無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

早良支部ニュース2012.11.29後編

☆「あなたたちが頑張ってくれるからありがたい」と街頭署名で感謝の声!
 24日の午後3時から1時間、西新プラリバ前で「消費税中止」の街頭宣伝署名(西部地区消費税廃止各界連絡会)がおこなわれ、新婦人も参加しました。「消費税はやめさせられます!総選挙で、増税を談合で決めた政党ではなく、消費増税しなくても社会保障の財源を確保できると公約している政党を選択しましょう!」と訴えると、「消費税はやめてほしい、あなたたちが頑張ってくれるからありがたい」と言われる高齢の男性や、熱いお茶を差し入れてくれる方、「消費税反対!」と小学生、広島や宮崎から来られていた方も自分から寄ってこられるなど、大いに励まされました。

☆輝け子どもたち 32回 子どもの声を聴く制度
 兵庫県の川西市(人口16万人)は、日本ではじめてこどもの人権オンブパーソン制度をつくったところだそうです。この「子どもの声を聴いて関係を調整する」公的制度が誕生したのは1998年の12月、翌年4月から実施されました。この制度ができるきっかけとなったのが、1994年に国連子どもの権利条約が日本で批准されたことです。
・子どもに関するすべての手続きに「子どもの最善の利益」が考えられること(第3条1項)
・子どもが自分に関係あるすべてのことについて、「自由に意見を述べる権利」を大人が確保すること(第12条1項)
・子どもに関するすべての手続きで、ときに「子どもは意見を聴いてもらう機会をあたえられること」(第12条2項)
そのための制度なのです。

☆仲間が増えました!
 19日、星の原班の小組合同体験会に来られた方が「ダンベル体操」を体験し、その場で入会されました。

*カレンダー*
12/1(土)子ども病院 福岡市民による検証 財政問題 14時~16時 市民会館小ホール
12/2(日)原発なくそう学習交流会 13:30~16:00早良市民センター
支部委員会12/4(火)13:30~
支部委員会12/5(水)10:30~
どちらかに必ず出席
12/6(木)産直米・野菜配達

早良支部ニュース2012.11.29前編

 原発ゼロ、東日本の復興、貧困と格差なくし、憲法がいきる日本を!

「いのちを大切にしない政治を変えよう!」「1票で民主主義を取り戻そう」
女性・国民の怒りに追い詰められ衆議院を解散した民主党政権。
人と人が支えあうあたたかい社会に変えるのは私たち自身です。私たちの1票で、日本を変え、人にやさしい政治へのスタートにしましょう。

ぜんざいを食べながら、年金や税金の使い方、原発などおしゃべり!
室住班は21日に班会をしました。Tさん手作りの美味しいぜんざいをいただきながら、選挙の話でおしゃべりが盛り上がりました。
「年金が下げられて大変なのに、消費税が上げられたら暮らしていけない」、「日本の税の制度は年間所得が1億円を超える人は、所得税が高くなるほど減税になるんだそうよ。日産のカルロス・ゴーン社長は年間の報酬が9億円だから、ものすごい減税よね」
「そうよね、そういう富裕層が当たり前に税金を納めれば、消費税上げなくても社会保障予算は確保できるのに。
 政党助成金だって私たちの税金なのに、身を削るといいながら、共産党以外の政党はもらってるし、庶民にばかり増税するなんて不公平!」
「民主党も自民党も企業献金をもらっているから、大企業や電力会社や富裕層のための政しかできないことがわかってきた」
「維新の会だって第3極とかいわれてるけど、政党助成金も企業団体献金ももらうそうだから、期待できないし、これまでの古い政治と一緒だと思うよ」などなど・・・

2012年11月21日 (水)

早良支部ニュース2012.11.22後編

 総選挙が12月4日公示、16日投票で行われます
私と新婦人の願いかなえいのち守る社会実現のために確かな選択を!
17日・18日新婦人中央委員会が開かれました。笠井会長は「今年、創立50年記念運動にとりくみ、新婦人への確信が広がっています。総選挙で『私が選ぶ』の思いで、女性の願いをかなえ命守る社会を実現するため、活発に討論する中央委員会にしましょう」と呼びかけました。

■これまでどの政党が私たちの願いを議会に反映させ、実現のために一緒に行動してきたのか、班会や小組で各党が揚げていることなどをおしゃべりしてみませんか。

平和バスツアーに参加して
 ぼくは小学校3年生です。教科書に「ちいちゃんのかげおくり」というのがあります。平和バスツアーから帰ってそれを読んでいると、ぼくが見てきたこととT先生の話と同じでした。
 とんだの森では、爆弾が落ちて焼けた木の株にオレンジ色のコスモスをさしてきました。行ってよかったです。
Fくん(9歳)

 新婦人城南支部の平和ツアー(10月)、大刀洗平和記念館・頓田の森・今村教会などに孫を連れて参加しました。その時の孫の感想文ですが行ってよかったと思ってくれたのが何よりです。核兵器も原発も戦争もない社会を手渡したいと強く思います。
早良支部平和部長 Mさん

市民いじめの大計画&移転する少年科学文化会館の文化ホールはずし学習懇談会のご案内
12月市議会に10万署名を!
日 時11月24日(土)午後1時~2時半
ところ原西公民館2階
主催「早良区市民の会」

*カレンダー*
11/24(土)消費税署名 15時~16時プラリバ
11/26(月)仲間づくり2回報 13時、17時
12/1(土)子ども病院 福岡市民による検証 財政問題 14時~16時 市民会館小ホール
12/2(日)原発なくそう学習交流会 13:30~16:00早良市民センター
支部委員会12/4(火)13:30~
支部委員会12/5(水)10:30~
どちらかに必ず出席

早良支部ニュース2012.11.22前編

新婦人創立50周年おめでとう!早良支部のつどいに51人が参加!

50年会員さんたちの話に感動し、「新婦人50年のあゆみ」と「早良支部17年のあゆみ」(DVD)で多くを学びました!
☆11月17日、飯倉公民館で早良支部実行委員会主催で、「創立50年おめでとうの集い」が開かれ、熟年から子育て世代まで51人が参加しました。
会場の正面には、各班が作成した「50年おめでとう」の寄せ書きやアップリケなどの10枚がつなぎ合わされたタペストリーが掛けられ、小組作品が飾られ、コーヒーの香りもただようという華やかで暖かい雰囲気につつまれる中、S実行委員長のあいさつで始まりました。
☆50年会員のAさん(南庄班)、Iさん(星の原班)、Iさん(原班)、Kさん(大原班)、Tさん(原班)の5人の方に実行委員会が準備したプレゼントが、それぞれ所属する班の方から贈られた後、K副支部長がインタビュー。応えられる一言一言に参加者の感動が広がりました。(早良班のMさんはご都合がつかず残念でした)。
☆お茶タイムは、コーヒー・緑茶・ロールケーキ・お饅頭を食べながら楽しくおしゃべり。「お元気でしたか」「お久しぶりです」など懐かしい嬉しいあいさつがとびかっていました。ミニバザーには小組の作品や手作りケーキも出され大好評、「ハングル」小組のみなさんがハングル語であいさつしたり、「茶花」小組の先生から茶花の紹介もありと、あっという間に時間が過ぎました。
☆閉会のあいさつは「早良支部の17年のあゆみ」をパソコンで作成してくれた実行委員会副委員長のIさんが、「今回、実行委員の一員としてかかわる中で、私自身が新婦人について多くを学ぶことができました」とあいさつし、参加者から共感と感謝の大きな拍手が寄せられました。

19日~26日全国いっせい仲間づくりエンパワーメントデー
仲間が増えました!
早良班 14日、Sさんが知人にしんぶんをすすめて読者になっていただきました。

2012年11月14日 (水)

早良支部ニュース2012.11.15

 創立50周年"早良支部おめでとうのつどい"
11月17日(土)13:30~16:00 飯倉公民館

☆『早良支部17年のあゆみ』を作成しました。
☆1点持ち寄りでミニバザーもしますので、ご協力をお願いします。
☆小組の作品の即売もできます。

☆となりのトトロ班のわらべうた小組は、12日の例会で班長のYさんがコピーしてくれた、「創立のよびかけー新しい婦人組織のためにー」をいっしょに読みました。

11月19日~25日、全国仲間づくりデーです!
☆11/19(月)10時~12時星の原団地で"小組合同体験会"をします!
☆先週は、HさんとIさんが読者を1人、Sさんが読者を2人迎えました。

「福岡市政を知る学習会」のご案内
 「少年科学文化会館」の舞台ホールを廃止するのはいつ決められたのでしょうか?
高島市政は、何を削り、何を進めようとしているのか。12月市議会に提出する署名運動の力になる学習会です。(早良区市民の会企画)
と き11月24日(土)13時~14時半
ところ原西公民館2階 (原往還バス停で下車3分。原西小学校前)

輝け子どもたち 31回 子どもの居場所
 前にも書きましたが、「子どもの話に耳を傾けて聴く(自分の価値観は脇に置いておいて)」ということがとても大事です。
 知人のTさんは、「お母さんの話を聴く」ことを中心において活動している人ですが、「お母さんたち自身が話を聴いてもらう喜びを経験していないので、子どもの話を聞くことができないのだ」と言います。なので、みんなで、1人のお母さんの話をじっくり聴くそうです。聴く時には、「その時どんな気持ちだった?と気持ちも聴くようにしているそうです。そして、それを文章にして、「こういうことだったよね?」と確認して、違っていたら訂正してもらう。話を聴いてもらうと、そのお母さんが元気になる。そうして次は子どもの話をよく聴くことができるようになって、子どもも元気になる。それが自分たちの喜びになっているそうです。

*カレンダー*
11/17(土)早良支部おめでとうのつどい 飯倉公民館 13時30分~16時45分
11/19(月)星の原班 合同体験会 団地集会所 10時~12時
11/24(土)市政を知る学習会 原西公民館13時~14時30分
●支部委員会 12/4 13:30~ 12/5 10:30~

2012年11月 7日 (水)

早良支部ニュース2012.11.8後編

 "早良支部50周年おめでとうの集い"に車2台で参加します。南庄班
 10月26日にTさん宅で班会を開きました。50年会員のAさんも退院されたばかりでしたが参加され、紅茶を飲みながらおしゃべりが弾みました。支部委員のSさんが「私たちの班にも50年会員のAさんがいるので、17日の『50周年おめでとうの集い』にみんなで参加してお祝いしましょう」と呼びかけると、「私が車を出しましょう」と言われる方もあり、この日の参加者は全員が参加されることになりました。また、タペストリーづくりもその場で寄せ書きができました。(この日参加できていない方にも後日書いてもらいました)。17日が楽しみです。

みんなでタペストリーづくりとランチタイムを楽しみました。 大原班
 10月23日、Oさん宅に、7人が集まりわいわいとおしゃべりしながらタペストリーをつくりました。ランチタイムは、Oさん手作りのちらし寿司を美味しくいただきました。

いわさきちひろ 2013年カレンダー 1,400円ご注文は早良支部事務所まで

星の原班 小組合同体験会をします。
11月19日(月)団地集会所10時~ ダンベル小組例会に併せ、絵手紙・布ぞうり・新聞ちぎり絵をします。おいでください。

☆仲間が増えました
室住班 I事務局長が市民劇場の事務局の方2人に「新婦人が50周年を迎える」ことを話して読者になってもらいました。また、Iさんが元会員を訪ねて再度会員になってもらいました。
チューリップ班 Kさんが近所の方2人を訪ねて読者になってもらいました。

ご冥福をお祈りいたします
大原班のNさんがお亡くなりになりました。享年85歳でした。

*カレンダー*
11/7(水)14時~支部委員会
11/8(木)10時半~支部委員会
11/9(金)「9条を守ろう」街頭署名15時~西新プラリバ
11/11(日)「さよなら原発!福岡集会」14時~冷泉公園
11/17(土)「早良支部・新婦人創立50周年を祝う集い」13時半~飯倉公民館
11/24(土)「消費税中止」街頭署名15時~西新プラリバ

早良支部ニュース2012.11.8前編

 安心してくらし、働き続けるために・・・

あつまっておしゃべり、子育ても、仕事も老後も仲間とともに

"原発即ゼロ"にむけて「あさこはうす」に絵手紙を送ることなら
 大原班のMさんは、新婦人しんぶんで紹介された、大間原発の敷地買収に応じず、フェンスに囲まれた土地に建てたログハウス「あさこハウス」で、原発建設反対の声をあげ続けている小笠原厚子さんの生き方に感銘をうけました。お母さんの故あさ子さんから引き継いで住み続けていること、「あさこハウス」に手紙・ハガキを送ることで、郵便局や宅急便が通る道を東電は閉鎖することができないこと、「あさこさんに手紙や荷物を送ろう」という運動が広がり、毎日国内外から郵便物が届けられていることなどを知りました。
 Mさんは「これなら私にもできる」と思い、小組で画いた絵手紙やちぎり絵をおくっています。
■福島原発事故以降止まっていた大間原発の建設工事が10月1日再開されました。「原発ゼロ」といいながら、その実現を先送りする野田政権が原発新設を認めたことに全国で批判の声が上がっています。
小笠原厚子さんは「政府はなぜ、原発ゼロを発信している国民の方を向いてくれないのですか。正反対のことをするのですか」と憤っています。
☆「あさこハウス」の宛先です。あなたも便りを送りませんか。
〒039-4601青森県下北郡大間町大奥戸396「あさこハウス」

今月の班会
南庄班23日(金)13時半Tさん宅
大原班13日(火)10時大原公民館
室住班21日(水)13時Tさん宅。24日(土)「シネマ小組」
原班21日(水)14時半原公民館
チューリップ班21日(水)10時半Nさん宅
※他の班は、決まり次第お知らせします。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »