無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月18日 (水)

早良支部ニュース2013.12.19

 12月の班会 
握った手を離さずに 来年もよろしくお願いします

「秘密保護法案」「原発ゼロ」「TPP撤退」「消費税増税中止」「オスプレイ訓練中止」などなど、運動とたたかいのあるところには、全国どこでも新婦人がいます。国民の世論と運動で、「安倍政権の終わりが始まった」と報道される状況を作り出しています。

大原班 10日、忘年会をかねて班会をしました。20日の「玄海訴訟裁判」には、Kさん、Tさん、Hさんが参加する予定です。
室住班 18日に班会をします。新年会の日程も決めます。
星の原班 16日、ダンベル小組の後、ランチ班会をします。
チューリップ班 18日に忘年会をかねて班会をします。あったかーい鍋を準備します。

子どもたちに核兵器も戦争もない未来を贈るのは私たち
ミニクリスマス会で楽しくクリスマスツリーを作りました!

☆チューリップ班は15日に"びわの木"でミニクリスマス会をおこない、14人(子どもさんは2歳から4年生まで7人)が参加しました。N先生と庭でわらべうたをした後、クリスマスツリーづくりを頑張りました。
 班長のMさんとYさんのリードのもと、それぞれが手のひらに絵の具をつけて、タテ・ヨコ約1.5mの白い紙にベタベタと押しつけると、樅の木になっていきました。てっぺんのお星様は筆で描き、雪は綿を貼りつけると華やかなツリーが出来上がりました。子どもたちのエネルギーに感動。
 Tさんの手づくりケーキとお母さんたちの手づくりジェリーをお土産にいただきました。

☆となりのトトロ班は16日、今年最後の「わらべうた」例会で"ミニクリスマス"をおこない、8組の親子と4人の先生とサポーターが参加しました。
 わらべうた、絵本の読み聞かせ、紙芝居をした後、クリスマスツリーをみんなでつくりました。準備した緑色の紙でつくったツリー(4枚)に、それぞれが折り紙で好きな形をつくって飾り付けました。
 可愛く出来上がったツリーを囲んでランチタイム。S支部長がスイートポテトを、I事務局長が産直米のおにぎりを、そして、お惣菜をつくるのが得意な班のHさんが、おからとチキン料理を差し入れてくださいました。とっても美味しかったです。「おからのつくり方を習いたいね」の声もあり、Hさんにお惣菜を習って一緒につくれるようになればいいな・・と思っています。

*カレンダー*
1/9(木)9条・核廃絶署名 15時~16時 プラリバ前
1/14(火)早良支部新年会 11:30~13:30
◎新婦人しんぶん発行について
今年最終号は今週号で、26日号は休刊です。
新年号(2日号と9日号の合併号)は、仕分け作業を12/24にします。夕方には班に届く予定です。よろしくお願いします。

2013年12月11日 (水)

早良支部ニュース2013.12.12

国民の声を聞かず「秘密保護法案」の強行採決に怒り
憲法違反の秘密保護法撤廃へ、新たなたたかいを

 臨時国会最終日の6日、1万5千人もの人々が、「採決をするな」「廃案にしろ」と国会に駆けつけました。全国各地でも反対の集会やデモが行われました。
 3日には新たに「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」が発足、よびかけ人は、高畑勲、羽田澄子、降旗康男、山田洋次の映画監督で、吉永小百合さん、大竹しのぶさん、奈良岡朋子さん、野際陽子さん、宇崎竜童さんなど現在330人が賛同の声を寄せています。また「音楽・美術・演劇・映像・出版など表現に関わる人の会」も発足し、反対声明を発表しました。岩井俊二、坂本龍一、ピーター・バラカン、村上龍の各氏など91人が発起人に名前を連ねています。これだけの国民世論の反対の声、国民の圧倒的多数の""慎重審議を"という声を踏みにじって、6日深夜に秘密保護法案を強行採決しました。
 国民の怒りは強まり、直近の世論調査では安倍内閣の支持率が下がっています。今日から「秘密保護法撤廃へ」の運動をさらに広げましょう。

今年も、天神で「赤紙」配って通行人に訴えました

 福岡県母親大会連絡会は7日、旧日本軍の兵役命令書「赤紙」を複製したビラを天神で配りました。8団体24人が参加し、リレートークで「秘密保護法に反対の声をあげましょう」訴えると、中高生や青年たちがじっと耳を傾けていました。ビラを受け取った17歳と18歳の女性2人は「『赤紙』は初めて見ましたが、身近な人に来たらショックだと思う。戦争は絶対にしないようにしてほしい」「何も知らされないで戦争を起こされるのはイヤ。(秘密保護法は)やめてほしい」と話していました。また、演説を聞いていた80歳の男性は、「戦時中、将校の贅沢ぶりを話していたら、11歳なのに特高警察に捕まった。何が秘密に触れて捕まるのかまったくわからない秘密保護法は問題です」と言われました。

原班のTさんが毎日新聞社に出された手紙です。

毎日新聞社福岡総局御中

 私は今年90歳になる老人で耳が遠くなり、テレビはあまり見ませんが毎日新聞はよく読んでいます。特定秘密保護法反対の集会には参加しています。
 12月6日の記事に、強行採決に対し、「民主主義壊れる」「先に戦争」と大きくあり心強く思いました。
 弟が18歳で海軍に志願して出征するとき、私は「みずくかばね、大君のへにこそ死なめ、かえりみはせず」と唄って送り出しましたが、その年の暮れ「南方方面にて戦死せり」と書いた白い紙が一枚入っただけの白木の箱が届きました。次の弟は15歳で大刀洗の軍の飛行場に整備士として働いていましたが、終戦の年の3月、B29の空襲で吹き飛ばされて右手をちぎられました。
 空襲と空腹で苦しめられながら、原爆があるのも知らされずバケツで消火訓練をしていた戦時中です。二度とあのような戦争を起こさせぬ為に、報道の責任を「ひるまず役割を果たす」と大きく報道された12月7日の記事に改めて心強く思いました。

「メディアをチェック」小組からtv
11/6は、参加した6人全員がNHKの「秘密保護法案」に関しての報道が"遅い""短い"と共通していました。それぞれの思いを文章にしてNHKに出しました。

仲間が増えました!happy01
大原班 Sさんが元会員さんに話して、読者になっていただきました。

*カレンダー*
◎年末年始新婦人しんぶんの発行は今年最終号は12月19日号です。(12月26日号は休刊)
1月1日新年号(16面)は、1月2日号と9日号の合併号です。
1月16日号から通常発行です。

2013年12月 4日 (水)

早良支部ニュース2013.12.5

 「秘密保護法案」衆議院で強行可決
 全国各地で「反対」の声は急増

 審議すればするほど大臣答弁はボロボロ。かつてない広範な国民に加え、国連や「国際ペン」など海外からも異例の懸念・反対の声が上がっています。前日に行われた福島での公聴会では公述人7人全員が反対・慎重など、反対世論はどんどん強まる中で、秘密保護法案が11月26日夜、衆院本会議で強行可決されました。(自民・公明・「みんな」賛成、共産、民主、社民・生活反対)。この日、国会周辺では終日、抗議のコールが響き渡りました。現在「秘密保護法案」は参議院に移され審議中です。

自民・石破幹事長がブログで暴言
反対コールを「テロ」呼ばわり

 自民党の石破幹事長は29日、自らのブログで「今も議員会館の外では『特定秘密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量」「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質において余り変わらない」と書いています。秘密保護法案反対の行動が広まり、国会周辺でも連日取り組まれています。こうした高まる国民の声を「大音量」「絶叫戦術」「テロ行為」としか受け止めない石破幹事長に批判が強まっています。

共産・仁比氏の「警鐘」に議場拍手 (毎日11/28付記事)
参院本会議場で首相の声は小さく、法案の内容にふれる際は用意された原稿の棒読みが目立った。騒然とする議員席が静まったのは、共産党の仁比総平氏が質問したときだった。「同僚議員の皆さんに警鐘を鳴らしたい。この法案は国会議員も処罰対象にしている。政治的立場は違っても国民を代表し、巨大な行政権力・官僚機構に断固として迫ってこそ国会議員ではないのか」。議場への呼びかけに、野党席を中心に大きな拍手が起きた。

輝け子どもたち 58回 学ぶことが喜びではなく、苦役になっている

 秋には、次年度の予算編成に向けて、様々な請願が国会・都道府県議会・市町村議会に対して行われます。新婦人も、国会に提出する3種類の署名と、ゆきとどいた教育を求める福岡実行委員会に参加して、教育署名に取り組んでいます。
 先日、なぜその署名に取り組むのかについて、公立小学校の先生と、私立高校の先生からお話を聞く機会がありました。少人数学級の大切さや、私立学校への補助金を増額させることの大切さを再確認したのですが、小学校の先生がおっしゃった言葉が印象に残りました。「子どもたちにとって、学ぶことが喜びではなく苦役になっている」。前回紹介した桜井さんも、「今の環境は、子どもを育てるよりむしろ子どもを追い詰める」とおっしゃっています。皆さんはどう感じられていますか?

*カレンダー*
12/4(水)支部委員会 14:00~16:30
12/6(金)産直配達・メディアをチェック小組 14時~
12/9(月)早良9条の会・新婦人 宣伝行動 プラリバ前 15時~16時
 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »