無料ブログはココログ

« 早良支部ニュース2012.10.4 | トップページ | 早良支部ニュース2012.10.11後編 »

2012年10月10日 (水)

早良支部ニュース2012.10.11前編

 新婦人創立50周年

新婦人の中心で活躍されている若い皆さんの、創立50年への思いを語る座談会の一部を紹介します。(「女性&運動」10月号)

☆いま上の子が小学校4年生で、その子がうまれた時に誘われて入会しました。母も新婦人の会員だったので、近所のおばちゃんたちが「ワーワーやっている会」というイメージで、小さい頃から身近な存在でした。
3・11以来がらっといろんな事が変わってきて、官邸前行動などを見ても、みんなもすごく変わってきていると感じます。創立50年の今年は、私自身がそうだったように、新婦人の若い人が自分たちで運動をつくっていく、やりたいことをどんどんやっていく、自分たちがおかしいと思うことに食いついていく、そのパワーを体感して新婦人の醍醐味を味わってほしいと思っています。(東京都本部組織部長、Oさん)

☆新婦人はやっぱり”命を守る"を中心においていることが決定的なのかな。それがワーワー感の元になってる。それからクリエイティブ(創造的)に生きるって言うことが大事。私が新婦人に入った時、年金保険料も払っていなかった・・・。でも、先輩から「いま年金制度はひどいけど、私たちがいい制度に変えるから、払っておきなさい」って言われて。これスゴイです。世の中を変えることを前提に生きている。新婦人の永遠のクリエイティブさが出ています。(中央本部平和部長、Nさん)

☆そこを目指しているからいきいきできて子どもにも堂々としていられる。子どもに残せるものは生き方しかないって思う。自分だけよければいいという生き方を親がしていたら、子どももそういう生き方しか教わらない。私は、親や女性たちが手をつないで「ワーワー」している姿を子どもたちに見せて生きたい。新しい社会をつくるためには、この生き方しかない、そこにしか希望はない。だから若いお母さんにも手をつなごうって言いたい。あと平和でなければね。(神奈川県本部組織部長、Sさん)

« 早良支部ニュース2012.10.4 | トップページ | 早良支部ニュース2012.10.11後編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/47385258

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2012.10.11前編:

« 早良支部ニュース2012.10.4 | トップページ | 早良支部ニュース2012.10.11後編 »