無料ブログはココログ

« 献血 | トップページ | 早良支部ニュース2011.9.22後編 »

2011年9月21日 (水)

早良支部ニュース2011.9.22前編

 "原発も核兵器もノー!"は世界の願い!

原水爆禁止世界大会会場で全国の運動で集められた、548,244(新婦人22万・福岡5,925)人分の「核兵器廃絶」署名が、ドゥアルテ国連上級代表に手渡されました。
「みなさんをパートナーとして、ともに行動できることを誇りに思います」というパン・ギムン国連事務総長のメッセージを代読したドゥアルテさんは「秋の国連総会に提出する国際署名を国連本部に展示します」と約束しました。

☆平和基金はジェンダー平等の大きな力!

(レイラ化粧品1本買うことにより1円が積み立てられ、毎年の大会に海外の女性を招待することができています)「核兵器なくそう女性のつどいin長崎」招待の2人の女性たちから中央本部に届いたメッセージを紹介します。(一部)
☆マリオン・キューブカーさん(ドイツ平和協会・核兵器廃絶非暴力行動コーディネーター)
 「『平和基金』のアイディアは、世界中で平和運動でがんばっている女性たちにとって励まされるアイデアです。このような重要な会議により多くの草の根の活動家が参加し、重要な役割を果たすことができます」
☆リサリンダ・ナティビダドさん(グアム平和正義連合会長)
「女性平和基金が私に、世界大会の活動に参加し、グアムの姉妹たちの抵抗の声を届ける機会を与えてくださったことに感謝。女性として、世界に命の文化を創る責任があります」

☆核兵器がなくなるまでネバー・ギブアップ! 星の原班
 8月6日の原水爆禁止広島大会に、班のみなさんに折っていただいた千羽鶴をもって参加しました。海外代表の女性の方に直接手渡すことができました。
 被曝されたときの話を生々しく語られた86歳の方が「今も外国に行ける限りがんばって訴え続けている。あきらめてはいけない、ネバー・ギブアップ」としめくくられたお話しが忘れられません・・・。核兵器がなくなるまで運動を続けなければいけないと思いました。

« 献血 | トップページ | 早良支部ニュース2011.9.22後編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1502997/41879257

この記事へのトラックバック一覧です: 早良支部ニュース2011.9.22前編:

« 献血 | トップページ | 早良支部ニュース2011.9.22後編 »