無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

「九州玄海原発訴訟」第10回裁判 意見陳述 -NO2-

 「九州玄海原発訴訟」第10回裁判 意見陳述書

 後藤文治 -NO2-

第3 友人との交流が断たれたこと          (前回)

 私は48年間福島に住み、多くの友と出会いました。
私は釣りが大好きで、月に3~4回、友人と渓流釣りや海釣りに出かけていました。
息子が小さな頃は息子も連れて行きました。
相馬の海に行き、カレイやアナゴを釣り、家から30分ほどのところにあるきれいな渓流でヤマメやイワナ釣りを楽しみました。
渓流釣りは、「朝駆け」といってよく釣れる夜明け頃が勝負です。
私は友人と夜明け前から出かけ、午前中の釣りを楽しみ、午後は山を下りながら四季折々の山菜を摘み、家に戻ってから釣った魚や山菜を調理し、それをつまみに酒を飲みました。
気の置けない友人と夜遅くまで釣りの自慢話や政治談義に花を咲かせ、怒ったり笑ったりして過ごす時間が本当に好きでした。

 私には30年来の釣り仲間で米農家の友人がいます。
私は彼の作る米が美味いので、毎年毎年買って食べていました。
私は彼の米をもっと美味しく食べるために10キロずつにわけて精米し、精米したばかりの米を炊くようにしていました。
 しかし、震災後、私は米への放射能汚染があることを知り、彼から米を買うことができなくなりました。
私が彼に「もう米は買えねえんだ、すまねえ」と言うと、彼は私を責めることもせず、ただ苦笑いしながら「そうだよな。仕方ねえな」と言いました。
私はその時の申し訳ない気持ちと彼の苦笑いした表情を忘れることができません。

 その後、彼とも多くの釣り仲間とも渓流釣りや相馬の海に行くこともなくなりました。
決してケンカしたわけでも仲が悪くなったわけでもありません。
ときどき会えば笑って話をするし、お互いのことを気にかけています。
しかし、何か言い出せない、切り出してはいけない話題があるような気がして、酒を飲みながら釣りの話に花を咲かせていた頃のような楽しさを感じることがなくなりました。
自分たちが望んだわけでもないのに、友人との関係が少しずつ冷えていくような、消えていくような気がしました。

第4 収穫物を通した友人との交流が失われたこと

 私は、家から5分の所に畑を借り、野菜を作っていました。
農家の方が手取り足取り教えてくれて、すくすくと育つ野菜を見ていると、妻や娘に食べさせてやろう、福岡の息子に送ってやろうと家族のことを思い起こすのです。
ようやく収穫の時を迎え、獲れたばかりのキュウリのみずみずしさは格別です。
ホウレンソウは何もつけずにその甘みだけで美味しく食べられます。
スーパーで買う野菜とは全然違うのです。
 できた野菜は友人たちにもおすそわけします。
「うまいのできたからな、食べてみてくれ」と野菜を渡すと、友人からは「これ、うちで作ったやつだ。もってけ」といってちがう野菜を渡されます。
たわいもないやりとりですが、お互いの成績を認め合うような気持ちがして、今思えばすがすがしいやり取りでした。

 しかし、原発事故後、農作物への放射能汚染があることから私は畑に行くことを止めました。
しかし、野菜作りを続ける友人は「線量を測ってもらった。大丈夫だから・・・」と申し訳なさそうに野菜をくれるのです。
私は「ありがとう」と言って受け取りますが、汚染が心配で、どうしても食べられず、悪いなぁと思いながらもらった野菜を捨ててしまったことがありました。
以前のようなすがすがしいやり取りが友人への後ろめたさや罪悪感に変わってしまいました。

第5 孫に福島を見せたかったこと

 妻と長女と私は、長年住み慣れた福島の家を離れ、今年の3月、息子夫婦と孫が住む福岡に来ました。
福岡に来た当初、公園で遊ぶ楽しそうな子どもの声が聞こえたとき、私は驚きました。
私は事故後の福島で、外で遊ぶ元気な子どもの声をずっと聞いていなかったのです。

 私の孫はもうすぐ2歳になります。
その孫は福島に来たことはありません。
あの事故がなければ、私は孫に「うつくしま」と呼ばれる福島の豊かな自然を見せたかった。
私がかつて息子と行ったように、孫と一緒に山に行き、ヤマメを釣りたかった。
相馬の海を見せたかった。
そして、私たちが福島で食べている同じものを、私が作った野菜を孫にも食べてもらいたかった。
おじいちゃんやおばあちゃんが福島でどんな生活をしているのか、孫にも味わってほしかったのです。
(次回に続く)

2014年7月30日 (水)

早良支部ニュース2014.7.31

 ☆核兵器ゼロ、原発ゼロ、戦争ノーの声を安倍首相に

安倍首相が、九電会長に「川内原発は何とかしますよ」の異常
☆阿倍首相に18日夜、福岡市内の料亭で、九州電力川内原発の再稼働を求める貫正義・九電会長らと会食しました。「朝日新聞」の報道によると首相は貫会長に「川内は何とかしますよ」と語ったといいます。再稼働強行をねらう九電側に対し、宴席で「何とかしますよ」と請け合う首相には、国民の命を軽んじる本音がよく現れています。

「集団的自衛権の行使容認」報道、地方紙「反対」9割超
☆西日本新聞7/19付(夕刊)で大きく報じられました。
「安倍政権が閣議決定した憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認について、全国紙は朝日と毎日が反対、読売と産経が賛成の論陣を張り、賛否は拮抗しているように見える。しかし、主な地方紙の社説や論説を見ると42紙中、39紙が反対の意見だった」と地方紙の社説などを紹介しています。
☆被爆地の広島に本社がある中国新聞の社説「被爆地からもっと声を上げたい」と訴えています。「最も心配するのは、集団的自衛権が抑止力になるという安倍首相の姿勢そのものだ。いくら非核三原則を堅持し、核兵器廃絶の先頭に立つと強弁したところで、米国の核抑止力に自国の安全保障を頼る姿勢は何ら変わっていない」

国民の運動と世論の広がりが安倍政権の暴走をストップする大きな力に
☆国会前の抗議行動、全国各地での集会や街頭宣伝、署名運動、メディアへの投書などの一つひとつが、世論調査や新聞各社の報道に反映しています。
早良支部もメディア小組を中心に、全班から声を届けていきましょう。

☆仲間が増えました ~野芥班~
 23日、Mさんが県本部の方と一緒に訪問し、以前お留守だった方に今回はお会いすることができました。新婦人のことを説明してしんぶんをすすめると快く購読してくださることになりました。

「中学3年まで医療費無料に!」9月10日に申請します。
大原班は22日、署名用紙(10枚)を預けていた幼稚園に署名を受け取りに伺いました。すると嬉しいことに、17枚分の署名80筆を集めてくださっていました(署名用紙をコピーして)。
また、Mさんが行きつけの美容院で担当の美容師さんに署名のことを話すと「10枚預かりましょう」と言われました。

*カレンダー*
8/2(土)支部委員会 13:30~15:30 中3医療無料 署名行動プラリバ前 16時~17時
8/2・3 日本母親大会in横浜
8/4・5・6 原水協 ヒロシマ大会
8/6(水)産直米・野菜配達
8/9 原水協 ナガサキ大会
8/9(土)支部 9条・核廃絶署名 プラリバ前 16時~17時
8/29(金)~31(日)平和のための戦争展 10時~19時(31日は17時まで) 天神アクロス福岡2F 交流ギャラリー

2014年7月29日 (火)

「九州玄海原発訴訟」第10回裁判 意見陳述 -NO1-

 7月4日、佐賀地方裁判所で、「九州玄海原発訴訟」第10回裁判がおこなわれました。作家の早乙女勝元さんと後藤文治さんのお2人が意見陳述をされました。
今週から、数回に分けて、後藤文治さんの意見陳述をシリーズで紹介します。

※後藤さんの夫人和代さんは福島の新婦人会員として活躍されていた方です。
3月に福島支部から転籍のお知らせが届き、現在チューリップ班に所属されています。

意見陳述書 後藤文治 -NO1-

第1 はじめに
 
 私は、乳製品を作る企業に勤め、1966年5月に転勤で福島に来ました。その後、福島で結婚し、2人の子どもを育て、福島で定年を迎えた後は介護の仕事をしながら好きな釣りと家庭菜園をして48年にわたって福島で暮らしてきました。この意見陳述では私のささやかな幸せや友人関係が原発事故によっていかに破壊されていったかについて述べさせていただきます。

第2 震災当時の様子

 2011年3月11日の震災当時、私は、妻と長女と3人で福島市内にある団地に住んでいました。東京電力福島第一原発から北西に約60kmのところです。私の家はたまたま固い地盤の上に建っていたためか、地震の被害はわずかでしたが、その後、食料品や水が不足するという過酷な日々が始まりました。私は、原発が爆発したことや避難指示区域が原発から20キロ、30キロと線引きされる様子をテレビで見ながら、福島市内には何の指示も出なかったので、私たちの住む場所は放射能汚染の心配はないのだと思っていました。
 事故から数ヶ月後、私は自宅の放射能線量を測りました。すると室内で毎時0.5マイクロシーベルト、庭では1~1.5マイクロシーベルト、桶から流れ落ちる水の所や側溝の砂は3~3.8マイクロシーベルトでした。私はこの数値を見て、福島市内も危ない、政府は信じられない、ここで生活し続けていいのかと焦りました。自分も被曝している、自分の住む場所も放射能で汚染されていることを痛感したのです。

(次回に続く)

2014年7月23日 (水)

早良支部ニュース2014.7.24

 ☆☆☆ peace summer ☆☆☆
日本母親大会in神奈川、原水爆禁止世界大会

豊かな国土に国民が安心して住み続けられる日本と世界へ
■原水爆禁止2014年世界大会(8月2日~9日まで広島・長崎両市)にアンゲラ・ケイン国連軍縮問題担当上級代表が参加することがわかりました。政府代表では、4月の核不拡散条約(NPT)準備委員会で核兵器全面禁止を主導したオーストリアとインドネシアの大使、マーシャルの外相が初めて世界大会に参加することが決まっています。「核兵器のない世界」の実現へ国際政治を動かそうとしている人たちが一同に会する歴史的な世界大会です。
■招聘にあたった原水爆禁止日本協議会(日本原水協)の土田事務局長は、「マーシャルは外務大臣が参加します。かつて外務大臣が世界大会に参加した例はありません。初参加の3氏と国連代表がそろって世界大会に来るということは、本当に、日本の運動や世論が重要だと考えており、日本の運動と共同を強めようと思っている現れです」と話しています。
■新婦人早良支部の代表が決まりました
☆日本母親大会(8/2日・3日)Kさん(大原班)
☆ヒロシマ大会(8/4日~6日)Yさん(チューリップ班)Sさん(南庄班)
☆ナガサキ大会(8/9日)Kさん(大原班)Hさん(室住班)Mさん(平和部長・野芥班)

*カレンダー*
7月23日(水)子どもと教育部会 10時~12時
8月2日(土)中学3年まで医療費無料に 署名16時~17時 プラリバ前
8月2日(土)支部委員会 13:30~15:30
8月6日(水)米・野菜配達
8月9日(土)9条・核廃絶アピール署名 16時~17時 プラリバ前

中学3年まで医療費を無料に!

大原班 15日に大原幼稚園とゆりか保育園に署名の申し入れを行い、預かってもらいました。(19日の「署名をすすめる会学習集会」で、Mさんが経験を報告しました。)
チューリップ班 Nさんがわらべうたなどで知り合いがいる幼稚園や保育園に署名を預けていますが、脇山保育園が48筆集めてくれました。ほかの会員さんもご近所を回って現在120筆集めました。
星の原班 Hさんが地域にある病院に署名を頼んだところ、「これでは足りないのでこちらでコピーをしていいですか」と電話が入りました。
☆19日のプラリバ前の街頭署名では、3団体15人が参加し、186筆が寄せられました。次回は8月23日(土)16時~

仲間が増えましたhappy01
チューリップ班 Yさんが知り合いの方に、新婦人のことを話して会員になっていただきました。

平和のための子どものつどい
日時 2014年8月2日(土)13:30~15:30
場所 子どもの居場所 びわの木 福岡市早良区四箇4-6-7
会費 200円/世帯

悲惨な戦争から今年で69年、平和な日本の雲行きが不安なこの頃です。被災された方をお招きしてたいへん貴重な体験談を聞きます。
子どもたちと一緒に、戦争と平和について考える、よい会にしたいと願っています。集いましょう!

はだしのゲン
核廃絶の願いをこめて再び贈る感動篇
日時:8月17日(日)
場所:福岡市中央市民センター 
第一回 10:30~ 第2回 13:30~
前売り:1000円(当日1200円)

映画を楽しむ実行委員会:新婦人県本部

2014年7月15日 (火)

早良支部ニュース2014.7.17

 ☆☆☆ peace summer ☆☆☆

"夏ららら☆平和でつなごうおしゃべり班会"

大原班 7/15 12:30から原イオン前で街頭署名。午前中「中学3年まで医療費無料化」署名の申し入れで幼稚園に行きます。
室住班 千羽鶴がもうすぐ出来上がります。(1人で200羽や300羽折ってくださる方がいて感謝!)。シネマ小組は7/17「春を背負って」を観にいきます。仲間づくり行動は21日に決めました。街頭署名は8/5、11時~原イオン前でおこない、その後ランチ班会をします。「医療費無料化署名」の申し入れも日程を調整中です。
チューリップ班 8/2に"平和のための子どもの集い"をします。7/11に4人のプロジェクトチームで内容を打ち合わせ、すいとんの作り方では笑いが止まらないほど大いに盛り上がりました。
(以上、7月2週目までに班会がひらかれた班で、話し合ったことです)

*カレンダー*
7/17(木)県本部「反核女子部」九電前行動18時~19時
7/19(土)「中学3年まで医療費無料化をすすめる会」
7/23(水)「子どもと教育部会」 10時~12時

「中学3年まで医療費を無料に」
○新婦人早良支部の目標は4000筆(会員数×20筆)
○全班が、地域の保育園や幼稚園、小児科、歯科などの病院に、署名を集めてもらうように訪問をしましょう
☆街頭署名にも参加してください
7/19(土)「署名をすすめる会」
○14時~学習集会 集会後天神で街頭署名
7/19(土)「早良区市民の会」
○16時~街頭署名 西新プラリバ前 同じ日ですが、どちらかにご参加を。

「2014年国民平和大行進・早良区コース」に50人参加!
■北は北海道、南は沖縄から広島に向けて5月にスタートした平和行進が、7月13日糸島から福岡市内に入りました。
■早良区コースは荒江四つ角を13時15分に出発し早良区役所に14時10分に到着。周船寺から行進してきた本コースと合流しました。早良区コースには6団体から50人が参加しました。新婦人早良支部は9班から参加し、核兵器ノーのうちわを手にアピールしました。チューリップ班からは子どもたちも(高校生の息子さんも飛び入りで)参加、Yさんの「原発入らない!」「核兵器いらない」コールに一緒に声を上げながら元気に歩き通しました。
■早良区役所前では東京から行進をされている男性が、「背負子にたてている2本の旗は妻が作ってくれました。今日で東京を出発して43日目です。娘は無謀なことはやめた方がいいと反対でしたが、『子や孫のことを思って決めたんだ』と言うと、出発する日に3万円のカンパをしてくれました。
広島には8月4日に到着します。各地の皆さんと一緒に頑張って歩きます。」元気に挨拶、参加者の大きな拍手に包まれていました。

早良支部からの代表派遣募金にご協力お願いします

☆"日本母親大会in神奈川"8/2・3(2人)
☆"2014年原水爆禁止世界大会"inヒロシマ8/4~6(2人)
☆inナガサキ8/9(4人)
※大会分担金・交通費・宿泊費など全部で22万円必要ですので、、おひとり3000円の募金協力をお願いしております。ご協力いただける方は集金時に渡していただければ助かります。

"美と平和の架け橋"☆平和基金で今年も3人の女性を招待します。
 レイラ化粧品1本買うと、値段に関係なく1円が平和基金に積み立てられます。今年も「原水爆禁止世界大会・広島&長崎大会」に、海外から3人の女性たちを招待することが決まりました。
 平和のために運動している方々との交流はお互いに励まされ、元気をもらいます。

2014年7月 8日 (火)

早良支部ニュース2014.7.10

「国民は戦争を望まないが、参加させるよう仕向ける」

ヒトラーの腹心・ゲーリングの発言

 「もちろん、平凡な国民は、戦争を望まないだろう。ロシアでも英国でも米国でも、同様にドイツでもだ。このことは明白だ。しかし、最終的に政策を決定するのは一国の指導者であり、・・・国民を一緒に参加させるように仕向けることはいつでも簡単だ」
 「国民はいつも指導者の命令に従うように仕向けられてしまう。それは簡単なことだ。国民が攻撃されると言い、平和主義者は愛国主義が不足し、国を危険にさらしていると非難すればいい。ほかにやる必要なことはない。」

ドイツ近代史専門の永岑三千輝横浜市立大名誉教授が説明したナチスの手法から

国民だましの手口いまや通用しません
 安倍首相は1日、集団的自衛権の行使容認の閣議決定後の記者会見で、「平和国家だと口で唱えるだけで平和な暮らしを守ることはできない」「平和な暮らしも、突然の危機に直面するかも知れない。『そんなことはない』と誰が言い切れるのか。そんな保証はどこにもない」と国民を脅し、「国民の命と暮らしを守るため法整備をする」と言います。
 こうした安倍首相の物言いによく似た過去の例があります。ナチス・ドイツが国民を戦争に動員したやり方です。

新婦人しんぶんの仕分け作業をお手伝いしていただく方を募集しています!
時間:毎週月曜日の14時~16時。
新婦人しんぶんなどを各班ごとにわける作業です。交通費は支給します。

*カレンダー*
7/9(水)早良九条の会 署名 プラリバ前 16時~17時
7/10(木)公共施設を考える会(学校ウオッチング)会議 19時~21時
7/12(土)玄海原発原告団ちえだし会議 アークホテル13:30~
7/13(日)平和行進 早良区コース 荒江四つ角13時~ 本コース 早良市役所14:35~
7/15(火)支部常任委員会 10:30~12:30
7/17(木)「反核女子部」九電前行動 18時~19時

7月の班会と小組例会のお知らせ

となりのトトロ班 「わらべうた」例会は7日(月)と21日(月)です。
南庄班 25日(金)13時半~ Tさん宅で班会。「パソコン」小組は第1・第4火曜日Tさん宅です。
室住班 8日(火)13時~Tさん宅で班会。「絵手紙」は第2・第4水曜日「きくち体操」は第2・第4木曜日に、有住公民館でしています。
大原班 8日(火)10時~大原公民館で班会。「ちぎり絵」は第1・第3月曜日。
原班 16日(水)14時半~原公民館で班会です。
星の原班 班会は2ヶ月に1回。次回は8月18日(月)12時~。「ダンベル体操&ストレッチ」は毎週月曜日、「絵手紙」は第2・第4水曜日、「布ぞうり」、「八宝彩(折り紙)」は第3水曜日。
野芥班 班会は2ヶ月に1回。次回は8月23日(土)です。
次郎丸班 「ハングル」小組は第1・第3水曜日早良市民センター。
チューリップ班 16日(水)10時半~びわの木で班会。班会後、「茶花」。
「わらべうた」は毎月1回日曜日、「絵手紙」「朗読」も毎月1回、「きくち体操」は第1・第3水曜日。
早良班 23日(火)10時~Hさん宅で班会。「絵手紙」は第4木曜日。(7月は第3木曜日17日です)

☆「集団的自衛権閣議決定の撤回を!」の天神宣伝に参加された方が入会!
「反核女子部に入りたい」とアクセスしてこられた方に、Yさんが2日の新婦人の天神宣伝行動を紹介したところ参加されました。

お母さんと一緒に田植えに参加して M・Kさん
 僕は初めて田植えをしました。前の日はドキドキしてよく眠れませんでした。朝起きると雨が降っているので、少し心配になりました。公民館について雨合羽に着替え、バスで田んぼに行くと雨はすっかりやんでいました。お母さんが晴れ男を連れてきた甲斐があったと喜びました。
 田んぼの中は思ったよりも温かくて気持ちが良かったです。横一列に並んで一斉に苗を植えていきます。小さなお友達もお父さんお母さんといっしょに上手に植えていました。田植えの後、公民館でお昼ご飯をいただきました。産直米のおにぎりと野菜がどっさり入った豚汁に漬け物。僕は豚汁を2杯もおかわりしました。特におにぎりの味は忘れられません。今まで食べたことのない味で、お茶を飲まなくてもパクパク食べられました。また参加したいと思います。
(星の原班ニュース7月号から)
 

2014年7月 2日 (水)

早良支部ニュース2014.7.3

憲法9条を壊し、日本を海外で戦争する国へとつくり変える集団的自衛権の行使容認に反対!

 国会前には連日多くの人たちが押し寄せ、数千人から数万人規模の集会・デモが国会前で繰り広げられています。全国各地でも反対の声が広がり、世論調査では過半数が反対となっています。この世論の広がりで、100を超える地方自治体で、『集団的自衛権容認に反対する意見書』が採択されるという状況のなかで、政府は通常国会の最終日までには、閣議決定をすることができませんでした。
 しかし、7月1日に自民党と公明党が閣議決定で、何が何でも集団的自衛権を容認するという報道があります。新婦人の班会から、「わたしは言いたいカード」が事務所に届きましたので、すぐに自民党と公明党にFAXで送りました。

安倍晋三首相へ
 私の子ども時代は戦争でした。なんて馬鹿げたことばかりだったか!戦争には絶対反対です。こんな大事なことを閣議で決めないでください。安倍さんとそのまわりの方々、しばらく戦場に行って来てみれば如何ですか?誰にも守られずに・・・。  (福岡市在住女性)

 戦後70年あまり、日本は戦争で人を殺していないですし、反対に殺されてもいません。これは憲法9条があるからです。
「戦争しない国」と他国が認めているからこそ、紛争国でNPOなどの日本の人々の活動も、外国から受け入れられているということも聞きました。
 もし日本が集団的自衛権、集団安全保障を行使する国になれば、そういった人々もテロの標的になりかねません。
 そして、一番問題なのは、こんな大事なことを憲法解釈を変えるという手段で、時の政府が閣議決定をしようとしていることです。国民の意見を聞く耳は全くありません。こんな姑息なやり方はやめてください。広く国民の意見を聞いていくべきです。  野芥在住の女性(50代)

公明党国会議員の皆様へ
 今、与党の間で国民の声を聞かず、与党だけの協議で、集団的自衛権行使を可能にする閣議決定がなされようとしておりますが、貴党が平和の党であるならば、憲法を守り、責任ある与党として、自民党に憲法遵守を説得すべきではないでしょうか!
 平和を願う多くの国民の期待を裏切らない姿勢を貫いてください。 (福岡市早良区在住 60代女性)

公明党 山口那津男様
 集団的自衛権行使を可能とする閣議決定に賛成しないでください。公明党が連日開かれている会合のなかでも、積極的な賛成は1人もいなかったというではありませんか。これでは「平和の党」が泣きます。安倍さんや高村さんの言いなりにならないでください。「連立を離れるしかない」くらい言ってほしいです。絶対に賛成しないでください!  2014年6/27 福岡市在住女性(70代)

☆仲間が増えました!
チューリップ班 Nさんが、班会でもらった宣伝紙を知り合いに渡して読者になっていただきました。
室住班 24日に、会員さんにわたすグッズ作り(署名用紙と千羽鶴の折り紙)をした後、訪問することに決めていました。Iさんが室住団地に転居してこられた知り合いに読者になっていただきました。
早良班 26日の「絵手紙」小組に来られた方がその場で入会されました。「絵を描くのは、卒業してから始めて!」と言われながら、素敵な絵手紙(ピーマン、紫陽花、彦山ガラガラなど)を5枚も描かれました。

*カレンダー*
7/1(火)組織・機関紙部会 10:30~12:00
7/3(木)支部常任委員会 10:00~12:00
7/5(土)支部委員会 13:30~16:00
7/13(日)原水禁世界大会平和行進
早良区コース 13:00 荒江四つ角福岡銀行前
集会後 早良区役所まで行進
7月7日(月) 産直米・野菜配達

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »