無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

吉さんと夏野菜2

ついに、本当の夏がやってきた。暑い。吉さんはとても暑がりなのでもうク-ラ-がんがんである。そんなこんなで畑の野菜たちも、草たちもどんどん大きくなり始めた。きゅうり、なす、とまと いんげんまめ、その中のトマトの写真を撮ってみた。  日除けのゴ-ヤも何とか葉が茂りつつある。

Photo

Img_2786_1

2011年6月29日 (水)

早良支部ニュース2011.6.30後編

室住班・小組合同体験会

布ぞうり作りを体験された方が入会されました。
 22日の有住公民館での合同体験会(折り紙、布ぞうり、絵手紙)には小組の会員さんとチラシを見て参加された方お1人が参加。チラシを見てこられた方は「布ぞうりを姉からもらったんですが、自分でもつくってみたいので来ました」といわれ、西村先生の手ほどきで子供用のぞうりをつくられました。室住団地に引っ越してきたばかりとのことで、その場で入会していただきました。

チューリップ班・6月は地域のスーパー前で署名を訴えました!
 15日は班会の前に30分「ウォーキング」小組。”おしゃべり班会カフェ"のあと、お弁当を食べて四箇田団地西鉄ストア前で、「核兵器廃絶」の署名を訴えました。6人が参加し、バス停で待っている方にも積極的に話しかけて1時間で48筆の署名を集めました。

原班・久しぶりの班会でおしゃべりが弾みました。
 21日に班会を開き、1月と今月に入会された方など5人と事務局長が参加。羊羹、・ケーキ・紅茶をいただきながらおしゃべり。習いたての博多にわかを披露される方もあって大いににぎわい、班会を毎月1回定例化することを決めました。

*カレンダー*
7月5日(火) 支部委員会 13:30~  18:00~
7月6日(水) 産地野菜・米配達 
7月7日(木) 教科書(歴史)展示終了日

早良支部ニュース2011.6.30前編

市民の声を聞いて!こども病院の人工島移転を許さない!

市議会の傍聴席がいっぱいに、高島市長の答弁に市民の怒り沸騰

 6月20日、この間「人工島移転に反対」の市民の声を議会に反映し続けた中山いくみ市議の質問が行われ、傍聴席がいっぱいになる160人が参加しました。
 「人工島は安全、調査を依頼した九大教授も砂地でも土壌改良すれば大丈夫といわれた」という高島市長、中山市議が「都合のいいところだけを抜き出している、調査報告を全文読んでみると、決して人工島は安全という内容ではない」と調査報告の文書内容を読み上げました。また、「こども病院を人工島に移転する」と記者会見で発表した高島市長のやり方は前市長と同じく「人工島ありき」の強引な進め方そのものです。中山議員は「市が一部の幹部だけで行ってきた意志決定のプロセスは、納得できない。疑念を拭い去れないという意見があることを重く受け止めていただきたい」という調査委員会の批判が反映されていないと追求し、傍聴席から大きな拍手が起こりました。
☆傍聴後、こども病院の人工島移転に反対する連絡会の会議がおこなわれ、9月市議会にむけてとりくむ新署名用紙が各団体に配られました。

脱原発の歌を集めたサイトがあります。

☆「原子力発電から脱却することを主張するプロテストソング集」のサイト
 1970年代から福島原発の事故まで、映像付き、音声のみ、併せて16曲、脱原発ソングの道筋をたどれます。
 今、アイドルの高校生の少女グループ、制服向上委員会も「ダッ!ダッ!脱・原発ダッ!ダッ!脱・原発」と歌います。
「それはそれはとても許せないお話し/例え例え国の政策だとしても/危ないことことが起きてしまったのに嘘ついて/『ただちに人体に影響はない』なんてね」 「もう忘れないから原発推進派/安全だったらアナタが住めばいい/みんなに迷惑かけちゃって/未熟な大人ではずかしいよね」(一部抜粋)

2011年6月25日 (土)

吉さんと歩く 2

今日も暑い何もしなくても汗だらだらである。それでも歩く。

テレビで速歩を取り入れたら筋肉がつくと言ってたのを思い出して、少しの速歩と通常歩きと繰り返したのだが、あとが続けられるか心配なほど疲れた。

筋肉が足りない。吉さんも同じようだ。

Img_2683

Img_2733
Img_2716_1

2011年6月24日 (金)

子どもに渡せない教科書 育鵬社版 自由社版

日本と世界の未来を担う子供たちによりよい教科書を。

今年は中学校で使う教科書の採択が行われます。今月からの教科書展示を見に行って、意見を教育委員会に届けましょう。

福岡県の平成23年度教科書展示会 このページの表示にはアドビリーダが必要です。市販のパソコンにはあらかじめ準備されていることが多いのですがもし表示できない場合はアドビリーダ、この文字ををクリックしてインストールしてください。

育鵬社版 自由社版の内容を知りたい方は、子どもと教科書全国ネット21を検索してください。このブログに掲載されていた記事は著作権が大事であるという子どもと教科書全国ネット21からの申し出により削除されました。

2011年6月22日 (水)

早良支部ニュース2011.6.23後編

 ☆ハローデイの休憩所で折り紙をしていると人だかりができました!

 室住班の体験会で折り紙もしたいと思い、野芥班の会員さんに相談しました。ハローデイで待ち合わせて、休憩室で八角形の箱とコマの折り方を習っていると、いつの間にか人だかりができていました。話しかけてこられる方に、「新婦人の会で公民館を借りて折り紙をするんですよ」と話すと、「ウチの近くの公民館でもしてほしい」と住所と名前を教えてくれる方も。また、その場で一緒にコマをつくられた方もいて折り紙の人気を実感しました。
 22日の有住公民館での体験会も野芥班の会員さんが教えてくださるので楽しみにしています。 (早良支部事務局長)

19日(日)~30日(土)は仲間作りデー
小組体験会やおしゃべりカフェ(班会)におさそいしましょう。

納豆もろみの作り方

~夏バテ防止、疲労回復にとても良いといわれています~
大原班、会員さんのレシピです。

《材料》

 ○麦こうじ 500g
 ○みりん 90cc
 ○酒1合
 ○濃い口醤油 1.5合
 ○はちみつ 大さじ 2~3杯
 ○きざみ昆布 50~80g
 ○納豆(大) 400gくらい

《作り方》

 ①こうじをよくほぐす。
 ②納豆、きざみ昆布、しょうゆ、みりん、酒を入れてよく混ぜる。
 ③はちみつを入れてさらに混ぜる。
 ④冷蔵庫に入れて1日1回混ぜ合わせる。4~5日したら食べられます。

*カレンダー*
6月25日(土)非核と平和のつどい 10:00から16:00
6月26日(日)福岡西地区母親大会 13:30~15:30 百道公民館
7月5日(火) 支部委員会 13:30~  18:00~
7月6日(水) 産地野菜・米配達 

早良支部ニュース2011.6.23前編

 安全・安心で平和な社会を子どもたちに

☆日本母親大会in広島
早良支部の代表4人が決まりました。
○早良支部副支部長
○南庄班 会員
○チューリップ班 会員
○個人会員 

☆2011原水爆禁止世界大会
代表を募集中です
広島大会(8/6)
長崎大会(8/7・8・9)
女性のつどいinナガサキ(8/8)

☆6/25(土)「非核と平和のつどい」
10時~16時 西南大学チャペル 1000円
14時半 秋葉忠利前広島市長の講演
「核兵器のない平和な世界をめざして」

☆6/26(日)「西地区母親大会」
13時半~15時半 百道公民館 200円
講演:「TPP参加でどうなる私達のくらし」
お話し:藤島嘉子さん(福岡県農民組合)

ドイツ・スイス・イタリアも原発停止決定
日本政府も脱原発を決断し、自然エネルギーへの転換を!

☆国民平和大行進2011・・・早良区を7月24日に通ります

☆日本と世界の未来を担う子どもたちによりよい教科書を

 今年は中学校で使う教科書の採択が行われます。今月からの教科書展示を見に行って、意見を教育委員会に届けましょう。
 歴史を歪曲し、日本国憲法を敵視するとして問題になっている、育鵬社版と自由社版の歴史・公民教科書も展示されます。
○展示場所 福岡市の教育センター(百道3丁目百道小学校の裏側)
平日は13時~20時、土・日は10時~17時

2011年6月17日 (金)

吉さんと歩く

雨が降らない日は吉さんと歩いている。運動になっているかは疑問だが何もしないよりはましと思うので早足で進む。

通り道には用水路があるが、今は草が茂ってごみは隠されている。寒い季節は紙やプラスチック類のごみに目を覆いたくなった。町内で1年に1度9月頃に川掃除がありきれいになるのだが「1度では足りないな」と思いつつ歩いている。

      その川で撮ったカモの親子。

2011年6月15日 (水)

早良支部ニュース2011.6.16後編

 「危険な原発からの撤退を」「自然エネルギーへの転換を!」

全国各地で原発いらないのアクション


東電福島原発の事故から3ヶ月となった11日、全国各地で、「脱原発100万人アクション」に呼応してパレードやライブ、シンポジウムなど多彩な取り組み「東京・新宿では2万人が参加」がおこなわれました。

(6月12日朝日新聞記事より抜粋)
脱原発デモに避難民も
 福岡・天神ではこの日午後、「限界原発」「電力を選ばせて」と書いたプラカードを手にした市民が列をなした。
 北九州市の岡本佐恵子さん(62)は、2歳と0歳の孫の未来が気がかりで参加を決めた。「原発を止めたら電力が足りない」と言うが、太陽光や風力発電など、もっとできることがあるはず」
 貞方ひとみさん(34)は今、妊娠10ヶ月、震災直後に東京から九州から避難してきた。「放射能の怖さは震災後、初めて知った。子どものことを思えばもう原発はいらない」と話した。

☆新婦人は天神パルコ前で1時間、「核廃絶」「原発からの撤退」署名に取り組みました。ビラの受け取りも良く関心が高まっていることを実感!

19日~25日は仲間づくりデー

国連認定NGOの新婦人を大きく

☆会員が増えました
星の原班 「介護保険の学習会」にお誘いした方がその場で入会されました。
次郎丸班 「ハングル小組」を体験された方が入会されました。

*カレンダー*
6月19日(日)田主丸田植え交流会
6月26日(日)福岡西地区母親大会 13:30~15:30 百道公民館
7月5日(火) 支部委員会 13:30~  18:00~

早良支部ニュース2011.6.16前編

 "市民の声を聞いて!
     こども病院の人工島移転は許さない"

 13日午前中、「こども病院の人工島移転に反対する連絡会」の会議がおこなわれ、これからの運動の方向が決められました。(早良区連絡会からは、新婦人早良支部の一色事務局長が出席)。
 高島市長が「調査委員会」の意見や市民の声に背を向け、議会にも報告せず、一部の市幹部たちとの15分の会議で決定した人工島への移転に対し、5/28の市民集会で怒りの声が次々とあがりました。連絡会ではこの怒りの声を受け、「市民の声を聞いて! こども病院の人工島移転は許さない」の新しい請願署名にとりくむことになりました。署名用紙ができ次第班にお届けしますので運動を広げていきましょう。

☆ 6月20日(月)10時半~「こども病院問題」で中山市議が質問します。
「市議会棟本会議場(15階)を傍聴者でいっぱいにしましょう」と連絡会から呼びかけられました。早良支部も全班から参加しましょう。

介護保険で利用できるサービスについて学習しました

 6月10日、早良支部主催の「介護保険制度学習会」が開かれ、全班から25人が参加しました。あいにくの雨でしたが、チューリップ班と早良班の素敵な絵手紙や星の原班の布ぞうりが展示された華やいだ雰囲気の中で、須藤佐和子さん(新室見診療所ケアマネジャー)のお話を聞くことができました。
 予備知識として参考になることばかりで、参加者の質問にもていねいに答えていただきました。学習会後におこなわれた血圧・骨密度の測定とミニバザーも大いに盛り上がり、チューリップ班の手作り菓子や星の原班の布ぞうりはあっという間に売れていました。品物提供の方、お買い求めの方ご協力ありがとうございました。

2011年6月12日 (日)

西地区(城南・早良・西)母親大会

写真をクリックすると拡大表示されます。

Nisitikuhaha

2011非核と平和のつどいin福岡

写真をクリックすると拡大表示されます。

Hikakutudoi

Hikakutudoi2


2011年6月11日 (土)

核兵器全面禁止のアピ-ル署名  いま集めています 

いまこそ核兵器のない           「ノ-モアヒバクシャ」

平和で公正な世界を clover 大震災・原発事故の被災者と連帯して

  原発依存から自然エネルギ-の転換を!

           

  「核兵器禁止条約の交渉を開始する」ことを求める新しい国際署名「核兵器の全面禁止を求めるアピ-ル」が大きくひろがっています。

 昨年5月のNPT再検討会議では、核兵器のない世界の実現を決議し、そのための法的な枠組みとして「核兵器禁止条約の交渉」にも注目。その秋の国連総会では同条約の交渉開始を求める決議が133カ国の賛成で採択。核保有国が同意すれば条約開始への扉を開けるところまで来ました。

  新国際署名には、初めてパン・ギムン国連事務総長が賛同し、「みなさんの努力を全面的に支持します。もてる力を今発揮しましょう!」と激励メッセ-ジも寄せられています。

 3月11日、東日本大震災と大津波によって、福島第一原子力発電所で大量の放射性物質が漏れ出す「レベル7」の事故が起きました。新日本婦人の会は一刻も早い事態の収束を求めるとともに、被災者支援に全力でとりくみ、子どもたちを放射能汚染から守るために東電への要請や文科省交渉、原発依存から自然エネルギ-への転換を求めて行動しています。

 そもそも原子力エネルギ-を大量殺戮のために利用したものが核兵器であり、その軍事用の原子炉を民間転用したものが、事故を起こした原発の軽水炉です。また、核兵器の製造と原子力発電所を含む核燃料サイクルとは、切り離せない関係にあります。

 広島、長崎で未曾有の惨状をうみだした最悪の兵器・核兵器を一日も早く禁止するために「核兵器全面禁止」を求める国際署名にご協力ください。子どもたち、孫たちの未来に安心・安全な日本・地球を手渡すために原発依存のエネルギ-政策の転換を実現しましょう。

署名は8月の原水爆禁止世界大会で国連代表に手渡します!clovercloverclover

私たちも賛同しています

ポスタ-に登場している方々と共に次の皆さんも賛同しています。

吉永小百合(俳優)沢田研二(歌手)十朱幸代(俳優)杉良太郎(俳優)湯川れい子(音楽評論家)

Kakuhaizetu2011_4

署名の書式はこちらにあります。

署名用・イラスト集
上をクリックすると署名用紙が表示されますので印刷してご利用ください。なお、このページの表示にはアドビリーダが必要です。一般的にはすでにパソコンに準備されていることが多いのですが表示できなかった場合はアドビリーダ、この文字ををクリックしてインストールしてください。署名記入済みの用紙は、〒814-0003 福岡市早良区城西3-4-11新婦人早良支部あてに、郵送お願いします。

ご協力ありがとうございます。心よりお待ちしております。

ゴ-ヤの日除け4

ゴ-ヤの1本だけはすくすく育っているが、プランタ-のサイズが小さい為か、残りは元気がない。予備として、また3本苗を買って畑にポットごと植えた。

畑のゴ-ヤは元気よく育っていたが、今日見ると1本消えていた。「盗まれたってこと???」 2本はきれいに残っているし、ポットはそのままで苗だけ消えた。土ごとでないと植え替えても育たないのではないかと心配している。

(畑からポットごと引き抜くと真ん中のようになる。)この1本を大急ぎでプランタ-に植え替えた。coldsweats02sweat01

Img_2647

2011年6月 8日 (水)

早良支部ニュース2011.6.9後編

 原発から自然エネルギーへの転換を!

~班会でも学習しませんか~

新婦人県本部委員会に「ママは原発いらないの会」から来てもらい話を聞きました。福島から夫と一緒に逃げてきた方や東京からこどもと(夫を残して)実家に避難してきた方が、福岡市で支援する子育て中の方たちとつくっている会です。「これまで原発のことを何も知らず、こどもに申し訳ない」「逃げてきたがこちらにも玄海原発がある。もう逃げたくない。原発をなくすための行動をしたい」「政治を変えなければ」などの思いで、毎週土曜日に天神の警固公園に集まりパレードを続けているとのこと。新婦人しんぶんの読者になってもらったと嬉しい知らせが!

☆「介護制度の学習会」のご案内

6月10日(金)13時~15時
原公民館1階(原農協バス停下車)
お話し 須藤佐和子さん(ケアマネジャー)
資料代100円
血圧・骨密度の測定もしていただきます。
☆ミニバザーをしますので、品物がございましたらご協力お願いします。

第25回全国大会成功へ
会員・読者が増えました!!

南庄班 パソコン小組におひとり入会されました。また、鈴木さんが以前読者だった方に再度読者になってもらいました。
室住班 一色事務局長がボランティアで行っている障害者作業所の職員さんと、保険会社の方に読者になってもらいました。

*カレンダー*
6月9日(木) 「憲法9条守ろう」署名 15:00~16:00 西新プラリバ
6月10日(金)「介護問題」学習会 13:00~15:00 原公民館
6月18日(土)平和のための福岡 女性のつどい 14:00~16:30 あいれふ9F
6月19日(日)田主丸田植え交流会

早良支部ニュース2011.6.9前編

 憲法を土台に”エンパワーメント&アクション"
住民の命を守る福祉・防災害優先の福岡市へ

こども病院を守ろう!5/28市民集会で怒りの声次々

 5月24日に高島市長が人工島への移転を発表し、市民から怒りの声が上がっています。
 1月から5月まで5回開かれた「こども病院移転調査委員会」で、前市長の現地(唐人町)建て替えをめぐる疑惑があらためて明らかになり、人工島移転計画の根拠が崩れ去りました。移転先については11人の意見が分かれたため結論は出しませんでしたが、高島市長に報告する際、前市長と一部の市幹部だけで人工島移転をすすめるやり方に猛省を促しました。
 ○市として重要な意志決定を行っていく際、確固とした体制ができたのか、チェック体制はじゅうぶんだったのか、各局の連携はとれていたのか。
 ○市役所内部のみで行い、この過程を真摯に市民に説明し、理解を得ようとする姿勢にかけていた。
しかし、今回の市長の決定は、記者会見の直前に市長が市の幹部を集めた会議でおこなわれ、わずか15分で打ち切られたのです。議会にもかけず、市内部の調整さえ無視した強引なやり方です。これでは調査委員会が前市長のやり方として厳しく批判した、市長による独断そのものといわざるを得ません。
5月28日、アミカスで開かれた「こども病院を守ろう」集会は市長への怒りと抗議の集会となりました。連絡会で署名も準備されることが決まりました。

FBSに取材されました!(集会に参加した大原班の会員さん)
「どう思いますか?」と聞かれたので「高島さんにはがっかりした。白紙に戻すと言っていたのに、こどもの命はあんな所に移ったら守れない。患者の家族はこどものところに毎日行くのにいけないでしょう。便利のよい中央区にあるべきだ」と言いました。

2011年6月 7日 (火)

早良支部ニュース2011.6.2後編

 2011年 第57回
日本母親大会in広島

早良支部から4人を代表で送ります。
6月25日までに決めたいと思います。
参加したい方は申し込んでください。
☆7月30日(土)全体会
記念講演 湯浅 誠さん
(反貧困ネットワーク事務局長)
☆31日(日)分科会
47の分科会があります。
特別企画 
吉永小百合さん
原爆詩 朗読
見学分科会
早めの申し込みが必要です。

平和の新婦人全班で仲間を!

トトロ班 親子リズムを卒業の会員さんが新聞は続けて読まれることに。
星の原班 読者が3人増えました。
チューリップ班 読者が1人増えました。
早良班 「洋裁小組」を再開することになり、さっそく会員さんが2人入会

核廃絶署名集めました
室住班は25日夕方、近くの夕方、近くのスーパー前で署名を呼びかけました。
 原発のことも不安といわれる方がほとんどでした。

40周年企画
”レイラ化粧品、使ってよかった私の体験談"大募集

ヘアパック【かたい髪用】
私の髪の毛は太く堅くバサバサです。今までのコンディショナーでは私の髪と心はしなやかになりませんでした。初めてレイラのヘアパックを使ってみました。ヘアパックしてタオルで巻いてお風呂にゆっくりはいって心待ちにしていました。翌朝やわらかくスーッと指通りがよくてびっくりしました。私の髪の毛ではないみたいでした。嬉しくて自然と髪の毛を触ってしまいます。
ルボン福岡より

*カレンダー*

6月3日(金) 支部委員会 ①13:00~②18時~
6月6日(月) 「核廃絶」街頭署名 15:00~16:00 西新プラリバ
6月6日(月) 産直米(おかわり)配達
6月9日(木) 「憲法9条守ろう」署名 15:00~16:00 西新プラリバ
6月10日(金)「介護問題」学習会 13:00~15:00 原公民館
6月19日(日)田主丸田植え交流会

吉(よし)さんと夏野菜

今年も畑には、なす、とまと、ゴ-ヤ、きゅうり、すいか、うり、ピ-マン、おくら、いんげん豆、山いも、とうもろこし、などなどと、わたしが食べたいイチゴと、耕したら勝手にすくすく育った、じゃがいもが成育中。

「プロ?」とおもえる程大量に育てているが、これは吉さんの趣味だ。まわりには市民農園があり、皆みごとな野菜をつくっている。吉さんも今回も無事に育つよう朝な夕なに畑に通っている。

近所は田植えの真っ最中、カエルがげろげろと鳴き始めた。

Img_2607

Img_2604

2011年6月 1日 (水)

早良支部ニュース2011.6.2前編

 原発から撤退し再生可能エネルギーへの転換を

福岡市も玄海原発から50kmです。
「核廃絶」「原発から自然エネルギーへの転換を求める」署名を広げましょう!

2011国民平和大行進
早良区は7/24に通ります

原発をやめることはできるの?
「女性のひろば」5月号
(吉井秀勝衆院議員へのインタビュー)
 原発が日本の電力の3分の1を占めていますから、今、ただちに全て切り替えるのは無理です。まず原発をこれ以上増やさない。そして再生可能エネルギーを大規模に増やして原発に頼らなくてもやっていける方向を目指すべきだし、それしか道はありません。
 電力は地域独占といって、たとえば関東圏の電力は東京電力が独占していますが、これからの方向は地域分散型が大事です。

《高知県椿原町の取り組み》
 風力発電で電力を生み出し、それを四国電力に売って年間約4千万円の収入になっています。そのお金を原資にして森林組合などに補助金を出して間伐をすすめ、それを使った木質ペレットストーブ、民家の太陽光パネル設置補助金、落差8メートルほどの小さなダムによる水力発電の設置などで、「地産地消」でエネルギーの3割を自給して「再生可能エネルギーの町」になっています。

《岩手県葛巻町》では、畜産業で出る糞尿からメタンガスを発生させ、それで火力発電しています。太陽光発電も含めて、この地域の電力の自給率は170%を超えるところまで進んでいます。余った電力は東北電力に売って収入にしています。

 このように地域ごとにネットワークを組んで地産地消型のエネルギーシステムを作り、地域経済と結びつけて発展させることが可能なのです。原発に投入してきた莫大な予算を再生可能エネルギーに振り向け早急に普及をはかり、原発依存から抜け出す道を進みましょう。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »