無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

早良支部ニュース2014.5.29

主権者は私たち!安倍首相ではありません!
憲法を破壊する安倍政権に声をあげましょう

5/19、メディア小組がハガキを出しました

--------------------------------------------------
阿部総理大臣様
集団的自衛権行使容認に反対します。
この前の表明は、これからは日本国民の命を使って、殺し合いをすすめるということなのだと受け止めました。
総理大臣は自分の命はおかけになりませんものね。
日本国憲法99条はご存じでしょうか
再度読んでみてください。

福岡 64歳 「年金はまだです」
--------------------------------------------------

阿部総理大臣様
前略、3人の男の孫がいる70歳の主婦です。
首相はパネルを示して集団的自衛権の必要性を力説されましたが、その想定は、現実のものとはとても考えられません。
架空の話で国民を騙さないでください。
憲法を護るのは首相ではありませんか!!
「殺し殺される国」にさせないため、私は9条を守ります。
--------------------------------------------------

甘利TPP担当大臣様
一筆申し上げます。
本日(5/19)シンガポールでTPP交渉がどのように進展するのでしょうか。
ゆめゆめ選挙公約を無視するような一線越えをなさらぬように。『アメリカを』でなく『我々日本国民を』守ってください。
--------------------------------------------------

阿部総理大臣様
日々、外国との交渉で忙しい事でしょう。
あなたの発言を新聞やテレビで聞いていると、アメリカと仲良くしたいのだなあと感じます。でも仲良くするのは私たち国民とでしょう!!
大切な国民を守ってこそ名首相ですヨ。
集団的自衛権が必要なんて思っている国民は、あなたの周りのほんの数人です。
日本国を大切に考える大多数が行動すると、首相の座は直ぐハリのムシロになりますヨ!!

憲法は再稼働認めない☆大飯原発差し止めの画期的な判決が!
弁護団の1人が「差し止め認める」、もう1人が「司法は生きている」の垂れ幕を掲げながら裁判所から走り出してくるニュースに感激しました(早良班 S)

仲間が増えました「19日~31日仲間づくりデー」にご協力を
室住班 21日に4人で署名(核兵器廃絶)を持って行動しました。
高校の同級生や元会員・読者など5軒を訪問、留守のところに見本紙と手紙を入れてきました。この行動で、会員1人と読者1人が増えました。

*カレンダー*
5/27(火) 支部常任会 10:30~12:00
6/2(月) 「中学3年まで医療費を無料に」署名運動スタートの結成集会 ふくふくプラザ503号 18:30~
6/3(火)支部組織・機関紙部会 10:30~12:00 班長会 13:30~15:30
6/7(土)支部委員会 13:30~16:00
6/9(月)早良9条の会 署名 プラリバ前 16:00~17:00

2014年5月21日 (水)

福岡県弁護士会 シンポジウム

 福岡県弁護士会 シンポジウム
その会話で逮捕されます!
ー 秘密保護法と共謀罪を考える ー

2014年5月31日(土)
時間:13:30会場、14:00開会
参加費:無料 会場:天神ビル11階9号会議室

 昨年12月、特定秘密保護法が、圧倒的多数の国民の反対にもかかわらず強行採決により成立しました。
秘密保護法は、国民の知る権利やプライバシー権などの憲法上の権利を侵害するものであり、速やかに撤廃されねばなりません。
 また、政府は現在、犯罪の相談をしただけで処罰するという共謀罪の創設を検討しています。共謀罪は、犯罪とされる行為の対象を大きく広げるだけでなく、電話やメールなどを広く捜査対象とするといった治安国家化、市民の密告を奨励する監視社会化といった事態を招きかねない大変危険なものです。
 特定秘密保護法に続いて、国家が国民の権利をより制限しようとする動きが続いています。
 秘密保護法の問題点とあるべき情報公開について考えるとともに、共謀罪創設の狙いと危険性についてご一緒に考えてみましょう。

基調報告 14:05~
「秘密保護法と共謀罪に対する弁護士会の活動」
弁護士 近藤恭典 (福岡県弁護士会司法制度委員会委員)

基調講演 14:20~
「あるべき情報公開と秘密保護法」
弁護士 清水勉 (日弁連情報問題対策委員会委員、情報保全諮問会議メンバー)

パネルディスカッション 15:15~
パネリスト
清水勉(弁護士)
豊崎七絵(九州大学准教授)
坂本信博(西日本新聞東京支社記者)

コーディネーター
武藤糾明(弁護士 日弁連秘密保護法対策本部委員)

会場
福岡市中央区天神2丁目12-1

主催:福岡県弁護士会
お問い合わせ先:
電話番号 092-741-6416

早良支部ニュース2014.5.22

 憲法大好き 9条の立場でこそ命と暮らし守られます

 15日、安倍首相が自らの私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告書提出を受け、集団的自衛権の行使容認の検討を表明しました。それに対して各界で反対の世論と運動が巻き起こっています。新婦人は各地で「集団的自衛権行使容認反対!憲法を守ろう!」と宣伝行動に立ち上がっています。

《16日付の全国紙と地方紙では、安保法制懇の報告書と安倍首相の会見を批判する社説・論説が相次ぎました》
「朝日」~「憲法に基づいて政治を行う立憲主義からの逸脱である。弊害はあまりにも大きい」
「毎日」~「従来の憲法解釈の否定であり、戦後の安全保障政策の大転換だ。それなのに、なぜ解釈を変えられるのか肝心の根拠は薄弱だ」
「地方紙」~「限定行使であっても憲法上、認められないのは当然だ。しかも、アリの一穴は必ず広がる」(北海道新聞)、「安保法制懇の提言を根拠に平和主義を体現する憲法9条を骨抜きにすることは政治の横暴であり、法治の否定である」(京都新聞)「民意を問わないまま、日本の進路を変えてはならない」(西日本新聞)。
「海外メディア」~「集団的自衛権行使を容認する解釈改憲について、日本の軍隊の関与が拡大する可能性があり、それは20世紀初期に暴走した日本の軍国主義の記憶を持っているアジアの地域で懸念をかき立てるだろう」(ワシントンポスト)、「安倍首相は戦後の平和主義から日本を引き離す、これまでで最も大きな一歩を進めようとしているかもしれない」(ニューヨーク・タイムズ)、「中国との緊張を高め、日本国内の有権者の怒りを呼ぶことは確実。極めて深刻な議論を呼ぶもの」(イギリス紙ガーディアン)、「日本の首相は外国の紛争に介入する手段を回復したい」(フランス紙レゼコー)。

「新婦人学校&班活動交流会」に全県から118人が参加 大いに学んで楽しく交流しました

 5月18日、新婦人52年の歴史つなぐ女性達の多彩な要求を「班から」そして「若い世代」へ。「若い世代とベテラン世代がコラボ(併走)して」元気に大きな班になりましょうと、新婦人の歴史と役割を学びあいました。早良支部からは7人が参加しました。
そして5月は、すべての班が、『19日(月)~31日(日)全国・福岡県いっせい仲間づくりデー』で、全班が会員・読者を迎えましょう!と呼びかけられました。

☆班会で仲間づくりの行動日を決めました 
室住班 13日の班会で、5月は会員1人と読者2人を目標にして、21日の14時から、署名を持って訪問することに決めました。
南庄班 先月の班会で、5月23日は"ランチ班会"にして会員以外の方もお誘いしようと決めました。ランチ班会の案内状をつくってお誘いしています。

私は言いたい!
☆瑞穂の国から稲田が消える。豊かな天然のダムなのに。
☆食の安全の鎖がずたずたに切れてゆく。誰のために鎬を削っているのですか?☆『世界の情勢をにらんで』などと逃げないでください。守らなければならないものはちゃんと護ってください。

くらしを壊すTPP交渉・日米協議合意を許さない!

私は言いたいカードを、全班に2枚~3枚お届けしています。班会や小組のときに、言いたいことを書いてくださいね。

*カレンダー*
5/27(火)常任委員会 10:30~12:00
6/3(火)組織・機関紙部会 10:30~12:00 班長会 13:30~15:30
6/7(土)支部委員会 13:30~16:00
6/9(月)憲法9条・核廃絶アピール署名 16:00~17:00 プラリバ前

世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の署名サイト

2014年5月14日 (水)

早良支部ニュース2014.5.15

 班から取り組む 4・5月バージョン
春 ら ら ら 行動

秘密保護法、原発、消費税増税、社会保障、教育制度の改悪やめて!
ジェンダー平等、憲法を守ろう!私たち女性の切実な願いを実現するために、新婦人を大きくするのは今

安倍政権は、12月国会で来年10月に消費税を10%にするかどうかを決めるといっています。このまま黙っていたら上げられます。署名運動で増税反対の世論を大きく広げましょう。

2015年のNPT再検討(核不拡散条約)までに、早良支部で4000筆を目標に、毎月9日の街頭宣伝や、訪問などで署名運動を進めています。(会員×20筆)

子育て世代の経済的負担を軽減することが求められています。子どもの医療費を中学卒業まで無料化を求める請願です。署名を集めてくれる方を増やしましょう。

*カレンダー*
5/16(金)支部 美と平和部会(レイラレディー会議) 13:30~15:00
5/17(土)支部 平和部会 10:30~12:00
5/17(土)支部 くらし部会 14:00~16:00
5/18(日)県本部 新婦人学校 10:30~12:10 班活動交流会 13:00~15:30 春日市クローバープラザ
5/19(月)支部 メディア部会 13:00~15:00
5/20(火)女性平和基金15周年記念学習会 西南大コミュニティーセンター 10:00~12:00 13:00~15:00

新婦人 星の原班ニュース ’14/5から

しんぶんタイムでわいわいと意見を出しあいました。
 4月21日、班会はわいわいと参加者全員が活発に自分の考えを出しあう素晴らしい班会でした。新婦人しんぶん4月3日付、ジャンボリーフ"ストップ!「戦争する国」づくり"は、今の日本の政治状況をよく表現しているよね。分厚いジュータンの中には安倍首相、いまや安倍放送局となってしまったNHKの籾井会長ほかがいて、そこを取り囲むように、戦争NO!軍事費より暮らしに!!と願う多数の国民と国連のパン・ギムンさん、アン・ライトさんなど、平和と民主主義のために国際的に活動中の方々のお顔があります。
「『消費税増税分は全部社会保障に使われます』NHKはよく言うよねぇ~。」「そうそう"ニュース9"の中で言ってたね。」とか、「このままいけば来年10月には10%になってしまうよね。ひどい話じゃないの。」「安倍さんは『積極的平和主義』って言ってるけど、積極的戦争主義じゃないの。」など鋭い意見も出されました。
 この日のもう一つの話題は"ビキニ水爆実験から60年・・・なお"という見出しの記事でした。ロンゲラップ島の人々は1954年、島から180キロ離れたビキニ環礁で米国が行った水爆実験で被曝し、島を離れた人々は今も戻れないままです。戻れぬ故郷、福島と同じとの記事を読み合わせ、福島のことを忘れることなく、そして福島を繰り返さないために原発ゼロの日本を実現しなければとの思いを確かめ合いました。新会員さんも含め、みんなが積極的に意見を出しあい、次回の班会を決めました。

ふくおか地区母親大会に参加して
 午前中の第1分科会 介護の今と制度を知ろうでは、一般的な制度の話ではなく、具体的で実践的な話にぐっと引き込まれるように聞き入りました。支部のくらし部会(社会保障部会改め)の活動に活かしていきたいです。
 午後は後藤弁護士による"生かそう憲法 戦争する国 しない国"の講演でした。集団的自衛権とは"日本の若者がアメリカ軍と一緒に海外で殺し、殺されることになる"ことだと知りました。ヒットラーが政権を取ったときのことを考えると、民主主義(多数決)は間違うことがあるので、日本の憲法は改憲発議の要件に総議員の3分の2のしばりをかけていることなど、とってもわかりやすく聞くことができました。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

パソコン豆知識集

よろしくお願いします。