無料ブログはココログ

トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

ゴーヤの日除け3

雨がやっと降りやんだので何とか「釣りものネット」をセットした。

始めてのことなので日除けとして役に立つのか心配である。

ゴーヤの苗の4本のうち1本がだめになり、その1本を探しまわったがどこのお店も売り切れ。

多くの人が今年の暑さ対策に力を入れているのだろう。 すくすく育てゴーヤ!sunriceball

Img_2600

2011年5月27日 (金)

ゴーヤの日除け2

今日やっとゴーヤの苗を3本と「野菜の土」という土を買って来て、2つのプランターに各2本ずつ植えた。1本はすでに手元にあった少し大きいものを利用した。

これですくすく育つ予定。明日は大雨との天気予報なので出来上がりはもう少し先になりそう。

用意したものは「釣るものネット」縦横各1,8m2セット、3m近い竹の棒2本、プランターの位置を高くするために何を使うか思案中。

2011年5月25日 (水)

田植え交流会のお知らせ

田植え交流会のお知らせ

一緒に農業体験をしませんか?
べたべたの田んぼは気持ちいいですよ!

日   時 平成23年6月19日 (日曜日)
集合時間 午前10時 (雨天決行)
集合場所 吉井公民館 (みのう農民組合の前広場)
圃   場 中村 清人さんの田んぼ

※ 昼食はこちらで準備します。おたのしみに!
※ 着替え・水筒など必要なものはお持ちください。
参加される方は早良支部にご連絡ください。
℡ 851-6053

さわら支部ニュース2011.5.26

 おしゃべりカフェで班の計画を

室住班 18日の班会は羊羹を食べながらおしゃべりしました。
「核廃絶」の署名は8月までに150筆を目標にしました。まずは5月25日(水)15時半から室住団地マルキョウ前でします。また、会員と読者の皆さんには千羽鶴の折り紙10枚分と署名用紙(「核兵器のない世界へ」「原発の安全総点検を」など)をクリアファイルにセットして届け、協力をお願いしようとなりました。
 『小組体験会』は6月の「絵手紙」の日程(6/8)にあわせて計画、お知らせチラシを3,000枚新聞に折り込む予定です。
大原班 17日に原イオン前で「核兵器廃絶」の街頭署名をしました。
5人が参加し、50筆がよせられました。
星の原班 16日のダンベル小組の後、7人で食事会をしました。ダンベルの効果やそれぞれの近況など、たっぷりおしゃべりができ「たまには食事会もしたいね」となりました。
 また、チラシを見られた方から問い合わせの電話がありました。
チューリップ班 18日、いつものようにコーヒー&手作りケーキの差し入れでおしゃべり班会。「核廃絶」街頭署名は6月15日の班会の後に、西鉄ストア前ですることが決まりました。
 また、教育懇談会”しゃべり場"は子育て世代のみなさんで相談してもらうことになりました。
早良班 今年も「平和バザー」にとりくみます。6月12日(日)「くらし館内野店」で、福建労の住宅デーも開催されるので、横に場所をお借りすることになりました。後日お知らせのチラシを配布します

NO!人工島移転
守ろう!こども病院
市民集会

5月28日(土)13時~15時 アミカス4階ホール

☆しっかり学んで知らせましょう
知っておきたい介護の制度
~いま、介護の現場から~
と き 6月10日(金)13時~15時
ところ 原公民館1階 (原農協バス停下車)
お話し 須藤 佐和子さん (新室見診療所ケアマネージャー)
主 催 新婦人早良支部
★ 血圧、骨密度の測定もあります。
  会員でない方もお誘いしましょう。

*カレンダー*

6月6日(月) 産直米配布

6月10日(金)介護制度学習会 原公民館

2011年5月22日 (日)

2011年国民平和大行進

平和行進、歩いています。

今こそ、1歩でも2歩でも思いを行動に

「核兵器の全面禁止を!」

「被災者の救援・復興支援を!」

「原発依存をやめ自然エネルギーへの転換を!」

地図をクリックすると拡大されます。

Heiwakousin

2011年5月21日 (土)

2011年第57回日本母親大会in広島

連絡先

新婦人早良支部 ℡ 851-6053

写真をクリックすると拡大されます。

Photo

ゴーヤの日除け

うちの居間は東向きにひらいているのでこれからの季節、朝日でひどいめにあう。だから今年の夏ははやりのゴーヤで日除けを作ろうと思う。ゴーヤが実ったらゴーヤチャンプルなど作りたい。今まで上手といわれたことはないが今年こそはうまくいくといいな。

2011年5月17日 (火)

さわら支部ニュース2011.5.19後編

 東日本大震災・原発震災

友愛の新婦人、全国心ひとつに~各地のうごきから(先週の続き)

中央本部東日本大震災対策本部の報告から抜粋(4/16現在)。
女性&運動5月号

○被災した会員・読者訪ね、要望を聞いて
 岩手県本部は陸前高田市、大船渡市、釜石市、宮古市などを訪ね、会員の状況や要望を聞きました。茨城県本部は地震発生から1週間後、おにぎり200個、水80リットル、豚汁などを車に積めるだけ積んで、ひたちなか市と東海地域の会員・読者を約30人訪問。どこでも喜ばれ要望を聞いてきました。
○原発の停止、総点検をと、ただちに要請
 福島原発の事故を受け、被災地をはじめ原発が立地する県、建設予定がある県がいっせいに自治体や電力会社に要請しました。
 福岡県本部と佐賀県本部は玄海原発の緊急点検とプルサーマル中止などを九州電力に要請しました。
《子育てママたちも行動しています》
 愛知県熱田支部は、子育てママたちと「浜岡原発停止を」と中部電力・熱田事務所に申し入れ、東京では江戸川支部がリズムのママたちも参加して、「乳幼児・妊婦のいる家庭、保育園、小児医療機関へボトル水を無料で提供を」「放射性物質の測定器の設置を」など区に申し入れ。また、東京都本部は、経団連米倉会長の「原発はすばらしい」発言に対し、撤回、謝罪を求める抗議ファックスを送りました。

*カレンダー*
5/22(日)福岡地区母親大会
ふくふくプラザ ホール(1階)  300円
13時40分~16時  

5/28(土)「子ども病院人工島移転反対市民集会」
アミカス4Fホール 13時~15時

6/3(金)支部委員会
13:30~
18:00~

さわら支部ニュース2011.5.19前編

 ・日本母親大会
 (7月30日・31日広島)
 ・原水爆禁止世界大会 8/6・8/9
 代表で参加される方を募集中

命を守る~福祉・防災の町づくりへ

子ども病院の移転決定プロセス疑念

 5月15日に、「子ども病院移転計画調査委員会」の最終会議が開かれ、調査報告をまとめ高島市長に提出。調査報告は「市が行ってきた意志決定のプロセスに対し、納得できない、疑念を拭い去れないという意見があることを、市は重く受け止めていただきたい」などとしています。
 高島市長は、市役所が透明性、説明責任を果たしてこなかったという指摘をしっかり受け止め、2度とこういう問題を起こさないようにします」とのべました。

調査委員の発言から
○宮城県立こども病院理事長
林委員
「東日本大震災で病院は2系統の電源が落ち、ガスも止まり、自家発電も止まる寸前になった。大地震で橋が落ちて孤立し、津波が最初に来る所(人工島)に病院を作るべきではない」と人工島移転に反対を述べました。
○福岡大教授・黒瀬委員
「広い敷地でしっかりした地盤を作る必要がある」と人工島移転に賛成を述べました。

☆「こども病院を守ろう!市民集会」
5月28日(土)13時~15時 アミカス大ホール(西鉄高宮駅横)
30万筆の人工島移転反対の市民の世論を高島市長に示しましょう。

☆「介護問題についての学習会」
6月10日(金)13時~15時 原公民館
 一人暮らしの方や「家族の介護のため」仕事を辞めざるを得ない方、特別養護老人ホームに入れない方などなど、会員さんからも不安の声が寄せられています。早良支部ではまず学習しようとなりました。会員以外の方も誘って参加しましょう。

2011年5月13日 (金)

〈食の安全〉と〈TPP〉について考える緊急企画 フード・インク上映会

 〈食の安全〉と〈TPP〉について考える緊急企画
 「フード・インク」上映会

Food_inc

体にいいオーガニック・フードと、スーパーに並ぶお手頃価格の"フード"。
同じ野菜や肉にも関わらず価格にこれ程、差があるのはなぜなのか?
その理由は、農業自体が巨大企業になってしまった異常な食事情にあったのだ。

 東日本大震災に続く、福島第一原発事故の影響は私たちの食生活にも大きくかかわってきます。日本の”食の安全"は大丈夫でしょうか?また”TPP”に参加すると私たちの生活はどう変わるのでしょうか?私たちは、アメリカの食事情を描いた長編ドキュメンタリー映画「フード・インク」の鑑賞をを通して一緒に考えたいとこの上映会を企画しました。多くの皆さんの参加を呼びかけます。

●とき   5月29日(日) ①11:00~ ②14:00~
●会場   中央市民センター (中央区赤坂)
●参加費 前売1000円(当日1300円)

【取り組み団体】
 新日本婦人の会福岡県本部/福岡地区労働組合総連合/平和とくらしを守る福岡県革新懇話会
【協賛団体】 JA福岡中央会
【後   援】   福岡市・福岡市教育委員会
【連絡先】    新婦人早良支部 092-851-6053

2011年5月11日 (水)

2011年6.19福岡大空襲祈念 第30回 平和のための福岡女性のつどい

 2011年6.19福岡大空襲祈念
第30回平和のための福岡女性のつどい

東日本大震災と福島原発事故に遭われた方に深く哀悼の意を表しますとともに、まだ続くご苦難にお見舞い申し上げます。震災の様子を見るにつけ、福岡大空襲の被災を思い起こします。
 今から66年前、1945年(昭和20年)の6月19日福岡大空襲がありました。福博の町は一夜にして死臭と瓦礫(がれき)の焦土と化し、2000名以上が死傷しました。(福岡県災異誌より)
 今年は30回目のつどいとなります。福岡大空襲とは何だったのか、整理してみようと、今年の企画をたてました。戦後の原点に立ち返って平和について考えてみませんか。

講演「福岡大空襲とは何だったか」
須藤卓茂(すどうたくも)さん

福岡大空襲語りつぎ「私の空襲体験ー電話交換手として」
禅院喜久子(ぜんいんきくこ)さん

とき2011年6月18日(土)14:00~16:30
ところ 福岡市立婦人会館大研修室(あいれふ9階)

整理券 一般500円 大学生200円
小中高生無料 男性もどうぞ
託児あります おやつ代100円 ご予約を
連絡先 新日本婦人の会早良支部 092-851-6053
主催 福岡女性団体交流会 (構成団体の一つです)
後援 福岡市・福岡市教育委員会

子どもたちに残そう、戦争のない平和な世界を。

2011年5月10日 (火)

さわら支部ニュース2011.5.12後編

 班が主役で5月~12月までの
班企画プランづくりを始めませんか
お仲間を迎える楽しいアイデアを出しあって

日本母親大会7月
広島・長崎大会8月
新婦人全国大会11月
の成功に向けて

《5月の班会のお知らせ》
となりのトトロ班 5/19(木)10時~。 「親子リズム」は百道公民館で第2・第4月曜日にしています。
室住班 5/18(水)13時~。「絵手紙」は有住公民館で第2・第4水曜日にしています。
大原班 5/10(火)におこないました。先月2,000枚のチラシを新聞に折り込みました。チラシを見た方が2人絵手紙の体験会にこられ、2人から問い合わせの電話があっています。
星の原班 月1回班ニュースを発行して班の動きや小組の状況をお知らせしています。今月はダンベル小組の後ランチもしながら、8月の広島・長崎大会にむけての取り組みなどを相談します。
チューリップ班 5/18(水)10時~。班会の日に「ウオーキング」をしています。「絵手紙」は第2火曜日午前中です。
早良班 5/15(日)14時~。4月の班会は3月・4月生まれの会員さんの誕生会もかねて、1品持ち寄りでお祝いしました。6/12に毎年恒例の平和バザーを行います。
☆南庄班、原班、野芥班、次郎丸班は班会の日程が決まり次第、班の皆さんにお知らせします。

*カレンダー*
5/22(日)福岡地区母親大会
ふくふくプラザ ホール(1階)  300円
13時40分~16時  

5/28(土)「子ども病院人工島移転反対市民集会」
アミカス4Fホール 13時~15時

6/3(金)支部委員会
13:30~
18:00~

さわら支部ニュース2011.5.12前編

 東日本大震災・原発震災

友愛の新婦人、全国心ひとつに~各地のうごきから

中央本部東日本大震災対策本部の報告(4/16現在)の一部を紹介します。
                          女性&運動5月号に掲載
早良支部は、各班が集めていただいた義援金93,945円(5/1現在)を県本部に届けています。ありがとうございます。

○ただちに募金活動・義援金を
 中央本部が呼びかけた募金活動にこたえ、全国各地の新婦人がただちに行動を開始、街頭に出てよびかけたり、県・支部・班・小組で募金袋を回すなど旺盛に取り組まれました。中央本部に寄せられた救援募金は、4月16日現在4,200万円を超え、そのなかから、被災自治体への義援金として、岩手、宮城、福島の3県には各200万円をとどけたのをはじめ、市町村には被害に応じて義援金を届け、懇談もしています。
○避難所へ生活必需品を
 被災地から避難されてきた人たちのための避難所が各地にあります。その避難所への支援もつよめました。
埼玉県本部 福島県双葉町から2,200人を超える住民が避難しているスーパーアリーナを訪問。必要な物を聞いて、化粧水、シャンプー、黒糖、お菓子、コーヒー、密閉容器などを届けました。
東京都本部 福島から避難してきている人たちの食事が自前と知り、カレーの炊き出しを。
群馬県本部・高崎支部 避難所となっている六棚長寿センターを訪問し、仕出し弁当しか食べていない被災者に豚汁を差し入れ。
茨城 水戸支部は避難所2箇所を訪問し、ハンドクリームやシャンプー、新婦人しんぶんを届けました。取手支部は地元の避難所3箇所に炊きだし、、子どもたちの絵本の読み聞かせにボランティアとして参加。
長野 信濃支部は栄村の避難所に1回300食の豚汁を7回届けました。
千葉 松戸支部は赤とんぼ班は、福島からの被災者がいる施設に、毎日食事を届けました。
来週のニュースに続きます。

トップページ | 2011年6月 »