襲撃に来るかわからないような状況で、リュック一つを背負い学校の講堂に集まるように知らせが来ました。50世帯くらいが一緒に生活するため、食事など大変でした。手持ちの食料を集めて、大鍋で充分とは言えないようなものを食べる日々でした。そんななかで中国兵が女を出すようにと言ってくるので、若い女性たちは頭を坊主にして、鍋炭などで顔を汚し男のように装っていました。

そんなある日、中国兵が私たちの集団のところにもやってきました。私は前もって天井裏の垂木に捕まり、息を殺していました。18歳から25歳までの女を出せと言って、責任者に銃を突きつけていました。私は天井裏の隙間から震えながら見ていました。それからは、床下に隠れたり天井に隠れたりの生活でした。いつものような隠れ方では危ないとの情報が入ったときは、11月で川に氷が張るような寒さの中、裸足で遠くまで歩いていき、草むらに隠れて一晩を過ごしたときもあります。
 私たちを守るということは、自分をも危険にさらすということなのですが、当時の責任者おもに老人なんですが・・・、よく守ってくれたと思います。
 そしていよいよ厳しくなってきたとき、1包みの赤い薬(青酸カリ)を渡されました。「辱めを受けるときには、これを飲みなさい」ということです。
 一緒に逃げている中に、かわいい女の子がいました。4歳の君枝ちゃん、今でも思い出します。布を見つけてはお人形を作ってあげたりしてかわいがっていました。その女の子も飢えと寒さで、朝目覚めると冷たくなっていました。
小さな箱を棺にみたて、作ってあげたお人形を一緒に入れて、凍りついた土を掘って埋葬しました。

 それから春が来て初夏がきた頃、引き上げの話が決まりました。すぐに支度をして、駅に貨物列車がくるのでそれに乗るように指示され、とるものもとりあえず、少ない荷物を持って乗り込むことになります。貨物列車で、立ったまま身動きもできないくらいに積み込まれて8時間、コロ島というところにつきます。列車を降りて引き揚げ船を待つ間、トイレに行こうと5人くらいで列を外れました。トイレをすませて出てくると、後ろから背中を硬いものでつつかれました。振り返ると日本兵に銃を突きつけられていました。この兵隊の機嫌を損ねたら命がない・・・。兵隊としては脅しなんだと思いますが、気持ちのいいものではありません。手を頭の上にあげ、急いで列に戻りました。

 コロ島は日本人の住宅がたくさんあったところでしたが、床板も天井板もみんな中国人が持って行って屋根しかないところに2日間泊まりました。乗船する前に「消毒」するため、2日間そこにとどめられたのです。その夜にも女を出せと兵隊がやってきました。天袋があったので、その奥に横たわる荷物をぎっしり詰めて並べ隠してもらい、難を逃れました。懐中電灯を持って、かわるがわる兵隊がやってきて、生きた心地がしなかったのを覚えています。
 その翌日、やっと引き揚げ船に乗船できたときはこれで安心だとほっとしました。

(No2)に続く。

2014年8月27日 (水)

早良支部ニュース2014.8.28

来年のNPT会議へ向け 核兵器廃絶 行動しよう

☆広島大会に参加したYさん(チューリップ班)は、子どもたちがつくった"平和の旗"を壇上で掲げました。

2014年早良支部平和報告会のお知らせ

と き 9月13日(土)ごご1時半~4時
ところ 原西公民館(原西小学校正門前)原往還バス停5分
☆「日本母親大会」「原水爆禁止世界大会」に参加された皆さんからの報告。
☆「私の戦争体験」Tさん(原班)

☆長崎大会に参加したHさん(室住班)は、班から預かった千羽鶴をサリー・ジョーンズさんに英語で説明して手渡しました。

「中学3年まで医療費を無料に!」全市で23516筆!

 早良支部の署名数は、全班の皆さんの奮闘で、19日現在1,826筆になっています。9月12日の請願署名提出まで、さらに署名を積み上げていきましょう。
~子育て支援に力を入れる町は、どの世代にとっても暮らしやすい町~
 7/31付「新婦人しんぶん」に登場した埼玉・滑川町の吉田町長の「首長にやる気があれば予算の使い道は住民のために変えられる」という考え方に感動したとの声が寄せられています。福岡市も「人工島事業より子育て支援を」の声を受け止める市長さんを誕生させたいですね。

"ふくおか健康まちづくりネットワーク"と共同で「わが町ウオッチング」

危険箇所が改善されることになりました! ー室住班・次郎丸班ー

 各行政区に入って「まちなみチェック」を行っている"ふくおか健康まちづくりネットワーク"が、今年は早良区の原西校区にはいることになりました。
 6月6日、ネットワークから6人、室住班・次郎丸班から4人が参加し2組に分かれて危険箇所をチェックし写真に撮りました。
 8月4日、14箇所の改善要望書を区役所に提出して交渉しました。交渉には中山市会議員にも同行してもらい9人が参加、区役所からは担当局の6人が対応してくれました。
室住班で最も要望の強かった危険箇所(側溝に柵がなく、転落事故も起こっているところです。歩道もないので側溝にふたをして歩道にしてほしいと要望)について、「ふたをする方向で測量しています」といわれたときには思わず拍手が!他にも、通学路のフェンスの破れやガードレールの設置など数カ所が改修されることになりました。8月11日に、区役所から場所の確認に来られ班の4人が案内をしたとき、「危険箇所を教えてもらうと私たちも助かります」と言われました。

*カレンダー*
8/29・30・31 平和のための戦争展 アクロス福岡2Fギャラリー
8/30(土)「中学3年医療費・・・」署名行動 高取サニー前 16時~17時
9/2(火)支部組織・機関紙部会 10:30~12:00 班長会 13:30~15:30
9/4(木)支部委員会 10時~12時
9/9(火)・支部 子どもと教育部会 10:30~12:30 ・九条の会署名 プラリバ前 16時~17時

2014年8月20日 (水)

早良支部ニュース2014.8.21

 平和のための子どものつどい
子どもたちのパワーに胸が熱くなりました。

~チューリップ班 Yさんに聞きました~
8/2、「平和のための子どものつどい」がびわの木でおこなわれ大人と子ども30人が参加しました。
☆「かわいそうなゾウ」の朗読のあと、大原班のOさんから戦争体験を聞きました。「戦争は心をなくすのよ!」「戦争は絶対ダメ!」。
語り手の真剣さが子どもたちに伝わっています。ほとんどが小学生ですが、お話しのあとの交流会では「戦争を体験した人の話は初めて聞いた。もっと本を読んだりして知りたいと思った」「平和が大事だと思った」などの意見が出されました。私の息子のGちゃんもなんと手を挙げて、「えっと。人の命は大事なのに、えっと。どうして殺したりするのかな?」と一生懸命考えて発言。
いいぞ~!親ばかですが(笑)
☆最後に平和の旗をつくりました。「いつまでも平和でいよう」「人が生きるには笑顔が必要だ」「平和があると笑顔が生まれる」「未来をもっと大切に」「大切にしよう 平和を守る その心」「PEACEの増える世界」「未来に平和を」「つくろう咲かせよう幸せの花」「笑顔が一番」。涙が出るような言葉をたくさん書いてくれました。たくさんの幸せのクローバーの絵も描かれています。
初めてあった子どもたちも多かったのですが、最後には仲良く遊ぶ姿を見て、子どもたちのこの力を信じて、一緒に歩いて行こうって胸が熱くなりました。
《子どもたちの感想文から》
☆「戦争はとても恐ろしいものだと知りました。戦争中は食べるものもないから苦しかったと思います。私たちは平和で生まれてきてよかったです」

*カレンダー*
8/21(木)10時半~平和部会。13時半~常任委員会
8/22(金)16時半~20時「大飯原発再稼働差し止め判決に学ぶ」早良市民センター視聴覚室:「九州玄海訴訟」(早良区原告の会主催)
8/29(金)~30日(日)「平和のための戦争展」アクロス福岡
9/13(土)13時半~「早良支部・2014年平和報告会」原西公民館

PEACE SUMMER 「ノー・ニュークス!」「テイク・アクション」

 広島閉会総会で、原水爆禁止日本協議会の高草木代表理事が410万4911人の署名(核兵器のない世界を)を、アンゲラ・ケイン国連軍縮問題担当上級代表に手渡すと、7000人の参加者から歓声と拍手が湧き起こりました。パン・ギムン国連事務総長のメッセージを読み上げたケイン氏は「核兵器のない平和で公正な社会を達成するまで努力しよう」と呼びかけました。

☆毎日新聞に投稿しました 原班 Tさん(91歳)

 毎日新聞の七月一日付の夕刊に、なかにし礼さんの詩「若者よ戦場へ行くな」と大きく掲載されているのを見て、とても嬉しく気が晴れました。
 七月一日、集団的自衛権行使容認されてから、戦時中に暗い青春を過ごした私は気が滅入ってウツウツとしていました。臆病で弱虫でもよい、弱くても勇気のいることだと書いてあり励まされました。そして元気が出ました。
 今後も一層自信を持って、「戦争反対」の行動を続けていきたいと思いました。

☆8/9長崎大会の日、早良支部も「核兵器廃絶」を街頭で訴えました

長崎大会に早良支部から代表4人が参加した9日、プラリバ前で「さわら九条の会」と一緒に街頭署名をおこないました。星の原班、チューリップ班、早良班から6人が参加し、「核兵器も戦争もない世界を!」「憲法9条を生かした外交と話し合いが今大切です!」と呼びかけました。

8月26日(火)学校ウオッチングします
①飯倉小 9:15集合~10:40
②原 小 10:55~12:00
③原 中 13:10~14:20
④原西小 14:35~15:45
1校だけでもウオッチングしてみませんか

「ストップ川内原発再稼働!8・31鹿児島集会」8/31(日)
☆新婦人が貸切バスを出します
天神日本銀行前を8時出発です
バス代 大人3,000円 申し込みは20日までに

☆「中学3年まで医療費無料に」署名全市で2万筆を超えました!8・12現在
新婦人早良支部は全班が会員・読者を中心に、保育園・幼稚園・病院などにも署名の協力をお願いしながら、現在1,667筆になりました。
☆8/16プラリバ前に2団体13人が参加、169筆が集まりました。
☆次回は30日(土)16時~17時 高取サニー前です。

2014年8月 6日 (水)

早良支部ニュース2014.8.7

「子どもたちを戦場に送らない」「子どもたちに明るい未来を」

☆☆☆第60回日本母親大会に全国から2日間で13400人☆☆☆

 "生命を生み出す母親は生命を育て、生命を守ることをのぞみます」をスローガンに、子どもたちに明るい未来を手渡そうと第60回日本母親大会が2日と3日横浜市のパシフィコ横浜で始まりました。大原班のKさんが早良支部代表で参加しました。

羽ばたけ折鶴 私からあなたへ 羽ばたけ折鶴 あなたから世界へ
「日本の折り鶴は世界で平和のシンボルに」Hさん(室住班)

 外国では、日本の折り鶴は特別の価値があると受け止められていて、"祈り"といわれています。マーシャル諸島では、原水爆禁止世界大会代表が持ち帰った千羽鶴を1羽ずつにしてバザーに出し、平和運動の資金にしていると聞きました。3・11福島原発事故が起きたときは逆に、外国から千羽鶴がたくさん送られてきています。世界大会で外国の代表に渡す折り鶴が、各国で平和のシンボルとして貢献していることを知ってから、鶴を折る手にもいっそう力が入るようになりました。

長崎に行くHさんに千羽鶴を託します(室住班)
 会員さんに折ってもらった折り鶴が3千羽になりました。
Mさんに千羽ずつつないでもらい、広島大会代表のSさんと、長崎大会代表のHさんに持っていってもらいます。

☆長崎大会代表として、となりのトトロ班のIさんが新たに決まりました。早良支部から4人が長崎大会に参加します。
☆「2014年平和報告会」のお知らせ
とき:9月13日(土)13時~ ところ:原西公民館
早良支部から代表で大会に参加された皆さんの報告を聞いて交流します。

平和のための子どものつどいで仲間が増えました
チューリップ班 8/2「子どものための平和のつどい」に参加された読者の方が、その場で会員になってくださいました。

「中学3年まで医療費を無料に」
市全体で1万筆を超えました!

7月31日付の新婦人しんぶんに、埼玉県・滑川町の子育て支援の取り組みが紹介されました。医療費は高校3年まで無料、給食費は保育園・幼稚園から小・中学校まですべて無償という町です。
是非読んでくださいね。

大飯原発の差し止め判決を学ぶ

学ぼう!画期的な内容と意義・・・原告拡大に向けて

■日時 8月22日(金) 18時30分~20時
■場所 早良市民センター視聴覚室
■参加は原告でなくてもOK!無料です
18:30 ♪あらぐさのうたごえ
18:40 判決から学ぶもの 毛利弁護士の報告
19:25 前回の裁判の意見陳述 福島からの避難の方
20:00 閉会

早良区の原告数 241名。あと50名で1万人原告の早良区目標を達成します!お声かけお願いします!

原発なくそう!九州玄海原発訴訟をすすめる早良区の会
弁護士:毛利 092-721-1211【福岡第一法律事務所】
担当:増田 090-1974-8402(早良区革新懇)

*カレンダー*
8/4・5・6 原水禁広島大会
8/9(土)原水禁長崎大会
8/9(土)早良九条の会 署名行動 プラリバ前 16時~17時
8/16(土)「中学3年まで医療費を無料に」署名行動 プラリバ前 16時~17時
8/17(日)映画「はだしのゲン」中央市民センターホール 前売り券1,000円
8/21(木)支部常任委員会 13:30~15:30

中学3年まで医療費無料化をすすめる会
事務局ニュース No.4

▼第3回集約(7/29)の結果 1万筆を超えました!

東区 博多区 中央区 南区 城南区 早良区 西区 合計
署名数 1,050 987 1,494 2,774 836 2,213 1,094 30 10,478

次回集約は8月5日(火)です。夕方5時までに報告をお願いします。

・署名を集める人をどれだけ増やすかがカギです。
・あらゆるつながりを生かして署名用紙を届け、協力をお願いしましょう。
・保育園、幼稚園、病院など訪問作戦の具体化を急ぎましょう。

2014年8月 4日 (月)

「九州玄海原発訴訟」第10回裁判 意見陳述 -NO3-

 「九州玄海原発訴訟」第10回裁判 意見陳述書

 後藤文治 -NO3-

第6 さいごに

 私はこの世に生を受けてから、社会の一員として真面目に人生を歩み、家庭を持ち、何十年とかけて人との絆を、信頼関係を築いてきました。
家族、友人、同僚と、互いに助け合いながら楽しく人生を送ろうとしてきました。
私が長い人生の道のりで作り上げてきた平凡でごく普通の生活、家族との暮らし、友人と行く釣り、酒を飲みながら交わすたわいもない話、友人の作った米やみずみずしいキュウリを食べ、野菜を渡しあう時の友との会話、これらが私のかけがえのない宝であり、私の最大の幸福です。

しかし、原発事故は一瞬にして私の幸せを奪い去りました。
私はその原発を憎んでいます。
そして私は、誤った判断をし続けてきた電力会社と政府を信用していません。
玄海の原発が、そして全国の原発が動くことは、どれだけの小さな幸せを奪うことになるのか想像していただきたい。

憲法は、一人一人を尊重し、それぞれの幸せを追求することを保証してくれていると聞きました。
もう二度と私の小さな幸せを奪われたくない。
原発を認めず、この私の普通の生活を保障していただけるようお願いしまして私の陳述を終わります。

以上

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »