無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2013.11.28 | トップページ | 早良支部ニュース2013.12.12 »

2013年12月 4日 (水)

早良支部ニュース2013.12.5

 「秘密保護法案」衆議院で強行可決
 全国各地で「反対」の声は急増

 審議すればするほど大臣答弁はボロボロ。かつてない広範な国民に加え、国連や「国際ペン」など海外からも異例の懸念・反対の声が上がっています。前日に行われた福島での公聴会では公述人7人全員が反対・慎重など、反対世論はどんどん強まる中で、秘密保護法案が11月26日夜、衆院本会議で強行可決されました。(自民・公明・「みんな」賛成、共産、民主、社民・生活反対)。この日、国会周辺では終日、抗議のコールが響き渡りました。現在「秘密保護法案」は参議院に移され審議中です。

自民・石破幹事長がブログで暴言
反対コールを「テロ」呼ばわり

 自民党の石破幹事長は29日、自らのブログで「今も議員会館の外では『特定秘密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量」「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質において余り変わらない」と書いています。秘密保護法案反対の行動が広まり、国会周辺でも連日取り組まれています。こうした高まる国民の声を「大音量」「絶叫戦術」「テロ行為」としか受け止めない石破幹事長に批判が強まっています。

共産・仁比氏の「警鐘」に議場拍手 (毎日11/28付記事)
参院本会議場で首相の声は小さく、法案の内容にふれる際は用意された原稿の棒読みが目立った。騒然とする議員席が静まったのは、共産党の仁比総平氏が質問したときだった。「同僚議員の皆さんに警鐘を鳴らしたい。この法案は国会議員も処罰対象にしている。政治的立場は違っても国民を代表し、巨大な行政権力・官僚機構に断固として迫ってこそ国会議員ではないのか」。議場への呼びかけに、野党席を中心に大きな拍手が起きた。

輝け子どもたち 58回 学ぶことが喜びではなく、苦役になっている

 秋には、次年度の予算編成に向けて、様々な請願が国会・都道府県議会・市町村議会に対して行われます。新婦人も、国会に提出する3種類の署名と、ゆきとどいた教育を求める福岡実行委員会に参加して、教育署名に取り組んでいます。
 先日、なぜその署名に取り組むのかについて、公立小学校の先生と、私立高校の先生からお話を聞く機会がありました。少人数学級の大切さや、私立学校への補助金を増額させることの大切さを再確認したのですが、小学校の先生がおっしゃった言葉が印象に残りました。「子どもたちにとって、学ぶことが喜びではなく苦役になっている」。前回紹介した桜井さんも、「今の環境は、子どもを育てるよりむしろ子どもを追い詰める」とおっしゃっています。皆さんはどう感じられていますか?

*カレンダー*
12/4(水)支部委員会 14:00~16:30
12/6(金)産直配達・メディアをチェック小組 14時~
12/9(月)早良9条の会・新婦人 宣伝行動 プラリバ前 15時~16時
 

« 早良支部ニュース2013.11.28 | トップページ | 早良支部ニュース2013.12.12 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/54142732

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2013.12.5:

« 早良支部ニュース2013.11.28 | トップページ | 早良支部ニュース2013.12.12 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

パソコン豆知識集

よろしくお願いします。