無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2013.3.21後編 | トップページ | 早良支部ニュース2013.4.18前編 »

2013年3月27日 (水)

早良支部ニュース2013.3.28

 春は新しい出会いの季節です!国連NGOの新婦人にお誘いしてみませんか

となりのトトロ班 「わらべうた」の会員さんが、友人を誘って体験してもらいました。2回体験して入会されました。
大原班 3/12の班会で、仲間づくりで訪問する日を決めました。18日のちぎり絵小組の後、S支部長も参加してKさんとTさんが訪問。2軒とも留守でしたが、Kさんが老人会で知り合った方にばったり出会い、しんぶん読者になっていただきました。
チューリップ班 Kさんが、以前勤めていた職場の同僚に新婦人しんぶんの読者になってもらいました。
早良班 SuさんとS支部長が、N先生のわらべうた教室の生徒さんに読者になっていただきました。早良支部の事務所の近くの保育園の保育師さんです。
また、早良班が新聞に折り込んだチラシを見られた30代の方が、「絵手紙」「ちぎり絵」「散策」をしてみたいと申し込まれ入会されました。

輝け子どもたち 38回 世界の中心で、愛をさけぶ

 東日本大震災と福島原発の事故から丸2年がたちました。3/20に「憲法・雇用・子育て・原発を考える県民のつどい」があり、参加しました。この日講演をされた片山恭一さんは、ベストセラーになった「世界の中心で、愛をさけぶ」の作者ですが、玄海原発訴訟の原告として裁判で陳述もされた方だそうです。
 片山さんは、「ぼくたちは何を守ろうとしているのか~ウイルス・テロ・放射能」というタイトルで講演されました。要約すると、21世紀は「人間自らが作り出した見えない敵」であるウイルス・テロ・放射能とはてしなく闘っていかなければならない世紀になるのではないか、無力で無防備な個人として家族の命をいかに守るのかを考える時に、キーワードはやはり「愛」ではないか。プライベートなもの・ロマンチックなものとしての愛ではなく、パブリックな愛、富の偏りがある不公正な社会から、つながり、わかちあう社会へ、「物質的には今より貧しくなるかもしれないけれど、幸せに貧しくなっていく・豊かにつつましくなっていく方法があるはずだ。」という言葉が印象的でした。

☆就学援助集団申請
申請の準備はできましたか
3月29日(金)
ふくふくプラザ601号室
13時~受付
13時半~教育講演
講師 吉岡直子さん
(西南学院大学教授)

☆新しい小組の名前を募集中!
社会保障部会で、「マスコミなどメディアの報道が偏っていると感じることが多い」とおしゃべりが弾みました。
おかしいと思うことや、共感することは、ハガキやFAXで意見を送る小組をつくろうとなりました。ふるって応募してください。

*カレンダー*
3/29(金)就学援助集団申請 13時受付開始 ふくふくプラザ601号室
4/5(金)支部委員会 14時~16時半
4/6(土)支部委員会 10時半~12時半
どちらかにご出席ください
産直野菜・米の配達日 4月5日(金)

« 早良支部ニュース2013.3.21後編 | トップページ | 早良支部ニュース2013.4.18前編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/50980686

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2013.3.28:

« 早良支部ニュース2013.3.21後編 | トップページ | 早良支部ニュース2013.4.18前編 »