無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月19日 (水)

早良支部ニュース2012.12.20

 新婦人創立50周年の年を振り返って、それぞれの思いをおしゃべりしましょう
あなたにとってどういう年でしたか?
そして、2013年に何を望みますか?

《各班の班会・小組の状況》
となりのトトロ班 10日のわらべうた小組で、体験された方がその場で入会されました。他支部で体験したとき、早良支部にわらべうたのスペシャリスト(N先生のこと)がいると聞かれたそうです。
南庄班 1/18新年会。
室住班 12/12「絵手紙」、19日班会、1月新年会
大原班 12/11班会、1/8新年会(1品持ち寄り)
原班 12/19班会予定
星の原班 「ダンベル」「絵手紙」「折り紙」「布ぞうり」は今週で今年最後。1月は7日の「ダンベル」からスタート。
野芥班 12/22班会。
次郎丸班 「ハングル」は12/16で今年は終了。1月は9日からスタート。
チューリップ班 12/5班会、22日に「親子でクリスマスのつどい」をします。"読みきかせ"や"折り紙"などを一緒に楽しみます。
早良班 1/15班会。

*年末・年始のカレンダー*
12/25しんぶん仕分け
12/27(木)支部仕事納め
1/8(火)産直米・野菜 配達日
1/10(木)早良支部新年会
1/11(金)支部委員会 ①10:30~②14:00~ どちらかに必ず出席してください。

総選挙の結果、自民党・公明党で衆議院の2/3の議席を占めました
 前回の総選挙で国民が厳しい審判を下した自民・公明政権が復活しました。しかも、「憲法」を変えて戦争する国づくりを堂々と掲げる、最も危険な政権となっての復活です。
 新婦人の会は、「夫や子どもたちを戦場に送るような時代に逆戻りさせてはならない」「平和憲法の完全実施で、平和な社会をつくろう」と、五つの目的を掲げて創立しました。これからも多くの女性たちと手をつなぎ、「原発ゼロ、貧困と格差をなくし、憲法が生きる日本」を掲げて運動を広げましょう。

早良支部・新年会のお知らせ

と き 1月10日(木)11時半~
ところ 茶しゃぶ わび助
会 費 2000円以内

☆プレゼント交換をしますので一点お持ちください。
☆申し込み締め切り:1月5日
連絡先(電話かFAXで)事務所:851-6053

移転する少年科学文化会館にも文化ホールをのぞむ会ニュース
署名提出を12月20日(木)に行います。
12月20日の提出に間に合わなかった署名は、上積みできますので、事務所へ届けてくださいね。

2012年12月12日 (水)

早良支部ニュース2012.12.13

 新婦人50周年
私が選ぶ!
女性たちが自ら切り開いてきた歴史を逆戻りさせない私の選択を!
○戦前は女性はもちろん多くの国民に選挙権も集会や結社の自由もありませんでした。すべての政党が戦争推進の大政翼賛会として、大連合し、マスコミもいっしょになって国民を戦争の道へと誘導しました。「戦争反対」「主権在民」など掲げた日本共産党は、非合法化され弾圧されました。(戦後、自民党の教本に掲載)
○戦後の憲法には、民主主義をすすめる「戦争放棄(第九条)」「国民主権」を基本にしたさまざまな国民の権利が制定され、女性参政権も実現しました。
○戦後は、戦前と違って私の1票で戦争への道を阻止できます。
新婦人創立50周年の年に行われる総選挙で、歴史を逆戻りさせない選択をしましょう。

見極めて投票しよう!

言っていること、やっていること

 

消費税増税
増税絶対反対

TPP交渉
参加断固反対
エネルギー問題
すぐ原発ゼロに
オスプレイ配備
すぐに中止せよ
民主 × × × ×
民・自・公3党で合意し、
消費税増税法案を推進
交渉参加を表明 「重要電源として活用」と主張 配備には大きな意味がある
と主張
自民 × × ×
民・自・公3党で合意し、消費税増税法案を推進 日本の国益に反する交渉参加は反対と主張 安全を判断し順次再稼働を主張 日米同盟の強化、「集団的自衛権」の行使を認める法整備も進める。
未来 ×
消費税法案の「凍結」を主張 曖昧な態度だったが代表が反対を表明 2020年から2025年までに脱原発をめざす。それまでは再稼働容認 米軍の抑止力を維持しながら国の内外に分散移転を主張
公明 ×
民・自・公3党で合意し、
消費税増税法案を推進
「アジア太平洋自由貿易圏」の構築をめざす 新規着工を認めず、それまで基準を満たせば再稼働容認 安全性の確認と地元の合意がなければ反対と主張していたがマニフェストに記載なし
みんな 不明
増税する前に公務員や職員定数削減をやるべきと主張 HPに記載なし、代表の記者会見にも該当なし 電力の市場を強化することで電力供給を増やせば原発は不用になると主張 配備反対と発言したが国会などで問題にせず
共産
消費税増税法案の「廃止」を主張 TPP交渉の参加反対 再生可能エネルギーの活用で原発の即時撤廃を主張 配備反対、米軍基地全面撤去を主張
社民
食料品・医薬品・生活必需品などの無税・軽減を主張 TPP交渉の参加反対 2020年から2025年までに脱原発をめざす。それまでは再稼働容認 アメリカと交渉し配備を断念させるべきと主張
維新 × × × ×
地方交付税を廃止し、消費税を地方税とすることを主張 公約の原案にTPP交渉参加を明記 脱原発依存体制の構築をいいながら大飯原発の再稼働を容認 基地については負担は沖縄にお願いと発言

2012年12月 5日 (水)

早良支部ニュース2012.12.6後編

☆平和大会に参加された方が見た光景ー平和への道か戦争への道か
 11月23日に東京で「平和大会」が開催され、新婦人の会からも全国から参加しました。野芥班のIさんの息子さんが民商の代表で参加され、その時目の当たりにした光景を聞きました。
 「東京に着いた日が金曜日だったので、首相官邸前での集会にも参加しましたが、たくさんの人が集まっていて凄かったです。「さよなら原発!福岡集会」に来てくれた、首都圏反原発連合のレッドウルフさんにも会ってきました。
 その一方で、日比谷でぞっとする光景を見ました。300人くらいの男性が、一人ひとりが大きな日の丸の旗を掲げ、横断幕には"阿倍「救国」内閣樹立へ!」、プラカードには"阿倍総裁を守れ""尖閣諸島には自衛隊の常駐を"など掲げて行進していました。まるで映画で観た戦前の光景のようでした。今度の選挙で、僕たちがどちらの光景を選択するかが問われていますね」と話してくれました。

☆仲間が増えました
星の原班 体験会のチラシを見て「絵手紙」を楽しく体験され、入会されました。
チューリップ班 Niさん宅に読者の方がしんぶん代を持ってこられたときに「会員に入りませんか」とすすめると、「いいですよ」と嬉しい返事が返ってきました。
また、Naさんがいつも"ちひろカレンダー"を購入してくださる方にしんぶんをすすめて、読者になっていただきました。

*カレンダー*
12/6(木)産直米・野菜配達日
12/9(日)県本部50年のつどい
12/16(日)総選挙投票日
○年末の最終号は12月20日号、12月27日は休刊。
○年始め  1月3日・1月10日合併号(1月1日号)
○1月17日号から通常通り。

早良支部ニュース2012.12.6前編

 私の願う未来への1票は
子どもたちへの最大のクリスマスプレゼント!

「原発即時ゼロ」「消費税増税ストップ」「TPP参加反対」「オスプレイ・米軍基地はいらない」「年金減らさないで」「正社員が当たり前の雇用を」「憲法を変えないで」etc・・・

■前回の選挙では、初めて国民が自民党政権を民主党政権に変えました。しかし、相次ぐ公約違反で、あっという間に自民党政治に帰ってしまいました。
昨年、東日本大震災・原発事故を経験し、多くの人たちが「何かしなければ」「黙っていては変わらない」と声をあげ、行動に立ち上がっています。そして、その切実な声を聞かず、アメリカと財界の命令ばかり聞く政治を強行する政府に、「どこの国の政府なのか?」「誰のための政治なのか?」と怒りが広がっています。
■今回の総選挙は、「これまで通り、アメリカや財界のための政治を続ける政治」か、「アメリカと財界言いなりではなく、『憲法』を中心にした国づくりに変え、貧困と格差をなくし、平和と民主主義をすすめる政治」かの選択になります。
■14党が立候補しますが、企業献金をもらっている政党や「憲法」を変えて戦争する国づくりを掲げる政党では、これまで60年続いてきた自民党型政治と同じではないでしょうか。
 新婦人しんぶんに、選挙の情報が掲載されますので参考にしてください。

「原発なくそう!学習交流会」のあと、街頭で宣伝しました。
 2日、早良市民センターで「原発なくそう!学習交流会」が、「九州玄海原発訴訟をすすめる早良区の会」主催で行われました。
 学習会後に西新プラリバ前で宣伝、原告弁護団の毛利弁護士の訴えに用意したビラがあっという間になくなりました。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »